ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

寿司食いねぇ~!!

ハンブルクでも寿司が食える377

食えるんだけどさぁ、高いのですよ!

お味も「・・・・」・・・う~ん・・390微妙・・。

日本では味より手軽さ、安さが受けてる「○僧寿司」とか、

一皿100円、庶民の味方「かっ○゚寿司」とかの方が、数段上・・・という気がする。

ドイツの寿司も「機械握り」っていう点では同じなんだけど、

なんてったってネタの鮮度と豊富さが圧倒的に違うんだよね・・・やっぱり日本のはうまい。

とうことで、「ないなら作っちゃえ!」のきょろパパ家では、

現在「握り寿司」がプチ流行中。

寿司ネタを仕入れるは、ハゲナー魚店229

魚屋 

店名を聞いて思わず自分の頭に手を持っていくおじさんの姿を思い浮かべちゃうけど、

けっこう新鮮なお魚が手に入るお魚屋さんで知る人ぞ知る店なのです。

っていうよりみんな知ってるか・・・いつもけっこう混んでるしな・・・

魚屋

店内はこんな感じ。定番は脂ののったサーモンフィレに、当然マグロ。

どっちも生で食べれる鮮度です。その他、季節のお魚も豊富で新鮮。

ムール貝も大きくて、他の店のものよりお勧め!ワイン蒸しに最高です。

 魚屋

週末ともなるとお客さんが大挙してやってきて・・・

う~ん・・・ドイツ人も魚ファンが増えてきたようですなぁ!!

魚屋

ロブスター君も「お願い・・・僕を食べて!」と独り言・・・言ってねぇか!?

魚屋

店内にはレストランも併設してあって、

お手軽に魚料理を食べることができるのです。きょろパパは食ったことないけど・・・

とうことで、早速マグロにサーモンを仕入れて、

えび君といくら君も仲間に入れて握り寿司開始!

すし

まぐろは得意の「ヅケ」にして、

娘の大好きな「納豆巻き」と納豆軍艦もつけて・・

おつまみには冷奴とマグロ納豆。

う~ん・・・今日もガンツ和食だなぁ・・。

すし

ということで、この日もお酒305が進んでしまったきょろパパ・・・

翌日、反省猿526だったことは言うまでもありません・・・。

ところで・・・苦しい家計を助けるため、現在この寿司を販売しようかと計画しています。

サーモンとマグロ、3貫ずつで5ユーロ・・・どう?

職場で販売したら売れそうだなぁ・・・って冗談です!

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。