ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ロヴァニエミ小話・・・

フィンランドはロヴァニエミ・・・・

きょろパパも、オーロラを見たいという願望がなければ全く知らなかった街・・・

ということで、ロヴァニエミについてちょっと調べてみました^^;

今日はロヴァニエミについてのお話・・

フィンランド

ラップランド州の州都、ロヴァニエミは

北欧の街だけにシンボルはトナカイなのです。

 

この街は第2次大戦でナチス・ドイツに徹底的に破壊された歴史を持つそうな。

ちょっとやられた・・・という程度ではなく、完璧に破壊されてしまったそうです

なぜナチスがロヴァニエミをそこまで破壊したかは知りませんが

とにかく戦後、街は一から再建されたそうな・・・

 

その再建計画が凝ってると言うかなんと言うか・・・

せっかく街のシンボルがトナカイなんだから

上空から見たらトナカイの角に見えるようにしようと

複雑に入り組んだ道路が整備されたとか。

それゆえ、ロヴァニエミの道路は一方通行やら歩行者天国やら

グチャグチャに入り組んでいて

歩くと2分くらいの距離でも車だと5分以上かかるという

本末転倒な状態もしばしば・・・

地上からはまったくトナカイの角は関係なく

この道路計画、市民には若干不評のようです・・・

 

もちろん、ラップランドはサンタが住む場所として世界中に認められた土地

州都ロヴァニエミは、クリスマスが終わっても常にサンタグッズがあふれています。

フィンランド 

大型ショッピングモールの飾りも・・・

1年中サンタ・・・

世界でも、クリスマス以外に飾られるのは珍しいんじゃないでしょうか・・・

 

そうそう、道路だけならず、

街を分断する川にかかる橋にも工夫があります。

フィンランド

橋を支える柱の先端は、ロウソクを模したもの

暗くなると光が点され、まるでロウソクが点灯しているようです。

その名も「ろうそく橋」・・・・まんまやんか・・・・

 

街はとても綺麗で

フィンランド

極寒の地だけに空気はとても澄み渡っています。

一見暖かそうに感じても、2~3月の気温は-20度以下

フィンランド 

通りで一杯飲むときは・・・

フィンランド

当然氷のテーブルで強い酒を・・・

おつなもんです。

 

さて、このロヴァニエミには、なんとマックがあります。

フィンランド

マックなんて別に珍しくないと思う方も多いかと思います。

きょろパパも

 

・・・別にマックくらい普通じゃん!珍しくねぇ!・・・

 

と思っていたのですが・・・

フィンランド

聞くところによるとこのマック

世界最北端のマックとのこと

超ミーハーなきょろパパは、何でも一番と聞くとすぐに行きたくなっちゃう口で

さっそく世界最北端のマックに行っちゃいました^^;

フィンランド

店内はいかにも北欧風の内装で

暖炉(飾り)なんかもアクセントが効いています

 

一番目立っているのは、ここでも当然・・

フィンランド

サンタとトナカイ

どこに行ってもサンタとトナカイはついてきます・・・

 

それ以外の内装はほぼ世界標準・・・

肝心のお味は・・・・やっぱり普通のマックでした。

ドイツとの違いといえば、ナゲットにチリソースがあることくらいか・・・

そうそう、こんな極寒の地でまさかシェイクは誰も飲まんだろう・・・

と思っていたのですが、シェイクもしっかりと売ってました。

 

店員のお姉さんは英語がばっちり、愛想もよく

愛想最悪、英語も喋れないドイツのマック!見習っていただきたいものです。

 

さて、このロヴァニエミ、日本からのツアー客が大変多い・・・

きょろパパの見たところ、一番多いのはフランス人

次いで日本人か・・・

その理由はこのバス

フィンランド

オーロラツアー、モイモイ号にあると思われます。

モイモイ号は日本人のためのオーロラ観測バス

ガイドも全て日本語で、日本式至れり尽くせりサービスで大人気

はるばる日本からやってくるツアー客も多くなろうって訳です。

 

当然、きょろパパもこのバスを頼んで

昨日は天候不順で欠航だったツアーも今日は天気もよく出発決定!

出発したからと言って必ずオーロラが見れるわけではありませんが

嫌が上にも期待は高まってきます

そう・・・今晩は念願のオーロラ観測

果たしてオーロラは観測できるのでしょうか・・・   つづく

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。