ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ブッパータル

シュロスブルク490のあとは、お隣のブッパータルの町まで足をのばしました。ブッパータルはモノレール455があることで有名な町なんだけど、街中を避けてハイキングが楽しめる山263へ・・・で着いたのがここ。なんでもこの川にかかる鉄橋は、鉄橋「ヨーロッパ一高いところにある鉄道専用の鉄橋」ということらしいです。まぁ人が上ったり車で行き来できないので「ふぅ~ん232!」ってな感じでしたが・・・で、今から考えると多分プライベート駐車場94・・・つまりとめちゃいけないところに車448をとめて、ちょっと散歩に毛が生えた程度のハイキングへGO!


 途中、川を渡るのに橋はなく、あるのはこの得体の知れない乗り物川渡しだけ。これって何・・・?しかも手漕ぎ・・・!子供の「乗りた~い!」攻撃に押され、1人50セント払って反対側へ。こういう乗り物って、大体子供が「やりた~い!」て言って漕ぐものなんだけど、ごたぶんに漏れず、片方にきょろパパ家の子供2人60反対側にドイツ人家族の子供2人+おじいちゃんで「どっこいしょ~どっこいしょ~!」・・・おい息子たち、負けてるぞ・・・日の丸496背負ってるんだ、がんばれ!日本男児ここにありって見せてやれ218・・ってなこと言ってる間に対岸に到着。


 対岸は本当に気持ちのいいハイキングコースでした。散歩途中の小川は水が澄んでで綺麗だったし、ごみもない。さすが自然環境にはうるさいドイツだ、見事だゼ!1時間のハイキングでドイツの自然を満喫したきょろパパ一家でした221。あ~、車レッカーされてなくてよかった7


スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。