ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ムンク

さて、オスロでは時間がないので効率よく見所を回らなくては・・・

ということでプライオリティーの高い順に手際よく行くぞ!219

ま、そのプライオリティはきょろパパが勝手に決めるんだけどさ・・・

 

で、きょろパパが勝手に決める、はいえすと・ぷらいおりちぃ~は・・・

じゃん!282・・・これ

えっ・・なんだかわかんないって・・・?

これ282ですよ、これ282・・・

まだわかんない・・・?

 

え~~い、これでどうだ!

ノルウェー

じゃん!

そ~です。ムンクはノルウェーの出身。

そのムンク美術館がオスロにある。ここだけは絶対見たい!

見なくてはならない!

 

ということで、中央駅から地下鉄に乗って・・・

ノルウェー

いの一番にやってきました「ムンク美術館」

いやぁ~~ここ、ここ398

来たかったんだよね、ここ。

だって、ムンクの叫びって超有名な絵じゃない。直に見てみたいじゃん・・

ノルウェー

しかし、ここって警備が厳重なんですよねぇ・・・

まるで空港のパスコントロールみたい^^;

何でも数年前にここの名画がごっそり盗まれたとかで・・・。

入口で写真撮ったらいかついおっさんに睨まれちまったぜ

しかもこれって入場券買う前だからねぇ・・・

 

「おっさん、中入っていいかい?」

 

374「あ~~?荷物は持っては入れん。地下のロッカーに入れてきな!」

 

お~~厳重だなぁ・・・

「おっちゃん、写真もダメ?」

 

374「フラッシュたかなけりゃOKだ!」

 

おっ、マジ?美術館で写真OKなんて珍しくない?こりゃ親切にど~も^^

ということで、ロッカーに荷物をしまって金属探知機をくぐりぬけると

やっとチケット売り場にたどり着く。

早速チケット買って中に入ると・・

ノルウェー

中はこんな感じ・・・

思ったより混んでなくて、なかなか快適なのです^^

 

ノルウェー

入口ではこんな看板発見・・・

で・び・か・り・・・?

 

209「バカ393!いでみつでしょ!い。で。み。つ!

 出光はね、ムンクの叫びとかマドンナとかが盗まれたとき、3億円くらい

 出してその回収に尽力したらしいよ。だからこんなのがあるのね・・・」

 

えっ・・・3億円出してこれだけ?もっとどか~んと看板立てればいいじゃん・・

 

209「馬鹿ねぇ。そんなことしたら絵画が台無しでしょ。

こういった奥ゆかしさが日本のいいところじゃない。」

 

ふ~~ん・・・でもこの事実を何人の日本人が知ってることか・・・

って言うより、当のノルウェー人も何人が知ってるの?って感じだけど・・・

ま、そんなことどうでもいいや。絵見よう、絵!

 

もちろん全部なんて紹介できませんので、

きょろパパの独断でムンクっぽい絵を選んでちっとだけご紹介・・

ムンクっぽいって、全部ムンクなんだけどね・・・^^;

 

ノルウェー

題名・・・分かりません・・多分「火事」だったかなぁ・・・

 

ノルウェー

題名・・分かりません・・・多分「橋の上の女性たち」だったかなぁ・・・

ムンクってこういった橋の絵がけっこう多いのです。

 

 ノルウェー

題名「殺人者」

うちの息子の一番お気に入りらしい・・・先が思いやられる><;

 

 ノルウェー

ムンクの自画像も何点か飾ってあります

 ノルウェー

もいっちょ自画像!

 ノルウェー

これがムンクのサイン・・・

 

ノルウェー

出ました!ご存知「叫び」・・・

これは知らない人を探す方が大変っていうくらい超有名

いやぁ・・・これを見たくて来たんだけど・・・

普通に飾ってありますなぁ・・・

一応これだけはガラスケースに入ってるけど・・

いやぁ、初めて実物を見た。きょろパパご満悦398

他にもまだまだ紹介したい絵がいっぱいあったけど・・・勘弁!

 

ムンク美術館・・・きょろパパ的には超お勧め!

きょろママも「今まで行った美術館で一番面白い!」

との評価。皆さんも機会があったらぜひど~ぞ!

 

さて、ムンク美術館のもう一つの目的は・・・

美術館に併設されたカフェ273

このカフェには(たぶん)世界でもここだけでしか食べられないという

ノルウェー

「叫び」チョコレートケーキがあるのです282

何が特別って・・・・

ケーキの上に叫びの絵282が乗ってるだけ

あとは至って普通のチョコレートケーキ。

だけど・・わかっちゃいるけど・・・やっぱり気になるのです。

ということで早速お一つ注文。

甘いもの苦手のきょろパパは見るだけ。

娘が代表して食しました^^

気になるお味は・・・・娘いわく

「超うま~~~い!344

だそうです。こちらもぜひお試しを!

 

さて、ムンク美術館を堪能したあとは

市内に戻って国立美術館にやってきました。

ノルウェー

ここにはムンクのほか、ピカソやモネ、セザンヌなんかの絵や彫刻が飾ってあるそうな・・

国立だけあって入場料はただなんだけど・・

写真撮影は禁止358!ケチっ412

ノルウェー

ちょうどきょろパパ家が行ったときは何かの催しやってて

別館にはこんなものが出現してました・・・アートですねぇ^^;

股の間から子どもが転がり落ちてきたけど・・・笑えん・・・393

 

国立美術館はさすがに国立だけあって規模も作品点数も桁違い

日本人のツアー客も大勢いて、日本語のガイドツアーまである496

すっげぇなぁ・・・客の半分は日本人だぞ・・・

日本人って本当に豊かですねぇ・・・

 

で、こちらにも、なんとムンクの叫び282が展示してあるのです・・・

 

えっ?きょろパパのためにわざわざムンク美術館から持ってきたの?

 

209「あんた本当バカね!そんなわけないでしょ!

さっき見たばっかりなのに・・・。あのね、ムンクの叫びは全部で4枚あるんだって。

でそのうち1枚がムンク美術館、もう1枚が国立美術館にあるんだってさ。」

 

へぇ~~。知らんかった。でもさ、あと2枚はどうしたのさ?

 

209「そっ・・・そんなこと知らないわよ。さっさと見るわよ!」

 

写真厳禁ゆえ実物はお見せできませんが

売店で「叫び」の絵葉書が売ってたのでこちらで代用^^

 

ノルウェー

こちらが国立美術館の「叫び」で・・・

ノルウェー  

こちらがムンク美術館所蔵。

全体的な構成は同じだけど・・・

明るさとか後ろに立ってる人の感じが微妙に違う

へぇ~~、叫びにいくつかのバージョンがあるなんて知らなかったぜ!

ま、どちらもよい。たっぷりムンクを見てご満悦のきょろパパでした^^

 

そうそう、国立美術館で絵葉書のついでに素敵なお土産をゲットしました。

ノルウェー

じゃん、これ。「叫び」キーホルダー

やっぱりオスロってムンクの町なのね282

 

209「あんた、またそんなしょむないもん買って!!いい加減にしなさい!」

 

なんだよ~~、なんかムンクあんのか!?

 

209「はぁ~~~・・・・バカ!」393

 

つづく

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |
コメント
ムンクの「叫び」って、4枚もあったんですか!?
・・・いやぁ~知らなんだ。
かなり昔、地元の美術館で開かれた
特設展で見た覚えがありますが、
もう人、人、人のごった返し。
そこへ行くと、この美術館は
ゆったり落ち着いて、
作品と向かい合えそうですね。

・・・長時間向かい合うのは
危険な作品もありますが(笑)

んで、ムッチャ羨ましいのは、
「叫び」キーホルダー!

これええわぁ~!心底、欲しいっす!!
2009/07/25(土) 04:34:49 | URL | いの #8WFIowAI[ 編集]
いのさん
実は国立美術館の方はピカソとかいろんな人の絵とかがあって、頭の回転のわるい私は消化不良を起こしました(笑)。
その点ムンク美術館はムンクだけ。素直に楽しめます^^

しかし、いやぁ~、やっぱりキーホルダーに食いついてきましたね。これ買うとき「いのさんだったら絶対買う!間違いない!!」と言って妻を説得したかいがありました^^
2009/07/25(土) 14:45:13 | URL | きょろパパ #-[ 編集]
いやあ、おいらもそのキーホルダー欲しいっす。
Tシャツなかったすか・・・。前面に叫びのTシャツ。
ジョークが受けなかったとき、叫びと同じポーズをとって再度、笑いをとろうと思って・・・。
2009/07/25(土) 15:58:27 | URL | Bär #-[ 編集]
Baerさま
そっか、その手がありましたね。確かにありましたよ、Tシャツも。よくご存知で・・・

でもTシャツは高くて手が出ませんでした><;
ノルウェー高すぎ!キーホルダーで精一杯・・・とほほ・・・
2009/07/26(日) 02:29:51 | URL | きょろパパ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。