ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ぶらり男の一人旅 ~メンドゥーサと面会!~

さて、トプカプ宮殿をあとにして 

皇帝の門をくぐるとすぐ右手にはアヤソフィア博物館がそびえます。

トルコ旅行

ギリシャ正教の大本山として建設されながら

政治に支配され・・・イスラムのモスクから博物館へと

歴史に翻弄されつづけてその姿を変えてきたそうな・・・。

トルコ旅行

その威容を眺めながら

さっそく見学しようと広場を歩いていると・・・どこぞのトルコ人・・・

 

「こんに~ちわ・・・or・・・に~はお?」

 

こんにちわに決まってるだろ!

 

「OKOK^^しかしざ~~んねんですねぇ~」

 

何が!?

 

「今日はアヤソフィアは見学できませ~~ん!」

 

まじ!?なんで?

 

「月曜日はおやすみで~~す!」

 

本当かよ・・・しょっく・・・・

 

「でも大丈夫!あなたは運がいいで~~す!」

 

何で!?

 

「もしあなたがじゅ~たんに興味アルなら、とってもいい店紹介しま~す!」

 

絨毯?いらんいらん、そんなもん・・・

 

「トルコのじゅうたんゆ~め~で~す!一度見てくださ~い」

 

いらね!

 

「ちょっとだけ・・・お土産にいいで~す」

 

いらねって言ってんだろ!

 

「ほんの少しだけ・・・」

 

いらね~~~~~って!あっち行け!しっ!しっ!

 

そうです・・・

イスタンブールには高値で絨毯やみやげ物を売りつける

いんちきトルコ人がいっぱいいるので注意しましょう・・・

 

さて、アヤソフィア見学ができなかったきょろパパ

気を取り直してスルタンアフメット・ジャーミーにやってきました。

トルコ旅行

ブルーモスクの通り名で有名な

イスタンブール・・いや、トルコを代表するモスクの一つです。

 

さすがに巨大モスクだけあって、訪れる信者の数も半端じゃありません。

物の本には「一日5回のお祈りの時間の見学は避けること」って書いてるけど

ホテルのオヤジに聞いたら

「だ~~いじょうぶ。の~ぷろぶれむ!」

って言ってたから、時間関係なしにやってきちゃました。

 

ブルーモスクの前ではたくさんの信者が足を洗っています。

トルコ旅行

イスラムの教義についてはよく知らないけど

何でも身体を清潔に保つことが信仰の第一歩だそうな。

どうりで皆さん、一生懸命足を洗っています・・

ってかさ・・・・・寒くね!?

 

モスクの正面入口からはたくさんの人がひっきりなしに出入りしています。

さっそくきょろパパも中を見学・・・・と、正面から入ろうとしたら

 

警備員「あ~~、ここから入ってはならん!」

 

まじ!?みんな入ってるじゃん・・・

 

「ここは信者専用である!」

 

そなの?じゃ、おいらは入れないわけ・・・?

 

「そうではない。信者以外は横の入口から入れ!」

 

あい・・・

 

戒律に厳しいイスラムの世界では

敬虔な信者といんちきな冷やかしをきちんと分けているらしい・・・

言われたとおりおとなしくモスクの横に回ると

小っちゃな入口がありました・・・

モスクは土禁だから、靴をビニールに入れて・・

早速中に入ると・・・

トルコ旅行

でけ!!

柱なんか・・

トルコ旅行

こんなにぶっと!!

う~~ん・・・さすがはトルコを代表するモスクだけあるなぁ

すごいなぁ~~~~

 

ってよく見ると

モスクの中じゃ信者も見学者も一緒じゃん!

なんだよ・・・これじゃ、入り口別でも中は一緒の

田舎の混浴温泉とかわんねぇじゃん・・・

トルコ旅行

中はだだっ広く

あちこちで熱心な信者が祈りをささげています。

イスラムの信仰についちゃよく分からんけど

なんとなく敬虔な気持ち・・・

 

そうそう、イスラムのモスクには尖塔がつきものだけど

このブルーモスクは6本の尖塔があることでも有名

大きなモスクでも普通は4本らしく

6本っていうのはかなり異質らしい・・・

トルコ旅行

聞くところによると

当時の王が「黄金(アルトゥン)の寺院を建設せよ!」

と命じたところ、設計士が「アルトゥ(6)」と聞き間違えたことから

こうなったらしい・・・・

 

単なる・・・間違い・・・なの・・・

ま、どっちにしても荘厳だからいいか^^;

 

さて、ブルーモスクの次は地下宮殿にやってきました。

トルコ旅行

入口はどこぞの売店のようなこじんまりした建物

しかし、チケットを買って中に入ると・・・

トルコ旅行

見事!

遺跡フリークのきょろパパ・・すでに「びびっ!」と来てます・・・

 

何でもこの地下宮殿はその昔貯水池として作られ

王宮を潤していたそうな・・

現在でも天井からひっきりなしに水が滴り落ち・・・

トルコ旅行

たまった水には魚がすんでいます・・・

 

この地下宮殿、ライトアップの効果も手伝って

トルコ旅行 

かなり幻想的な雰囲気を醸し出しています。

トルコ旅行

う~~ん・・・なかなかよい!

 

何でも、この地下宮殿は近年になるまで発見されなかったそうな

もったいない・・・

 

地下宮殿の奥には有名な2対のメドゥーサがありますが・・・

トルコ旅行

これも1984年までは泥土に埋もれたままになっていたとのこと

おかげで保存状態も・・

これが古代のものとは信じられないほど良好です。

トルコ旅行

しかし・・・見た人を石に変えるという伝説のあるメドゥーサ

発見した人もさぞかし驚いて、石になってしまったそうな・・・

 

発見者A「おい!!こんなところにメドゥーサの彫像があるぞ!」

 

発見者B「何!?それは大発見だ!慎重に掘り出そう!」

 

発見者A「えぇ~~!?掘り出すの!?このドロ全部!?大変じゃん!?」

 

発見者B「仕方ないだろ!大発見に苦労はつきものだ!」

 

発見者A「だからさ・・・このドロ出すの・・・・」

 

発見者B「・・・?」

 

発見者A「面倒さ・・・めんどうさ・・・めんどぅさ・・・メンドゥーサ・・・」

 

 発見者B「カチーン(固まって石になる・・・)」

 

お後がよろしいようで・・・   つづく

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。