ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ローマ最終日(ティボリ編)

さて、長々と引っ張ってきたローマ編もとうとう最終日に突入。最終日はKさんの案内で、Kさんお勧めのティボリにやってきました。ローマの北東、車448355で約1時間のところにあるこの街は、かつての偉い枢機卿259が作らせた別荘「ヴィラ・デステ」ヴィラ・デステが有名・・・らしい。さっそくヴィラ・デステヴィラ・デステ1へゴ~217! 

 ここの見所はなんていっても噴水46と緑255がふんだんにある見事な庭園。ヴィラ・デステ2そう言えばローマで見たものは教会259とか遺跡とか、建造物が中心だったなぁ・・・。自然を楽しむ機会はなかったから、妙に新鮮に感じる。398ヴィラ・デステ4何でもこの庭園は、高台を流れる川から水を引っ張って、高低差453と水流の圧466だけを利用して噴水288を出しているらしい。動力は一切なしなんだって。へぇ~410・・・すごいねぇ・・・。ヴィラ・デステ9こんな 大きな噴水も自然の力だけだって。いやお見事424

 でもさぁ・・・この噴水君288、やけに苔やシダが多くないかい・・・?ヴィラ・デステ3この「百の噴水の小道」なんざ、本当はそれぞれが、ユリ297だったり船108だったりオベリスクだったり、噴水自体にいろんな形があるらしいけど、いまじゃそんな原型をとどめず、ただ単にシダの塊になってる・・・。ある意味すげぇなぁ・・・。この小道なんざ、伊豆の七滝の小道を散歩106してるみたいにさわやか411な感じなんだけどさぁ・・・もうちょっと手入れしようよ・・・。

 この鷲の噴水ヴィラ・デステ8なんざ凄いことになってるぞ。パンフレットには苔むした鷲の見事な噴水が写ってるけどヴィラ・デステ7・・・えっ405・・?これってひょっとしてパンフレットに出てる鷲の噴水・・・?今にも窒息356しそうじゃなぇか393・・・。ヴィラ・デステ6あの鷲たち大丈夫かなぁ・・?いやぁ・・・ビフォー・アフターじゃないけどさぁ、殆ど原型とどめてないよね。日本496だったら、苔とシダの美しさを残しながら造形の美しさも同時に出せるよう、細か~い気を使って丁寧に手入れするんだろうけどさ・・・やっぱりここはイタリア500。そんな気配りは望むべくもなく、苔やシダは生えるに任せっぱなし・・・。これじゃせっかくの庭園もその価値半減195だぜ。あと10年もすればこの噴水もただの草の塊255になってるな390・・・間違いない。やっぱりイタリアだねぇ・・・。

 で、庭園見学の後はティボリの街を散策。ティヴォリの街綺麗なオープン・レストラン271を発見したところで、お待ちかねのランチ・タ~イム398ティヴォリのレストランこれで最後とばかりに、スパゲティ三昧。まずはカルボナーラ。ティヴォリのレストラン(カルボナーラ)続いてアンティチョークのスパティヴォリのレストラン(アンティチョーク)今が旬のポルチニ茸ティヴォリのレストラン(ポルチニ茸)もちろんボンゴレもティヴォリのレストラン(ボンゴレ)・・・いやぁ・・・気候もさわやか278、おいしい料理がますますおいしい398。食後は定番のティラミスとエスプレッソ。ティヴォリのレストラン(ティラミス&カプチーノ)う~ん・・・満足満足433

 さて、今日はハンブルクまで帰らなくちゃだからな・・・名残惜しいけど、そろそろ土産でも買いながら空港に行くか。

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。