ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

オーロラは・・おあずけ;;

さて、さんざんひっぱったきょろパパ家のフィンランド旅行

肝心のオーロラは見れたのでしょうか・・・・

 

結論から言うと・・・・

見れなかったのです・・・残念!

 

さて、ここからは悲しい悲しいオーロラ物語・・・

 

ホテルに到着した夜、フロントには

「本日のモイモイ号は運休です。」

との張り紙が出されていました。

そう、モイモイ号はフィンランドを旅行する日本人の観光の目玉だけあって

市内のホテルには、

日本語でモイモイ号の運行状況を知らせる張り紙が毎日出るのです。

 

このモイモイ号、オーロラ観測バスだけあって

オーロラが見れる可能性のない日、つまり天候が悪い日は

行っても仕方ないので当然運休

もちろんモイモイ号が運行した日であっても

必ずオーロラが見れるわけでもないので・・・

 

運のいい人はたった1晩の滞在でもよく見えたり

運の悪い人は一週間滞在してもモイモイ号すら出発しなかったりと

それはそれは本当に運次第

 

きょろパパ家、いきなり「モイモイ号運休」の洗礼に、

オーロラ観測の難しさを実感したのでした・・・

 

が・・・翌日・・・きょろパパ家がスノーモービルに興じた日

天候は晴れ

当然、夕方には「モイモイ号出発します!」との張り紙がだされ

この段階できょろパパは、

すでにオーロラをゲットした気分になっていたのでした

・・甘かった・・・

 

さて夜7時

モイモイ号に乗ってさらに北へ走ること1時間

オーロラ観測基地となる牧場へと到着します。

フィンランド

外は-30度の世界

こんなところで突っ立っていたのでは5分と持ちませんが

そこはさすが日本の会社

きちんと牧場主と契約していて

フィンランド

暖炉のある待合室を確保しておいてくれます。

ここでは牧場のおじさん、おばさんがいろいろサービスしてくれて

飲み物や軽食がずらり・・・

フィンランド

フランクフルトソーセージは自分で焼いてその場で食べる・・

零下30度の世界で食うソーセージもおつなもんです^^

 

その他北欧産ベリーのジャムは手作りで

フィンランド

ツアー参加者にはクレープも振舞われます・・・

 

さて、肝心のオーロラ観測は・・・

牧場につくと空には満天の星

ガイドさんも

「いい天気になりましたねぇ~~期待大ですよ!」

と太鼓判。

ツアー参加者68人の期待は一気に膨らんだのでした・・

 

きょろパパは、オーロラって地上近くで起きてる現象だと思ってたんだけど

聞けば、オーロラは地球の磁極に吸い寄せられた宇宙のチリに

太陽の光が反射して起きる自然現象で

地上100キロから500キロの間で起きているらしい・・・

 

そんな話を聞きながら待つこと1時間・・・

 

「まだですねぇ~~・・・」

 

1時間半経過・・・

 

「まだでないですねぇ・・・」

 

ツアー参加者は、誰もが今宵オーロラが出現すると信じて疑いません。

ガイドさんも「ぼちぼちですかねぇ・・」・・・・

気の早い客はすでに外でスタンバってて

オーロラを写真に収めようと三脚を立てて準備万端

凍える手足をさすりながら、今か今かとオーロラの出現を待っています。

 

やがて2時間が経過・・・

時刻は「すでに夜の10時になっていて

このツアーは11時で打ち切りだから

許された時間はあと1時間・・・

 

能天気なきょろパパもさすがに不安になってきて

 

・・・あの~ガイドさん、オーロラがよく見える時間帯ってあるんですか?・・・

 

「ありません。夜8時に出ることもあれば朝方3時ってこともあって

 もちろんまったくでない日もあります。

 まったくの自然現象ですからこればっかりは・・・」

 

夜10時半・・・ツアー客の顔にあきらめの色が漂い始めます・・・

2時間も外で踏ん張ってたアベックは疲労困憊

どうやら足が軽い凍傷にかかったらしく、苦痛に顔をゆがめています。

その様子がまた小屋内に暗い空気を誘い

みんなの間に

・・・もうだめだな・・・

というあきらめの空気が充満します。

 

それでも「ひょっとしたら・・・」という淡い期待もむなしく

やがて11時・・・ガイドさん

「残念ですが、今日はオーロラがお休みの日のようです。

 間もなく帰りのバスが出ますので、お忘れ物のないように・・・」

 

残念!

天気がよく、期待値が高かっただけに非常に残念です;;

 

当然、このままではドイツに帰れん!と

その翌日もツアーに申し込んだのですが

天候不順でモイモイ号、あえなく欠航!

3晩中バスが出たのは1日だけ、その1日はオーロラ観測できず

簡単には見れないオーロラ・・・を実感しました。

 

日本からツアーに参加してた女の子は

「またお金貯めて来年来ます!」

と超ポジティブなご発言。

きょろパパも、残念だけど、今度はアラスカにでも行って

またオーロラ観測にチャレンジしたいとの思いと強くしたのでした・・・

 

さて、最終日、今日はヘルシンキまで行くというその日

フィンランド

天気は超快晴!

オーロラが見れなかった分、最後にたっぷり遊ぼうと

フィンランド

さっそく凍りついた川にやってきました。

 

ついでに、娘が大好きなハスキーをもう一度と

フィンランド

ハスキーファームで犬そり再挑戦!

おまけに別のトナカイファームで

フィンランド

トナカイそりにも再挑戦!

フィンランド

このトナカイファームは前に行ったところよりも大きくて

フィンランド

餌をあげることもできます^^

 

最後にはフィンランド伝統の小屋で暖を取り

フィンランド

暖かい料理で腹を満たします。

フィンランド

これっていわゆるジャーマンポテトみたいなもんなんだけど

寒い中小屋の中で火に当たりながら食べると

・・・・うまいですなぁ~・・・・

 

一日中遊んだ後は

ヘルシンキまで帰らなければなりません。

そう、ここからハンブルクまでは直行便がないので

 ヘルシンキで一泊して翌日ハンブルク入り

フィンランド

なんてったって1日2本しか飛行機が飛ばない空港だから

時間に遅れるわけにはいかないのです;;

 

この日は天気がよかっただけあって

・・・今頃はモイモイ号出発してるだろうなぁ・・・

・・・今日出発すれば、オーロラ見れたかもしれないなぁ・・・

と、後ろ髪を引かれる思いでしたが

フィンランド

見事な夕焼けに見送られて

「またオーロラを見に来るぞ~~」と決意を新たにしたのでした。

 

いや、今回の旅行

出発前は「寒いからやだ!」とか「フィンランドなんて何にもないじゃん!」とか

家族には超超不評だったのですが、

残念ながらオーロラは見れなかったものの

スノーモービルやハスキーそり、トナカイファームやサンタ村

どれもみんな楽しくて、娘なんぞは「来年も来る!」と大はしゃぎ・・・

オーロラが見れなかったことが逆にいい思い出となって

きょろパパ家には珍しく「また来たい!」という思いを強くしたのでした。

 

フィンランド、万歳!

・・・でも今度はアラスカにしようね・・・・

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。