ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ドルトムント

 さて、ハーゲンで首尾よくお巡りさん374から逃げ出せたきょろパパ一家355家庭教師殿の勧めでドルトムントの動物園524にやってきました。動物園こっちの動物園ってけっこう柵が低かったりして、日本より動物に近い237っていうイメージかな・・・でさ、カンガルーゾーンの前には、通路に12メートルのラインが引いてあって、その脇には高さ3メートルの木が置いてあるんだけど、うんちくを読むと「カンガルーは幅12メートル、高さは3メートルもジャンプ282することができるんだゼ219」って書いてあるんだけどさぁ361・・・・まるで全部のカンガルーがそんなにジャンプするみたいな書き方だけど、どう見てもカンガルーゾーンの柵は高さ2メートルちょっとしかないゾ359それが本当ならカンガルーが逃げ出しちゃうんじゃないの・・・236


 で、うちの娘の一押しは「山羊エリア」527。柵の中に入って山羊たちに触れ合えるのです。でも、この山羊ってちっちゃいんだよね。大人でも中~大型の犬286と同じくらいの大きさかなぁ。生まれたての子供なんか猫283みたい。あんまりこんな山羊日本で見た印象ないんだけど、角なんか立派に生えてきてゴンゴン307ぶつけ合ってケンカしてる。羊1これってちっちゃい子供433には危ないんじゃないかなぁ・・・でも、山羊たちも頭よくって、人間はエサをくれるって知ってるらしい。入口の前に1ユーロでエサ366売ってるんだけど、やっぱりエサやりは子供に人気346。うちの娘も「あげた~い!」って2箱も買ってたゼ!しかし、このエサやりも・・・・362ちっちゃい子供がエサの入った箱を持ってるのを見るや否や、ドドドドド~~355355って一斉に山羊たちがたかってきます。最初のうちは子供たちも「あ~、かわいい238」ってな感じでエサあげだすんだけど、すぐに周りを取り囲まれて、山羊たちがものすごい勢いで箱をめがけて突進してくるのを見て固まり12、そして本当に山羊の群れの中で身動きできず239、最後には泣きべそ292かいて親に救出される羊の図をたくさん見ました。みなさん、かわいくても動物ですからね・・・人間の常識は通用しないのよ219



スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。