ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

フィッシュマルクトへ行こう!

フィッシュマルクトハンブルクにはフィッシュマルクト(魚市)229があります。毎週日曜日、朝(冬276は7時、夏301は5時)から10時まで。ドイツじゃ基本的に日曜日はすべての店がお休み195。スーパーもデパートもやってないので、日曜日に買い物ができるフィッシュマルクトは結構助かる411。ということで、今日はハンブルクに来てから4回目のフィッシュマルクトでお買い物364


 フィッシュマルクトって聞くと魚屋520っていうイメージだけど、実際は魚屋は3分の1くらい。他には八百屋3分の1、その他(雑貨、パン366、肉、服、お土産からうさぎ530まで色々)3分の1くらいの割合かなぁ。聞くところによると、ここに集まるのは平日に自分の店で売れ残った魚や果物なので、鮮度が悪い6・・・らしい。確かに、鮮度はあまりよくない390。でもでも、日本みたいに刺身で食べられるほどの魚229はないにしても、火を通して食うなら全然OK。スーパーで買っても鮮度は同じようなものだし、スーパーよりはるかに安い値段で買えるので、たまの買出しにはもってこいなのです398


 で、フィッシュマルクトに通うこと4回。きょろパパ家が見つけたフィッシュマルクト319攻略法は・・・単に9時過ぎに行くこと。ここのお魚君たち520は、今日売れないと、また元のお店に帰らなくちゃいけないんだけど、ここから本店まで持って帰るのも手間だし356、第一もう一度店先に並べて売れるほど鮮度がいいか、というと、そうでもない。で、結局ここで売りつくしてしまいたいお店のおじちゃん達506は、9時を過ぎた頃から一斉にたたき売りを始めるのですよ。これが結構安いので狙い目。日本じゃ市場って言うと、朝早く行って鮮度のいいものを仕入れる・・・って感じだけど、ここじゃ早く行っても鮮度はおんなじだからなぁ。で、結局安く買える9時過ぎがお買い得って訳219


 もちろん、フィッシュマルクトの目玉として、常時叩き売りをやってる店もあるけどさぁ、そういった人気店にはいつも黒山の人だかりなんだよね。八百屋この果物屋380なんか、40センチ大くらいの籠を20個くらい並べて、その中に、みかん379にバナナ、パイナップル、ぶどう、トマトにりんご378なんかを、パフォーマンスを交えてどんどん放り込んでいく。その量たるや結構なもんなんだけど、これを10ユーロで買えるってんで、日本の一流デパートのバーゲンよろしくおばちゃん達が前の方に陣取って、われ先に買い求めていく。お~ドイツでもおばちゃんパワー全開。延々これを繰り替えすんだよね。うなぎこっちのうなぎ屋も、魚の燻製をこれでもかっていうくらい入れて、はい10ユーロ、これで15ユーロなんて叩き売ってるので、結構人気がある184。でもきょろパパ家はこういった人気店はパス。もっと確実に、ほしいものを安くゲットするために、あちこち歩き回って品定め。叩き売り開始と同時に交渉開始だぜ。さぁかぁちゃん、今日もお得な食材をゲットするゾ~364   つづく


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。