ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

カレル橋

カレル橋
カレル橋・・・402恥ずかしながらきょろパパはプラハに行こうと決めるまでそんな名前知らなかったんだけど、超有名な橋・・・らしい。終日歩行者天国のこの橋・・・風景は「いかにもプラハ~!」って感じでグ~ですなぁ398カレル橋1橋の両脇には30体の石像が並んでいて、その一つ一つがいちいち凄い405カレル橋2なんの造作もなく「置いてある」って感じだけど、いやいや、こりゃ相当凝ってるなぁ。それぞれの石像からバックに見えるプラハ城もロケーションをより際立たせてる感じ。素晴らしい411いやいや、凄いもんですなぁ・・・数ある石像の中でも、この「ヤン・ネポムツキー像」カレル橋3は観光客の一番219人気らしい。って言うたところで、薄学のきょろパパには「ネポムツキーって誰・・・403?」って感じなんだけど、なんでこの像が一番人気か分かった気がするぞ・・・364ここにも、やっぱり「触ると幸運が訪れる」っていうお話があるらしく、いやいや、像の土台部分はみんな触るからピカピカに輝いている。本当にヨーロッパ人はこの手の話が好きだなぁ・・・きょろパパ家もそんな話につられてあちこちで触って、昨日もミュンヘンで似たような話のある像に触ってきたけど、いいことなんてないぞぉ409・・・でも、そんな文句言いながらも、凡人のきょろパパ一家はやっぱり触るのでした・・・「今度こそ、いいことありますように421!」   つづく
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
コメント
コメントする














秘密にする

 
このエントリーのトラックバックURL
このエントリーへのトラックバック
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。