ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

鉄道博物館

エッセン居候も5日目。今日はボッフムにある鉄道博物館456にやってきました。きょろパパは全然鉄道フリークじゃないんだけど、まぁ、子供たちも興味がないわけでもない。ちょっくらのぞいてみるか416


 で、いきなり手漕ぎのトロッコみたいな乗り物が。手漕ぎ
これって昨日、川渡ったやつと
同じ原理・・・?当然、子供の「やりた~い!」攻撃にあい、一人1ユーロ払ってまた「どっこいしょ~どっこいしょ~」・・・車掌だか何だかのおじさんが「カラ~ンカラ~ン339」って威勢良く鐘鳴らすから、道行くドイツ人にじろじろ見られちまったゼ292。ま、このドイツ人も子供にねだられてきょろパパたちの後で乗ってたけどね・・・


 博物館の中は蒸気機関車がいっぱい展示されてます。機関車しかもそのほとんどが「現役」らしい。もっともいつもいつも走ってる訳じゃなくて、何かのイベントのときにたまに走るくらいらしいけど・・・でも綺麗352に整備されててちょっとかっこよかったなぁ・・・


 で、場内にはこんなレトロなディーゼル車もあります。ディーゼル車こちらも1ユーロで客を乗っけてお隣の駅までの~んびり走ります355。といっても隣の駅には何~んにもなく、しかも一回降りると帰りにまた1ユーロ払わなきゃならないので、誰も降りません。ただ単に折り返して戻ってくるだけ160161、なんだけど・・まぁ、内装も古めかしいし、レトロ気分満載ではあったな。そのほか、古い客車等々いろいろ展示してあって面白いです。本当は何かのイベントやってるときが見ものなんだそうだけど、あいにくこの日は何にもなし。でもまぁ楽しかったな。


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。