ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ノートルダムのせむし男

さて、パリ観光もいよいよ佳境

ノートルダム寺院へやってきました・・・

ぱり

ノートルダムといえば、思いつくのは何といっても『せむし男』!

当然、寺院の中のショップでも本を売っていました^^

ぱり

しかし・・・薄学のきょろパパは

この物語のストーリーはまったく覚えていません・・・394

なのに、なぜ「ノートルダム」と言えば「せむし男219」と出てくるのか・・・

それは、数十年前に読んだこの本・・・子ども心に・・・

ストーリーというよりせむし男の異様な容姿に

一種のホラーのような恐怖感をもっただけ・・・なのです。

 

なのでストーリーは全く358・・・・よくよく聞いてみると

大きく分類すれば恋愛小説になるようで・・

まぁ、どろどろした愛憎劇の中にせむし男の純愛が描かれている

そんなお話らしいです・・・343

他人の恋愛にはちっとも興味のないきょろパパ・・・

ストーリーを覚えてる訳ないわな・・・390

 

ということで、このノートルダム寺院

教会の中はただで見学できますが

せむし男がにっくき敵の副司教を突き飛ばしたという塔に登るには

お金がかかります・・・61

ちなみに、ミュージアム・パスがあればただで入れます398

 

とうことで、さっそくきょろパパ家も

「ミュージアム・パスの元を取るぞ~~!!」とばかりに塔登りに挑戦!

ひたすら階段を登るんだけど・・・

連日の観光のせいあってその疲労感たるや相当なもの・・・404

普通は楽しくおしゃべりしながら登る塔も

この日ばかりはきょろパパ家全員が無言・・・

ひたすら頂上を目指して螺旋階段を登っていきます。

ぱり

登ること数分・・・

「やっと頂上かぁ!」と思ったのもつかの間・・

ここは中段で、まだ上があるとのご案内・・・

気晴らしにセーヌ川とパリの風景を1枚・・・

ぱり

塔には魔よけというかなんというか・・・

結構な彫刻があちこちにちりばめられています・・・

きょろパパには、見事な彫刻よりエレベーターの方がありがたかったのに・・・388

 

やっとのことで頂上に着くと・・・・

特筆すべきものは何にもありませんでした・・・406

せむし男でもいるかと思ったのに・・・残念!

 

その後、一気に塔を降りて

教会内を見学・・

ぱり

シックな装いの落ち着いた教会でした^^

 

209「はぁ~疲れた・・・でもさぁ・・こんなに疲れてるんだから

  何も無理して塔に登らなくても良かったんじゃない・・・」

 

・・・だってみんな登ってるしさ・・・

  郷に入っては郷に従えって言うじゃん・・・

 

209 「郷に入っては・・・・?って、何だかよくわかんないなぁ・・・」

 

・・・だから・・・・郷に入っては郷に従え・・・つまり・・・

  ノートルダムのやり方にのっとるだ・・・む・・・

 

209「・・・(無言)・・・・」35

 

つづく

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。