ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

の~~べる平和賞

さて・・・国立美術館の次はオスロ市庁舎にやってきました。

ノルウェー

ここはノーベル平和賞の授賞式をやるところで

かのゴア副大統領やアラファト議長なども訪れた場所・・・らしい

ホールの壁画が有名らしいので、早速中に入ってみました。

 

ホールの回廊には世界各国からの貢物・・・じゃなくて贈り物を展示

ノルウェー

日本人形も堂々と飾られています^^

 

ノルウェー

ここが授賞式の会場となるホール・・・壮大なホールですなぁ・・・410

なんでもこの壁画は油絵らしく

ヨーロッパで最大・・・とガイドブックには書いてある^^;

 

多分・・・というよりほぼ確実に・・いや絶対・・?

きょろパパはノーベル賞とはまったくの無縁428

授賞式の会場と聞けばやっぱり受賞者を気取ってみたい・・・

ノルウェー

ということで・・・ステージの上で受賞者を気取るきょろパパ^^

気分だけはノーベル賞221

 

お次はI氏との待ち合わせ場所近く王宮へ

ノルウェー

どこの国でも宮殿には衛兵がつき物で・・・

オスロの王宮にも・・・いましたいました・・衛兵さん374

ノルウェー

ガイドブックにゃ「話かけてもピクリともしないほど真面目」

って書いてあったけど・・・

おいおい・・可愛いおねぇちゃんに囲まれてニヤニヤしてるぞ・・

っていうか普通に話してるし・・・

ピクリとするかどうかは相手によるってか・・・

ま、衛兵さんも人間ってことですねぇ410

 

さて、I氏と合流後はI氏の車でちと郊外にある

ヴィーゲラン公園に連れてきてもらいました448355

ノルウェー

この公園には広大な敷地にヴィーゲランの作った彫刻が

212点も展示してあるらしい・・・221219221

ノルウェー

小道の脇、橋の上・・・至るところに彫刻があるのです。

 

しかも・・その彫刻たちがかなり奇抜なんですよ

例えばこんなの・・・

ノルウェー

ヘビ女!?

どっかのマンガに出てきそうな・・・

ノルウェー

こっちの子どもと遊ぶお父ちゃんなんか・・・ほれっ!

あぶねっつ~の!

ってか右足の子は絶対落っこちるじゃん・・・すでに泣きべそかいてるし・・409

右手にしがみつく3人の子どもは、もう奇跡!!

しかも父ちゃん裸!

う~~ん・・・芸術は奥が深い・・・

ノルウェー

中でも一番有名なのは橋の上

ノルウェー

この「怒りんぼうの像」

そうそう・・子どもってこういうポーズよくするよねぇ^^

 

ノルウェー

公園のシンボル モノリッテン

高さ17メートルの石に121体の人間が掘ってあるとか・・・

う~ん、こりゃ文字通り人柱だな・・

ノルウェー

しかし・・・きょろパパ的にはこの門の方が気になるのでした・・・

何が気になるって・・・この公園の全部がそうなんだけど

男性の彫刻はすべて丸出し・・・しかも結構リアル402

ま、そりゃ芸術ってことでよろしいんですけど

この門の反対側には女性がモデルになってる門があって

きょろパパ的に見れば男性ほどリアルじゃないんだよねぇ・・・

リアルじゃないんだけど、女性ってことで

「女の裸なんて猥褻だ!!」って議論を巻き起こしたんだそうな・・・

 

あの~~、こう言っちゃなんですが・・・

男性の方がインパクト強いような感じがするんですが・・・

 

ノルウェー

広大な敷地にこれでもか!っていうくらいの彫刻

でもこの公園、普通に公園としても綺麗

この日は超天気がよかったので278

公園のあちこちで水着になって甲羅干ししてる美女が・・・

きょろパパ的には彫刻よりそっちの方が気になったりして・・・403

 

209「目がエロオヤジになってるよ!」

 

なっ・・・何言ってるかなぁ~413

僕は芸術作品を見ているのであって・・・・402

 

きょろママにはバレバレでした・・・436

 

さてヴィーゲラン公園のお次は

ホルメンコーレンの山へ。

本当はスキーのジャンプ台で有名なんだけど453

今は改修工事中・・・っていうより完全建替え工事

ジャンプ台は影も形もありませんでした・・・残念

 

代わりにといっては何ですが

その近くのレストランにやってきました。

ノルウェー

何でも200年も続く老舗のレストランだそうな・・・137145145

う~~ん・・・吉野家よりちと長いかぁ?

ノルウェー

このレストランのテラスからの眺めがまた絶景!

眼下にはオスロの街並みとオスロフィヨルドが広がる・・・

う~~ん、絶景398

 

このレストランは「秘伝!200年のレシピ」のアップルパイが超有名らしい

ノルウェー

とうことできょろパパ家も早速お一つ注文!

ムンクケーキは娘が代表して食ったから282

ここは息子登場・・・

息子いわく「甘すぎずうまい219」とのことでした。

 

その夜はI氏の自宅にお邪魔して夕食377

お寿司やノルウェーサーモン・・・たくさんの料理を肴に

シャブリで乾杯!!

いやぁ~~贅沢ですなぁ・・・

ノルウェー

うまい肴にうまい酒・・・272

きょろパパが酔っ払ったのは言うまでもありません・・・

 

たらふく飲んでべろべろになった後は402

トラムでホテルまでお帰り・・・

ノルウェー 

トラムの中も清潔で快適でした^^

 

I氏宅から20分で中央駅に到着!

中央駅でトラムを降りてホテルに向かって歩いていると・・・

 

きょろママ209「あっ、あんなところにパパ発見!」

 

ひぃっくっ402・・・何だァ・・ドッペルゲンガーか39・・どれどれ・・

 

209「ほらここ、これこれ109

ノルウェー

ひぃっくっ402・・・うん!?これってただの大っきな虎の彫刻・・じゃない

そりゃきょろパパは虎みたいに立派でかっこいいけどさぁ・・ひっく402

 

209「違う違う・・大きな虎・・・大虎よ!しっかりしろこの酔っ払い!」

 

あいっ・・・402

 

つづく

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |
コメント
芸術家の目というのは、すごいですね。
「怒りんぼ」の銅像なんて、まさに幼児が一瞬みせる、
いかにも幼児らしいポーズです。
こんなのを捉えて再現するんやもんなぁ~。すごい。

でも、両手両足に子供をくっつけた裸のオヤジは・・・
これ、幼児虐待中やないですか?(笑)

「文字通りの人柱」に笑わせてもらいました。
きょろパパさん、うまい!!!
とても、エロオヤジには見えない~!!!
2009/07/28(火) 00:56:17 | URL | いの #8WFIowAI[ 編集]
いのさん
この公園には普通のまじめな胸像なんてないんですよ。どれも奇抜で・・・・まるで梅図和夫の世界に入り込んだようです・・・。

きっといのさんがここに来たら、いちいち彫刻と同じようなポーズをとって写真撮るんだろうなぁ・・・と思いながら堪能させていただいた次第です。

あっ、そうそう・・・I氏からよろしくとの伝言。いのさんに会う予定はないとお伝えしたんですが・・・・
2009/07/28(火) 14:40:36 | URL | きょろパパ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。