ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

○○県庁!

炭鉱博物館の後は、家庭教師殿513の母校、ボッフム大学にやってきました。大学なんか行ってど~すんの・・・・?と思ったら、ちゃんと植物園457とか見るものがあるんですね。で、この植物園がまた結構本格的。伊豆のシャボテン公園302を小さくした感じか・・・逆に大学にこんな立派なの作ってどうするんだろう・・って気もしないではないが・・・で、これが校舎(の一部)。県庁大学はとっても広くてこんな建物や体育館、ホール等々がいっぱいあります。ざっと見てもきょろパパの母校より軽く10倍以上は広いなぁ356・・・ドイツの大学生506は恵まれてる。


 でさ、分かる人にしか分からないと思うけど、この建物って何かに似てると思わない・・・?そう、きょろパパの故郷・・・○○県の県庁に似てるのです291。第二庁舎の方ね。そういえばこの大学は日本人が設計したんだって家庭教師殿513が言ってたけど、ひょっとして同じ設計士・・?どうでもいいけど何だか人民食堂のそば373食いたくなっちゃったなぁ・・

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。