ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

小野伸二の活躍!

ドイツ・ブンデスリーガ219が再開、いよいよ後半戦に突入しました。2日、各地で行われた試合。中でも、後半途中から出場したボッフムの小野伸二496は大活躍した模様398。リーグ2位のブレーメンには、これまで一度もアウェーで勝ったことなかったのに、小野の活躍でアウェー初勝利221。日本のサイトで、「後半から出場して、挨拶代わりの2アシスト。2-1の逆転勝利に大貢献!地元紙も、オノはマイスターになれると高評価。」なんてなってたから、それ急げ!とばかりに地元紙を買いに・・・


 対ブレーメンおっ、あったあった。何々、見出しは、「ベルダー(ブレーメン)泣く!」ってか。しかし、ずいぶん審判に対して批判的な記事だなぁ。おっ、記事の中に小野の名前があるぞ、何々・・・「1-1の同点となったシーン(68分)では、小野は明らかに1.5メーターもオフサイドだった。」だって。しかも左下にこのシーンを図解で乗せてるじゃん。小野の名前はそれだけ・・・?いいプレーしたとか小野にやられたとか、全然書いてないよ6。他には、「他にもハンドを取らなかったり、(ブレーメンの)ディフェンダーに簡単にレッドカードを出すなど、明らかに不公平な判定が多かった。ブレーメンはコミッショナーに訴える・・・」・・・だから見出が「ブレーメン泣く!」なのか。要はボッフムが小野の活躍で勝ったんじゃなくて、誤審によってブレーメンが負かされた、っていうことかい。ハンブルクはブレーメンから近いからなぁ。記事もブレーメンよりになるのかなぁ。でもまぁいいや。小野の2アシストは事実だし、今度は誤審だなんて言わせないで、ギャフンと言わせてやってくれ!頼んだぜ!・・・でもどう見てもオフサイドだよね、これ。

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。