ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

アルスター湖遊覧船

ハンブルクの象徴(?)アルスター湖46。毎日のように眺めているわりには、人工湖ということ以外にうんちくを知らない・・・390。ま、眺めがよければうんちくなんてどうでもいいのだ・・・。アルスターボートそんなアルスター湖には、ご多分にもれず「遊覧船108」がたくさんあるのです。コースも「運河巡り2時間221コース」とか、「湖一周50分222コース」とか、目的と予算にあわせていろいろ。きょろパパ家もドイツ499に移住したばっかりのころ、奮発して「アルスター湖運河巡り・13ユーロ/1人」に乗船108355。並み居る白鳥519をかき分けて、湖上から綺麗な町並みを拝見したものでした・・・なんでも、ハンブルクは、かの水の都46ベネチアより橋の数が圧倒的に多いそうで・・・だから何403?って感じがしないでもないですが・・・。でもさぁ、やっぱり2時間も船に乗ってるとあきるのよ195。最初は「うわぁ~・・・綺麗!」なんて喜んでた娘206も、そのうち「ねぇ、まだぁ~・・・眠くなってきちゃったぁ~75」みたいな・・・。おいっ・・お~い゙・・・寝るな!寝るでないゾォ~405!昼寝のために13ユーロ払ったんじゃな~い364・・・そんなこんなでその後きょろパパ家は遊覧船108とは縁がないのです393

 しかししかし、そんな遊覧船108にも気になるコースが一つあるのです。アルスター湖から出発するんだけど、湖ではなくそのままエルベ川の方へ行と進む「港方面運河巡り219」。何が気になるって・・・・「堰」なのです。アルスター湖とその近辺の運河は高さが異なる部分があるのですよ。ま、人工湖だから当然って言えば当然だけど、で、この高低差を乗り越えるため、「堰」が設けられてるのです。毎日のように眺めている光景だけど、ちょうどタイミングよく船108が来たので問題の「堰」を撮ってみました!遊覧船アルスター湖からやってきた船108は川面より高い位置17に・・。遊覧船1で、船108の前後を堰き止めて、水を「放出!」遊覧船2水位が下がってきたら195・・遊覧船3前方を開門!遊覧船4108はゆっくりと発進し・・・遊覧船6悠々と進んでいくのでした356遊覧船7堰を上から見るとこんな感じ。 

 そんなに珍しいものでもなさそうだけど、でもよくあるってもんでもないし・・・。第一、この船108に乗ると、コースはよく分からんけど「倉庫街」とか、趣のある水路を進んでいくみたいな・・少なくとも町並みの変化に富んでいて、前みたいに飽きることはないのではないか、という期待感大398。だけど、わざわざ乗りに行くほどのもんでもないしなぁ・・・403。そうだ、そう言えば、来春にはKさん一家がご来独予定だった。うしし・・そのとき「ダシ」に使わせてもらおぅっと!

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |
コメント
実際の写真初めて見ました
今を去ることウン十年前、学研の付録か何かでこんな運河の通行方法読んだことがあります。これがホンマもんなんですね~!ほとんど秘密基地からの発進やないですか!!これを毎日見られるなんて・・・羨ましいっす。
2008/08/12(火) 01:56:05 | URL | いの #8WFIowAI[ 編集]
いの様
秘密基地ですかぁ・・・。これからこの船を「サンダーバード」と呼ぶことにします。チァッチァカチァ~♪♪発進!!・・・。まだ乗ったことないんですけどね・・・。でも、この船、何より天井が橋にぶつかりそうで怖いっすね。サンダーバードならぬ三途の川ライン下りにならないよう、乗るときは注意します!
2008/08/12(火) 15:32:28 | URL | きょろパパ #-[ 編集]
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。