ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ローマ2日目(サン・ピエトロ寺院編)

さて、無事クーポラから着地してサン・ピエトロ寺院内に降り立った282きょろパパ一家。サン・ピエトロ寺院1すっ・・・すげぇ405・・・!いやぁ、こりゃ本当に凄いぞ。天井は遥か上方154。飾られてる絵はいちいち綺麗352で、彫刻はでかくて迫力満点・・・むむぅ~・・・きょろパパもヨーロッパでかなりの教会259を見たけど、ここまで凄いのはお目にかかったことない・・・。脱帽323!って当たり前か、ここは世界のカトリックの総本山263。総本山より豪華な教会はないってか・・納得!いや、しかし凄い。さっきバチカン博物館で見たラッファエロ作「キリストの変容」サン・ピエトロ寺院2も、数ある絵のうちの1つでしかない。しかもでかい。サン・ピエトロ寺院3主祭壇もこんなにでかい・・・ここじゃマジンガーZが喋るのかい361その近くにあるベルニーニ作の「アレクサンドロス7世の墓」サン・ピエトロ寺院4も、数ある装飾のうちの一つでしかないけど、この大きさ・・・分かります?ちょうどシスター259が扉から出てきたところだから失敬して写真212を1枚!比較してもらえば大きさが分かると思うけど、こんなのが至る所にごろごろしてるんですよ。しかも超有名な人物の作ばかり。こりゃ贅の極みだぁ。主祭壇の奥にはやっぱりベルニーニ作の「聖ペテロの椅子」サン・ピエトロ寺院5・・・・あんな椅子に座ったらケツがこそばゆくなりそうだぜ388・・・ま、きょろパパが座ることは絶対にないと思うけど・・・。サン・ピエトロ寺院6主祭壇には巨大なロウソクが6本41・・・何の意味があるかちぃっとも分からないけど361、法皇はこんなところに立って何をしゃべるのかねぇ・・・キリスト教信者ではないきょろパパもちょっと興味が湧いちゃうなぁ。

 院内の片隅にはキリスト像(だと思う・・)が忍者みたいな格好して座ってる。サン・ピエトロ寺院7540を触ると願いがかなうんだか健康になるんだか知らないけど、みんな長蛇の列531を作って足の甲を触っていく。おかげでこのキリストさんの足、水虫523みたいになっちゃってるよ。・・・あれっ362・・・きょろママ209と子どもたち205206がいないぞ・・・?って思ったら、ちゃっかり列に並んでんじゃん。こういうところは素早いなぁ・・・。

 サン・ピエトロ寺院8この彫刻なんか誰が作ったなんていう作品かもわからない。知ってる人は知ってると思うけど、こんなのがごろごろしててここじゃ全く普通の彫刻・・・こりゃ路傍の石だな・・。でもきっと凄い人が作ったもんなんだろうなぁ403・・・。1個だけ置いてあれば相当凄いのに・・・残念16

 そんなサン・ピエトロ寺院で一番人気219、人一倍黒山の人だかりなのがこれ、サン・ピエトロ寺院(ピエタ)ミケランジェロ作「ピエタ」。歴史の教科書87とかで見たことある人も多いと思うけど、ここだけはガラスでカバーされてて保存も厳重319。ちなみに中身はこんな感じ。サン・ピエトロ寺院(ピエタ1)こんだけお宝20ゴロゴロのサン・ピエトロ寺院にあってこんなに厳重に保管されてるんだから、こりゃさぞ凄い物なんだろうねぇ・・・。はぁ~355・・ため息・・

 ということで、サン・ピエトロ寺院は凄い。凄すぎる。こんな凄い教会259見ちゃったらさぁ、今後どんな教会見に行っても「へぇ~・・・ふぅ~ん403・・」で終わっちゃうなぁ・・・。でもさぁ、やっぱりきょろパパ的にはこういった建物や装飾品の歴史的価値だとか、それに伴う重さみたいなものを感じられないんだよなぁ・・・。学生時代に勉強しなかったからヨーロッパ史にうとい393ってこともあるんだけど、やっぱり京都や奈良の仏像の方に歴史の重みを感じてしまうなぁ・・・。ということで、ガンツ・日本人214のきょろパパはサン・ピエトロ寺院のスケールのでかさやその装飾品の見事さに驚き405、感心はしても398、神社仏閣を訪れるときのような神妙な気持ち424になることはなかったのでした。キリスト教信者の皆さん、ごめんなさい436

 で、寺院を後にしてサン・ピエトロ広場を歩いていると106・・・広場のオベリスク脇に、一枚のレリーフを発見。おっ、これって「天使282と悪魔277」に出てくる「風6」の紋章じゃない?そう言えば、小説の中じゃこの広場も殺人現場の一つだったっけ・・・。小説じゃ「西の風」が出てたけど、東西南北全部に同じようなのがあるぞ。あいにく今日は「西の風」のレリーフがあるところは何か催し物の会場になっていて入れない358から、この「北」のレリーフでいいや。記念に一枚写真212撮っておこう!カシャッ!サン・ピエトロ広場(風)

 で、バチカン博物館とサン・ピエトロ寺院でため息355の出るようなお宝を「これでもかっ!」というくらい見学したきょろパパ一家。凄いお宝20にお腹いっぱいになっても、実際のお腹はグゥ~406・・・状態。子どもたち205206も歩きつかれて「休憩した~い・・!お腹すいた~!」・・・じゃ、どこぞのお店で茶365でも飲もうじゃないか、ということで、サン・ピエトロ広場の前の「お土産&レストラン271サン・ピエトロ寺院近くのレストランという日本のドライブイン448のような店にやってきました。早速トマトのスパゲティサン・ピエトロ寺院(ポモドーロ)とピザサン・ピエトロ寺院(ピッツァ)をご注文。もちろんビール275もね!子どもたちはジェラートのおまけつき。サン・ピエトロ寺院(ジェラート)いやぁ、やっぱりイタリア500、こんな観光客向けの店でもけっこういけてるねぇ398!おいしかったよ!ご馳走様!さて、エネルギーは補給したし、次は市内の見所を見ながら街中の方へ帰ろうじゃないか!子どもたち、前へ~進めっ157!・・・205206「え゙~!まだ歩くのぉ~・・・?」・・当然!さっ、次行きますよ、次!  つづく   

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。