ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

マオルタッシェン

Maultaschenさてと、せっかくドイツ499に住んでるんだから、たまにはドイツらしい食べ物を・・・ということで、今日はマオルタッシェン・イン・デア・ブルーエに挑戦。マオルタッシェンは南ドイツの定番料理271で、大きめのラビオリと餃子のあいのこのような料理。チーズと一緒に焼いて食べるか、スープと一緒に煮て食べるかなんだけど、今日はスープ入りで。年に一度、ハンブルクの街中でシュツットガルト・ワイン祭りがあるんだけど、去年、同僚のドイツ人に「マオルタッシェン・イン・デア・ブルーエ・・・ゼア・レッカーね(ブイヨンに入ったマオルタッシェンがすっげぇうまいぜ)」って勧められて以来、結構お気に入り。今日は、市販の固形スープをベースにしたんだけど、これだけだと日本人にはちょっと味気ないので、日本の伝統「ほたてスープ」を隠し味に、塩、胡椒、しょうゆで味を調えて、たまねぎとベーコンと一緒に煮込んで、出来上がり。お手軽で結構いけてます。おっ、できたできた。子供達、ごはんできたぞ~!いただきま~す!


PS ドイツ人は語尾によく「・・・・ね」を付ける人が多いです。日本人みたいです。正確には「・・ぬぇ」って感じだけど、「ゼア・レッカー(すごくうまい)・ね」と日本語のように話してもまったくOKです。ついでに日本語の「あっ、そう」はドイツ語でもそのまま「アッ・ソー」です。結構多用できます。

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |
コメント
きょろママさま
お料理が得意なきょろパパで幸せですねv-349ちー坊も作ってほしいけど、じゅにパパは激しくセンスがないの。以前、乾麺を茹で、その茹で汁を捨てずにその中にソーセージ・チューブのニンニクを半分くらい・バター・オニオンを入れ、味付けは、醤油のみという、“ぽってり”とした不思議なものを創作していました。茹で汁が塩辛すぎた上に、一塊に固まってしまったため、ソーセージのみを引き抜いて食べました。もちろん、無言で。
2008/01/22(火) 14:05:57 | URL | ちー坊 #-[ 編集]
ちー坊様
日本でも休みの朝はきょろパパが担当だったのでそのままという感じかな。
しかーし!片付けは・・・v-12
もちろん私です。
おいしい物を作ってくれるんだものしょうがないですよね。これからいろいろな人に料理を教わることになっているので、きょろママもがんばります!
2008/01/23(水) 04:19:30 | URL | きょろママ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。