ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

レッズの才能!ドイツへ移籍

サッカー219の話。サッカー好きじゃない人はパスしてください222。フランクフルトで活躍してた高原選手が我が浦和レッズ343に移籍したけど、ご存知のとおり高原はフランクフルトの前はハンブルクに在籍してました。監督との確執で活躍の場も与えられず、逃げるようにフランクフルトへ移籍355・・っていう印象が強かったけど、ハンブルク市民の受け取り方はちょっと違う。高原がハンブルクであまり活躍しなかったのは確かで、ハンブルク市民にもそれまであんまり印象の強い選手じゃなかったみたいだけど、ドイツワールドカップのプレマッチ・日本496対ドイツ499戦は、高原の2得点221の大活躍で引き分けに。日本なんて左足だけで勝てるとたかをくくっていたハンブルク市民は、「我がドイツ代表相手に2得点は敵ながら凄い12。ハンブルクはなんであんないい選手を出しちゃったんだ359」という評価に。さらにフランクフルトに移籍してから、それまで2部落ちの危機だったクラブをゴール量産で救った「救世主282」ということで、「高原放出は失敗だった237」というハンブルク市民が多いのです。まぁファンレベルの話だから尾ひれ背びれ229が付いてるんだろうけど、とりあえず我々日本人に対しては、ハンブルクファンは「高原はいい選手。もうちょっといて欲しかった・・」っていう人が多い。半分社交辞令かも知れないけど、やっぱり日本人選手が褒められるってのはうれしい398。しかも、その高原は、いまや我がレッズの選手。むふふ・・


 で、今年、その浦和レッズからドイツ・ブンデスリーガに2選手が移籍してきました。ヴォルフスブルクの長谷部選手hasebeとボッフムの小野選手ono。2人とも大好きな選手だけに、ぜひ活躍してもらいたいなぁ。どっちもハンブルクからは車448355で2時間ちょっとで行けるところなので、チャンスがあったらぜひ応援に行きたい。AOLアリーナ(ハンブルクの本拠地)で敵を応援しようもんなら殺されかねないからなぁ。ここは本拠地まで行くっきゃないだろう。


 そうそう、前に浦和レッズの監督だったブッフバルトは、去年、ドイツ2部のアーヘンっていうチームの監督になったんだけど、成績不振であっという間に解雇されちゃった。応援に行く暇もなかったぜ。そんなことにならないよう、2選手とも頑張ってくれ~421

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。