ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ぶらり男の一人旅 ~MIssion2:本場のハーレムを体験しよう・・・むふふ~

翌朝・・・すっげぇいい天気

イスタンブールの歓迎を受けるきょろパパ

ホテルの食堂から望むマルマラ海とブルーモスクが・・・見事です^^

トルコ旅行 

さて、今日は・・・昨日のベリーダンスに引き続き千夜一夜物語・・・

本場のハーレムでも見学するべじゃねぇかい!

なんてってった「ハーレム」は有名だからなぁ・・・

知らねぇ男はいねぇだろう・・・

 

ということで、目指すはトプカプ宮殿!

その昔、反映を誇ったかのオスマン・トルコ帝国、王の居城

ガイドブックには「中でもハーレム見学は人気でいつも長蛇の列!」とある。

並ぶの嫌いなきょろパパは、それ~~~と朝一でやってきました^^

トルコ旅行 

途中、ブルーモスクを横目に見ながら・・・

トルコ旅行

ホテルから徒歩10分、トプカプ宮殿に到着^^

トルコ旅行

さっそく切符を購入して、オーディオガイドをお借り上げ!

真っ先に目指すは・・・もちろん男の夢「ハーレム!」

 トルコ旅行

ここはハーレムではなくて、オスマン帝国の議事堂

ハーレムはこの脇にひっそりと入口があるのです。

トルコ旅行

トプカプ宮殿の中にあって、このハーレムは別料金

しっかりふんだくってやがるぜ・・・・

 

このハーレム、ガイドブックによると

30分ごとに区切ってガイド付きで団体で行動するらしい

きょろパパが行ったときはまだ誰もいないので

ひょっとして30分待たなくちゃなの!?と思ったら

受付のおねぇチャン

 

どうぞ~!

 

って、一人で入れてくれました。

別に団体行動じゃなくていいみたいです。

 トルコ旅行

さっそく中に入ると・・・

さすがに朝の9時・・・誰もいない・・^^らっきぃ~~

トルコ旅行

まずハーレムの入口。

左方にはハーレムの女性たちを監視する唯一の男性部屋があります。

この監視役は「宦官(かんがん)」と呼ばれるそうで

なぜかアフリカから連れて来られた黒人しかなれなかったそうな・・・

(by オーディオガイド・・・)

トルコ旅行

正式には、この奥にハーレムの入口があるのですが・・・

ハーレムに連れて来られた女性の教育係として

相当の権力を持っていたそうで

相当頭のいい黒人で、地位もそれなりに高かったようです。

トルコ旅行

入口を入ると、食堂・・・

ここに女性たちの飯が並べられたそうな・・・

トルコ旅行

さて、このハーレム

女性の数は常時300から500人だったそうで・・・

ということは部屋もそれだけあるってことで・・・

ということは部屋にもそれぞれランク付けがある。

トルコ旅行

当然、王しか入れない秘密の園だから

外部から女性の姿が見られることのないよう

部屋の入口はすべて内側に向けられています。

当然日当たりのいい部屋、悪い部屋、風通し・・・

いろいろ条件があって、部屋にもそれなりに格付けがあり

女性の格に応じて部屋が割り当てられたそうな・・・

トルコ旅行

女性の方も、

500人もいたら、そりゃその中にも自然と階級ができあがって

普通は王と直接会うことも少ないくらいの娘が多かったらしい・・・

こういう娘は平民!

んでもって、王の目にとまって寵愛を受ければそれはそれで格があがって・・

王のお気に入りになればさらに格があがって

めでたくお世継ぎを身ごもろうもんなら相当上にランクされて

それ以上になれば正妻としての地位が与えられるそうな・・・

当然発言権もそれに従って増えてく。

部屋もそれなりにいい部屋が与えられるってもんです。

トルコ旅行

当時、ハーレムの女性の中で一番の権力者は「首席夫人」だっていうんだから

どんだけぇ~~~!?

きょろパパ家にも相当な強大な権力を持った首席夫人がいるけど・・・

首席以外は見たことねぇなぁ・・・いねぇから当たり前か・・・

しかし、我が日本にも将軍様には大奥があり

遠くトルコではハーレムが栄え・・・

男ってのは権力の象徴として女性を囲うのが好きな動物なんですかねぇ・・・

一見羨ましそうに見えますが・・・

500人はいらん!!断じて無理!!

 

ハーレム内は、王の私生活の場だけあって

豪華絢爛

トルコ旅行

この大広間では夜な夜な女性たちの踊りが繰り広げられたそうな・・

ま、ハーレムは男の夢なんていう人もいるけどさ・・・

見るだけで十分でございます・・・ごちそうさん・・・

 

さて、ハーレム以外にもトプカプ宮殿には見所がたくさん

トルコ旅行

こちらは謁見の間

右側にあるのが王の椅子らしいけど・・・

俺のベットより全然でけぇじゃねぇか!

すわり心地悪そぉ~~

 

その他宝物殿、博物館、いろいろあって

写真撮影禁止なのが痛いけど・・・

さすがオスマン・トルコ帝国の本拠

豪華絢爛そのもの、一見の価値ありでした。

 

 

宮殿の奥からは、城壁とマルマラ海が見渡せます。

トルコ旅行

この眺めがいいこと・・・

いやぁ・・さすがかのオスマントルコ帝国!

いいところに城建ててまんなぁ~~~

 

ということでトプカプ宮殿・・・

ハーレムは王の出入りスペースばっかりで

女性たちの部屋の中が見れなかったのは残念だけど

それなりに見どころたくさんで、なかなか面白かった^^

 

ま、体験ってほどじゃないけど・・・

本場のハーレム、しかと見届けてきたぞ!

みっしょん2・こんぷり~~と!   つづく

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。