ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

シュベリン城

ハンブルクの東100キロ強

お隣のメクレンブルク・フォアポメルン州

(厳密に言えばシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州を挟むんだけど・・この際細かいことは置いておいて・・・)

07年にG8サミットが行われたハイリゲンダムのある州

つまりメルケル首相の生まれ故郷でもあるわけだな・・・

ま、どうでもいいけどその州都シュベリンには

有名(?)なシュベリン城があるのです。

シュベリン

これがシュベリン城

水と緑に囲まれた荘厳なお城

かの有名なノイシュバンシュタインの知名度には負けるけど

シュベリン

このとおり2ユーロ記念硬貨の図柄にも採用されている

一応”有名”なお城なのです。

 

ということで「うちでゲームしていたい!」と嫌がる息子を従えて

やってきましたシュベリン城

シュベリン

今の時期はフラワーフェスティバルの真っ最中

道端にはチューリップが咲き乱れ

水と緑と花とお城のコントラストが見事です。

 

ここできょろパパ独断のドイツのお城うんちく!

(きょろパパから見れば)ドイツのお城は大きく2つに分類でき、

1つはデンマーク王国の影響を強く受けた質素なお城。

当然ツェレやアーレンスブルク等々北ドイツに多い。

内装は木彫でやや質素、落ち着いた風情のお城です。

 

もう一つは南ドイツに代表されるバイエルン王国(?)のお城

こちらはノイシュバンシュタインに代表されるように

派手な外装とキンキラキンのピ~カピカ353の内装

一部の人には「悪趣味!」といわれるほどキンキラなのです。

 

ま、どっちがいいかは好みの問題だな・・

ということで、このシュベリン城は質素な北ドイツのお城の中でも

その外観は抜きん出て豪勢

まさに北ドイツを代表するお城なのです。

 

シュベリンシュベリン

お城の全景・・

1枚じゃ収まんないんで上下に分けて撮ったんだけど・・・

微妙にずれてる・・・436

 

城の敷地はぐるりと湖に囲まれていて開放感満点

シュベリン

天気のいい日は散歩にもってこいです。

 

シュベリン 

気持ちよく敷地を散歩していると・・・あんなところに銅像が・・・

シュベリン 

おぉ、これはひょっとして・・今はなき大山倍達先生ではありませんか・・・

こんなドイツの果てでもご活躍されているとは・・・・

って冗談だけどさぁ・・・この銅像の、意味不明だな・・・

湖を窺う庭園の先端に牛と戦う謎の男の像・・・

その心はなんだぁ~!?ドイツ人、教えてくれ~

 

ということで、シュベリン城、ハンブルクからの日帰り旅行お勧めです。

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |
コメント
このお方は「ゴッドハンド」大山先生に間違いねぇ。だって、片方の眉毛、剃ってなさるだ(笑)

しかしまぁ、ドイツのお城。
デリーで「○○廟」と名のつく場所と同じくらい
多いっすね。

しかも、どれもが歴史と威厳に満ちてる。
息子さんも、いつかは写真を見ながら
「あの時、行ってて良かったぁ」
と考えることになる・・・のかな??
同じ、子を持つ親として、そうなるよう
お祈り申し上げます!!
2009/05/09(土) 17:46:00 | URL | いの #8WFIowAI[ 編集]
いの様
拙の愚息は・・・無理ですねぇ、きっと。だってですよ、お城見学に行くって言うのに「スケボー持って行っていい?」ですよ。お城見学そっちのけでスケボーですからねぇ・・・先が思いやられます・・っていうよりすでに思いやられてます。
2009/05/11(月) 19:29:44 | URL | きょろパパ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。