ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ハスキーはすき~?

さて、オーロラの話は後にして・・・引き続きアクティビティーの話

スノーモービル、トナカイそりとくれば

残る北欧のアクティビティーは当然 ハスキー犬ぞり!

フィンランド 

スノーモービルが運転できなかった犬好きの娘にとっては

この犬ぞりは最大の楽しみだったようです。

ということで、本日はハスキーファームで犬ぞり体験^^

フィンランド

ハスキーファームに到着すると

零下20度の中、犬たちは外につながれっぱなしです。

聞くところによると、ハスキー犬とトナカイは

零下50度でも生きていけるらしいけど・・・

やっぱ寒そうだよね・・・

フィンランド

このハスキーファームには常時300頭以上のハスキー犬がいるらしく

冬の季節は稼ぎどき!

 

きょろパパたちが到着すると犬たちはすでにスタンバイ状態で

「鴨がねぎ背負ってやってきたど~~~」とばかりに

狼のような遠吠えをしています。。。

人に噛み付かないよう厳しく訓練されているそうですが

あの吼え方を聞くとたじろぐなぁ・・・・

 

さて、そりに乗る前には乗り方講習があり

カーブの曲がり方、ブレーキのかけ方

フィンランド

色々教わります・・・。

中でも一番大事なのはブレーキ・・・このことは後で思い知らされます。

 

一通り講習を受けるといよいよ出発!

10キロ約1時間のハスキーツアー^^

そりは一人が座り一人は後方に立って操縦するという

2人一組体制、それぞれのそりを6頭のワンちゃんが引っ張ってくれます。

フィンランド

実はこのトナカイそり

寒いし、そりなんて・・・・

とネガティブな気持ちで始めたのですが

何でもすぐ童心に返っちゃうきょろパパには

実に面白い

フィンランド

なんと言っても景色がいい

確かに寒いんだけど

フィンランド

いかにも北欧の自然~~という景色のよさは圧巻ですなぁ・・・

 

この犬ぞり、操縦は難しいことないのですが・・・

動力が犬の元気さだけに

同じ6頭の犬でもそれぞれのそりは微妙にスピードの差がつきます。

 

遅い犬に当たっちゃうと、上り坂では運転手がそりから降りて

駆け足するはめに・・・ま、これもご愛嬌

フィンランド 

逆に下りではそりが滑りすぎて犬に追突しないよう

ブレーキを上手に調節する必要があって

なかなか楽ができない分、「運転してる」って気がして楽しい・・・

 

犬は訓練を終えた成犬と訓練中の若い犬がペアになって

成犬のリードで進んでいきます。

先頭にはリーダー犬・・・

このリーダーの指導力と若手の馬力がスピードの決め手とあって

相性の悪い犬が組むと前方のそりとの差が見る見る開いてきます。

 

あまりに差が開きすぎると

インストラクターのお兄さんが犬を交換して調整するんだけど

この間も元気な犬たちはすぐに前へ前へと進もうとするので

一生懸命ブレーキを踏んでいないと追突する。

意外と運転手に注意力が求められる訳で、それがまた楽しかったりするのです。

 

さて、1時間のそり体験の後は北欧風のロッジに入って

フィンランド

暖かいベリージュースとクッキーをいただきながら犬講義を受け

その後は園内の犬たちと戯れる自由時間^^

 

子どもたちの一番人気は何と言っても子犬ですが・・

フィンランド

子犬はすべて訓練前で人に噛み付くのでオリに入れられています;;

 

他の成犬は自由に触っていいんだけど

いやぁ・・犬によって人懐っこかったり、人見知りしたり

同じハスキーでもいろんな性格がいておもしろい^^

 

このハスキーツアー

我が娘には大好評で、フィンランド旅行前は

「こんな寒いときに何でわざわざ寒いところ行かなくちゃいけないの!?」

と不満をたれていた娘ですが、ハスキーツアー後は

「また来年も来る~!」とすっかりお気に入り。

何でも仲良しの犬ができたらしく

絶対来る~!と張り切っていました・・・

 

「ハスキーは好き~」とのことで、そりゃよかった・・・

でも、また来るって張り切るのはいいんだけどさ・・・

来年の今頃は日本にいる訳で

すなわちドイツから来るより倍以上の費用がかかるわけで

お願いだから旅行するんだったら自分のお金で来てほしいな・・・

と、父は切に願うばかりです・・・

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。