ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ローマ初日

さて、タクシー105の運ちゃんには悪いことしたとは思いながら436、そこは立ち直りの早いきょろパパ、さっそく市内観光へ。

ピア門まずはピア門。特に観光名所って訳じゃないんだけど、ホテル103がこの門の近くだったから記念に1枚カシャッ212!ローマには帝国時代の城壁が今でもあちこちに残ってるんだけど、その城壁に設けられた門の一つ・・・なんだって。なんでもこの門の彫刻はミケランジェロの最後の仕事と言われているらしい・・・403ふぅ~ん・・・。

サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会その足で「天使282と悪魔277」第3の殺人現場、「火」41の教会、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会へ。サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会(祭壇)さすがローマ405・・・。あんまり大きい教会じゃないけど、それでも造りは豪勢だなぁ。そうそう、この教会はベルニーニ作「聖テレーザの法悦」サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会(聖テレーサの法悦)が有名・・らしい。小説でも、聖女にあるまじき恍惚の表情がクローズアップされていて、天使が射ようとしている矢の向きが次の殺人現場のヒントとなる、という重要な役割を果たしていたっけ・・・。

スペイン広場お次はちょっと足を伸ばしてかの有名なスペイン広場へ。ちょっと夕日がまぶしいけど、スペイン階段の上から広場をカシャッ!スペイン坂階段しかし・・・すっげぇ人だなぁ。老いも若きもみんな階段に腰掛けて・・・いったい何やってるんだろう・・・単なる暇人?舟の噴水坂の下に下りると、これまた有名な「舟の噴水46」。何でもこの水は飲めるらしく、次から次へとペットボトルをもった人が水を汲んで行く・・。ま、インドじゃないから大丈夫だろう・・・。

ポポロ広場で、お次はもっと足を伸ばしてポポロ広場へ。この広場には「天使と悪魔」282、第一の殺人現場サンタ・マリア・デル・ポポロ教会サンタ・マリア・デル・ポポロ教会があるのです。で、早速教会へ。中は結構落ち着いた装い。小説の中でこの教会は「土」を示す教会259ってことになってるけど、何となくわかる気がする。サンタ・マリア・デル・ポポロ教会(1)この教会にはその両サイドに小さな礼拝堂がいくつもあるんだけど、その中で最も有名で小説にも出てくるのがこの「キージ礼拝堂」サンタ・マリア・デル・ポポロ教会 (キージ礼拝堂)残念ながら改修工事中70であまりよく見れませんでした。そうそう、キージ礼拝堂にもあるこのピラミッドの型。サンタ・マリア・デル・ポポロ教会 (キージ礼拝堂1)このピラミッドも小説の中で非常に重要な役割を果たしているので、そんじゃ写真212でも撮っちゃう・・・?ってことでカシャッ!

 しかしここまで来るのに相当歩いたなぁ・・・356。疲れたので初日の観光はこれにて終了。せっかくイタリア500に来たんだからスパゲティ食いに行かなくちゃ!ということでやって来た日本大使館496近くのレストラン271「イル・リストランティーノ」。時刻は午後6時半。・・・誰もいないぞ403。ひょっとしてここはまずいのか・・・?それともまだやってないの・・・362そうなのです。ローマのレストランは夜7時半くらいからが基本・・・らしい。それを知らずに早めに来てしまったきょろパパ一家。まだ1時間も待たなくちゃなの409・・・?何だよ店員513いるじゃん。ねぇねぇお姉さん!こっちははるばる日本からやってきて(こういうときは都合よく日本からの旅行者に化けてしまうのです)腹減ってるんだから入れておくれよ421・・・513「え~・・まだシェフが来てないんだよね。」・・・子どもたち205206「腹減った~394!」・・・ほら、こんなにひもじい思いしている子どもを追い返す422のかい、お姉さん!・・・513「仕方ないねぇ。じゃ、料理はちょっと待ってもらうけど、どうぞ!」・・・よしよし、イタリア人も意外と優しいじゃんか。そんじゃ遠慮なく、お邪魔しま~す222・・・っとイル・リストランティーノ

 で、ビール275を飲みながらシェフの到着を待ってると・・・10分もしないうちにシェフ登場。よ~し・・・注文するゾ!まずは前菜に海の幸の盛り合わせ。それからトマトサラダとミックスサラダ。イル・リストランティーノ (前菜)できょろママはラザニア。イル・リストランティーノ (ラザニア)息子はトマト・スパゲティイル・リストランティーノ (ボロネーゼ)に、娘は大好物のカルボナーライル・リストランティーノ (カルボナーラ)。で、きょろパパはスパゲティ・ボンゴレ。イル・リストランティーノ (ヴォンゴレ)サービスで出てくるパンは、ドイツではただのパン366だけどここはちゃんとガーリック・トーストが出てくる。イル・リストランティーノ (パン)やってくれるねぇ~398

さすがイタリア500、お味はどれもよろしゅうございまして・・・いやぁ、イタリアで食うイタ飯はうまいなぁ398。満足満足。今日は歩きつかれて106足がパンパン、ついでにお腹もパンパンになったから、早めにホテルに帰って明日に備えて寝よう75。明日も一日歩くぞ~217   つづく     

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |
コメント
残念ながら、ダン・ブラウンは「ダヴィンチコード」しか読んでませんが、その雰囲気を色濃く宿した街並みですね~。荒唐無稽とも思われる話が、この街路を背景にした途端、現実味を帯びてくるから不思議です。
・・・これ、日本の都市では絶対成り立たない。ましてや、インドをや(笑)
イタリアでイタ飯。うまいんやろなぁ、本気で。この冬ヨーロッパに行くとしたら、比較的温暖なのはイタリアあたりでしょうか?行きたいなぁ~~!!!もう。
2008/11/10(月) 16:47:19 | URL | いの #8WFIowAI[ 編集]
いの様
イタリアは暖かいです。インドと比べるとどうか分かりませんが、北ドイツよりは圧倒的に暖かいです。でも、夏は地獄のような暑さらしいですよ。そんなんで、真夏はオフシーズン。10月がベストのオンシーズンらしいです・・・おかげでホテル代が高くつきました・・・とほほ・・・
でも食い物はうまいですねぇ、ドイツよりは圧倒的に!といっても殆どパスタしか食ってませんが・・・。
2008/11/10(月) 19:10:01 | URL | きょろパパ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。