ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

号外・きょろパパ生存記 ~それからのきょろパパ(韓国編)その4~

さて、釜山からソウルへ移動したきょろパパ家

ちょうど昼時とあって、ホテルにチェックインしてすぐに街に繰り出しました^^

ソウル


今日のお目当ては「石焼ビビンパ」

さっそく韓国通の同僚に勧められたお店
 
ソウル

全州中央会館にやってきました~~

ソウル

さっそくお目当ての石焼ビビンパに
 
ソウル

サムゲタンをご注文

ソウル 

もちろん付け合せのキムチは食べ放題で

とってもおいしくいただきました~~


昼食の後は街を歩いて買い物に

ソウル

きょろママは定番、化粧品を買いあさり・・・
 
ソウル

土産はこれも超定番のキムチと韓国のり


あちこち買い物した後で・・・

よく考えてみると・・・・いけね、観光してねぇ・・・


ということでとりあえずホテルから近い南大門を見学に行くことに。

ガイドブックには修復中って書いてあったけど

少しくらいは見れるべ!

と期待してやってきたら・・・
 
ソウル

見事、南大門はすべて覆われていて

単なる大きな倉庫と化していました・・・・

まったく見れねぇ・・・残念・・・
 
ソウル 

仕方なく街をふらついていると

ソウル

遠くにソウルタワー発見^^

高いところ好きのきょろパパは、さっそく


あそこ行くべぇ~~~!

 
ソウル

ロープウェイでタワーのふもとへ行くと

ライトアップされて綺麗でした~

ソウル

展望台から見える夜景は・・・これもまた見事ですなぁ

ちとピンボケですが、こんな感じの夜景が楽しめます^^

ソウル

展望台は、どこの国でもありそうな、世界の主要都市までの距離が書かれていて

東京は1157キロ・・・意外と遠いんですねぇ・・・


さて、韓国最後の夜はこれもはずせない焼肉に挑戦。

釜山のOさんいわく

「焼肉は日本の方がはるかにうまい!」

とのことで、実はきょろパパもそう思っているんだけど

でも、とりあえず話のタネに本場の焼肉ってのも食っておかなくちゃ・・・
 
ソウル 

さっそくガイドブックに出ていた明洞韓国館へ・・・

入ってみると・・・日本人らしき客しかいない・・・

どうやら、ここも日本人観光客専用の超高級店(値段が)のようです。

ソウル

とりあえず、韓国人はまず食べないというタンを注文
 
ソウル

釜山で食べたミノが忘れられずにミノと、定番のカルビもご注文^^
 
ソウル

ここでもおばちゃんが焼いてくれて、はさみで切ってくれます
 
ソウル

焼きあがったらサンチュに巻いて味噌つけて・・・

う~ん、うまい

んまいけど・・・普通だな

やっぱり日本の方が肉がやわらかくてうまいし、

ミノも釜山で食ったやつの方が数倍うまい。



焼肉を注文した人には豆腐チゲをサービスしてくれて

CIMG9626.jpg 

このチゲはさすがにおいしかった。

どうやら韓国での食事は焼肉よりチゲの方がお勧めのようです。


ビールもたらふく飲んで・・・

ソウル

お代はしめて11万5000ウォン(9000円)・・・

やっぱり高めの料金設定です。韓国人が来ないはずだ・・・


さて、本場韓国で焼肉初体験のきょろパパの感想は・・・


「日本の方がうまい」・・・やっぱりこれは間違いないです。

さらに、やはりガイドブックに出てるようなお店は

悪く言えば日本人からぼったくるためのお店のようで

地元韓国人はほとんどいません。

韓国語ができないから仕方ないけど
(注:日本人用のお店はみんな日本語が話せます。)

やっぱり地元の人が行くお店の方が安くてうまいんだろうなぁと・・・

特に釜山で地元民しかいないうまい料理屋でメシを食った後だけに

つくづくそう感じてしまいました^^

ま、また韓国行くことがあったら

多分焼肉は食わないでしょう。1回で十分です。

でも、豆腐チゲはうまかった~~~

次はチゲのお店にしよ~~っと^^;



ということで帰国の日。

12時前のフライトだったので、ちょっと早めに空港に行って朝飯を食うことに

きょろパパが選んだレストランは、当然、韓国料理屋
 
ソウル 

きょろパパが最後の韓国食として選んだのは・・・

ソウル 

味噌チゲ定食!

やっぱり韓国のチゲはうまい!!


食べすぎで胃がもたれ気味というきょろママが選んだのは

ソウル 

おなかに優しいあわび粥定食

スープもついて、おいしいそう^^

特にごま油の醤油でいただく粥がとってもおいしかったそうです^^


ということで、きょろパパ家(と言っても二人だけ)の韓国旅行

初めての韓国でしたが、たっぷりとグルメ旅行を堪能してきました~~


でもさ、韓国って日本にそっくりなのね・・・

日本人も韓国人もまったく一緒の顔つきだし

結構どこでも日本語が通じるし
(注:スーパーのおばちゃんでも日本語をしゃべります^^;)

街の看板がハングルじゃなかったら、日本そのものだよねぇ・・・


そうそう、そういえば昔、ハンブルクで知り合った韓国人が

「韓国の製品は世界各国で売られているのに

 日本は韓国製品というだけでまったく売れない変わった市場だ!」

と言っていたことがあったけど、

韓国でだって日本の製品はまったく見なかったぞ

きょろパパは結構ヨーロッパとか旅行したけど

日本車がまったく走っていない国は初めて見た。

お互い様じゃねぇか~~!


ということで近くて遠い国、韓国旅行でした~~ 


では、次があるかどうかは分かりませんが、今回の号外はこれにて終了^^;

また会える日がくるのかどうかは、誰にもわかりませ~~ん。

でわでわ、ちゅ~~~す

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

号外・きょろパパ生存記 ~それからのきょろパパ(韓国編)その3~

さて、慶州から釜山に戻った夜

仕事を終えたOさんと合流

Oさんの案内で、釜山の料理屋にやってきました~~


港町釜山は、日本のようにおいしい刺身が食えることで有名

刺身好きのきょろパパは楽しみで仕方ありません^^

釜山


Oさんは釜山在住4年目で

韓国人に間違われるほど韓国語ぺらぺら

韓国語がまったくわからないきょろパパは

当然メニューなんぞ読めるわけもなく

すべてOさんお任せで注文してもらうと

釜山 

次から次へと料理が運ばれてきます。

釜山 

きょろパパの大好きなうにも

釜山 

すしやチヂミ・・・食いきれないくらいの料理が並びます・・・


こりゃOさん、おいらがはるばる(って言ってもそんなに遠くないけど)

日本から遊びに来たので、気ぃ利かせて相当奮発してるな・・・

そんなに一杯頼まなくてもいいんだけど・・・


と思っていると、


「これ、全部前菜ですよ」


というOさんの軽い一言・・・


「前菜・・・て言うと・・・」


「あ~~、日本式に言えばお通しかな。全部ただで出てくるんですよ。」


ぐぇ~~~!!全部ただ。これ全部、単なる突き出しなの!


「そうなんですよ。あんまりいっぱい出てくるから、いつも

 頼んだ物が出てくるまでに腹いっぱいになっちゃうんだけど・・・

 気に入ったものがあればいくらでも出してくれますから遠慮しないで・・」


いや、遠慮はしない。断じてしないんだけど、

これが全部ただとは驚き桃の木山椒の木!

すごいぞ韓国!!あっぱれじゃ・・・


韓国焼酎もたらふく飲んで、いい加減腹も膨れてきたころに

やっと注文品登場!

釜山 

あわびの刺身に

釜山 

白身魚のお刺身

Oさんが頼んだのはこの2品だけだそうな・・・やるにゃ~韓国!


釜山 

このお刺身

お醤油でもよし、韓国式に辛味噌つけて葉っぱでまいてもよし

う~~ん、こりゃうまい!!満足じゃぁ~~~



さて、いつもお金の話で恐縮ですが

Oさんが頼んだこの2品、日本で食えば数万円はくだらないと思いますが

Oさんいわく「それがこっちはすごく安いんですよ~」とのこと。

Oさんにおごってもらっちゃったけど、推定5~6万ウォン(4~5千円)と読んだ!


さて、釜山の刺身と焼酎をたらふく堪能した後は

定番の「場所替え!」・・・つまり二次会^^;

チャガルチ市場を覗いて、「また刺身か!?」と思いきや

釜山 

どんどんと薄暗い路地へ入っていくOさん・・・

釜山 

どこに行くのかと思えば・・

釜山 

ホルモン焼屋さんのようです。

いやぁ~~、こういう所は観光客が入るのは難しいねぇ・・・

さすがほとんど韓国人のOさん、連れて行ってくれるところが違います。

釜山 

さっそく焼酎の呑み直し。焼酎を頼むと・・・

凍ったタオルが巻いてあってよく冷えてます^^


釜山 

ここはホルモン焼屋、つまり内臓系のお店なので

突き出しはなんとレバ刺しと千枚刺し・・・

レバ刺しは好物中の好物というきょろパパ夫婦・・・

Oさん保障つきの鮮度のよさで・・・・

う~~~~ん、うまい

さっき刺身をたらふく食ったのに、すんなり入っていきます^^


続いてメインのホルモン焼

まず練炭でにんにくを焼いて

釜山

続いてミノ、ホルモン、レバーを豪快に焼いてくれます^^
 
釜山

そうそう、韓国の焼肉屋は店のおばちゃんが焼いてくれるのが普通で
 
釜山 

客は座って見てるだけ。食う専門です

おばちゃん、はさみで手ごろな大きさにカットしてくれ、

こちらもおいしい~~~^^

釜山 

ホルモンを焼くと大きな炎が・・・油のうまみが詰まってます^^

きょろママはこのホルモンが一番うまかったと大絶賛

こんなにうまいホルモンを前にして、さっきの刺身はどこへ行ってしまったのか・・・

腹いっぱいのはずなのに


「うまい!もう一人前お代わり~~~


お酒もお肉も進む君・・・

こんなことしてるからメタボになると、分かっていてもやめられません・・


さて、たらふくホルモン焼を堪能した3人

さっきOさんに刺身をおごってもらったので

今度はおいらが!とお勘定をお願いすると

なんとたったの3万6000ウォン(2900円)・・・・

う~~ん・・・すご過ぎるぞ、韓国!



さて翌朝・・・

夕べは呑みすぎて二日酔いかと思いきや

意外とすっきりした朝を迎えたきょろパパ・・・

朝飯食うべ!と街に繰り出し

釜山

昼間に見つけたマックでマフィンを食べました^^

昨日あんだけ食ったのにまだ食うかぁ~~!?


このマックの前にはPIFF広場っていう通りがあって

釜山 

釜山国際映画祭に出たスターの手形がたくさん飾られています。

日本を代表する監督

釜山 
 
ビートたけしの手形もありました。


さて、今日はソウルへの移動日

ホテルをチェックアウトして空港リムジンを待っていると

タクシーが次から次へと寄ってきます。

あるタクシーなんぞはリムジン乗り場に横付けして

じっきょろパパ達を見つめています。

「なんだ、こいつ!?」

と思ったら、どうやらきょろパパ達がリムジンをあきらめて

自分のタクシーに乗るのを待っているらしい。

緊迫した空気が流れること10分

無事空港リムジンの姿が見えたと思ったら、タクシーは

「ちっ!!」と舌打ちしてさっと消えてしまいました~~

まさにハイエナのようなタクシードライバー・・・これも韓国式か・・・


そうそう、釜山の空港は「キメ空港」って言うんだけど

ローマ字で書くとこうなる・・・

釜山 

最初

ぎ・・・ん・・・・は・・・え・・・?

と読んでしまったきょろパパ


なんだか、横浜に生息してそうな・・・

「ツッパリ ハイスク~ル ろっくんろ~~る♪♫♪~~」

と聞こえてきそうな気がしたのは、きょろパパだけでしょうか・・・・  つづく
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

号外・きょろパパ生存記 ~それからのきょろパパ(韓国編)その2~

さて、韓国2日目・・・

この日は車をチャーターして、釜山から1時間半

韓国の京都と言われる慶州見学に行くことにしました。


朝8時45分発だから、それまでに朝飯を済ませて・・・

そうそう、きょろパパ家が釜山で泊まったホテルは

フェニックスって言う安いホテルなんだけど

朝飯は別料金で一人16200ウォン、日本円で1300円くらい・・・


韓国に限らず、ホテルの朝飯って高いと思いませんか!?

ということで、きょろパパ家はいつも朝飯は頼みません

うまくもないホテルのメシより

街に繰り出して食べたほうがよっぽどいい・・・



ということで、朝7時半・・街に出てきましたが・・・

釜山
 

夜の喧騒が嘘のように、誰もいない・・・

店もない・・・・

歩き回ること15分、やっとこさコンビにを見つけて

仕方ねぇからパンでも買って帰るか!?

と入ってみると

釜山

店の奥にテーブルスペース発見!!


当然、日本語のできない店員のおっちゃんに

ガンツ日本語で


「すみませ~~ん!ここで食べていいの?」


と聞いたところ、おじさんの身振りから「おk!!」と判読


うどんとおにぎりを買ったら、おじさん、気前よくうどんを作ってくれました^^
 
釜山

ということで、釜山の朝飯・@・コンビニ・・・

ま、こんなところで朝飯食ってる日本人観光客も他にいねぇだろうなぁ・・・
 
釜山

きょろパパのお勧めはこのキムチおにぎり!

いかにも韓国っぽくてナイスでした^^


さてさて、この日は奮発してワゴン車&運転手をチャーター

慶州

この運転手さん、日本語も話せてガイドもかねてくれるので

面倒くさがりのきょろパパにはもってこいです。

料金も2人で180000ウォン(15000円弱)とまぁまぁなので

思い切って頼んでみました^^
 
慶州 

釜山から高速をぶっ飛ばすこと1時間40分

やっと慶州インターに到着です。

歴史の街だけあって、インターチェンジも凝った創りです


しかし・・・韓国人の運転って荒っぽいねぇ・・・

この交通ルールの無秩序さはイタリア人とタメを張りますなぁ・・・


さてさて、慶州は歴史の宝庫

かつて栄華を誇った新羅時代の王都で、運ちゃんいわく

「慶州見ずして韓国を語るなニダ!」というくらいの場所なんだそうな・・・

 
当然、慶州の2大必見スポット、仏国寺と石窟庵は世界遺産にも指定されており

まずは手始めに石窟庵を見学です。

慶州
チケット売り場から山門をくぐり

山道を歩くこと10分

慶州  

石窟庵本堂に到着です。

残念ながら、仏教国韓国では

仏像を撮影されることは禁止されているそうな・・・

内部は、ま、小っちゃい大仏があると思ってください・・・
(小っちゃくて大仏と言うのか!?という突っ込みは受け付けません!)



お次は多くの国宝があるという仏国寺へ。

慶州

入場してすぐの天王門は、四天王が睨みをきかせて守護しているそうな・・・
 
見よ!、この四天王のいかつい形相!・・・

と思いきや・・・

慶州

あら、意外と愛嬌のあるお顔・・・

そんなんで仏様を守れるのかしらん・・・・


さて、この仏国寺は「韓国の顔」(by運ちゃん)だそうで

慶州 

このアングルは超有名(by運ちゃん)とのこと・・・

きょろパパは見たことないけど

韓流ドラマが好きな人は見たことあるかも・・・


この仏国寺は、あちこちに国宝があるらしく

慶州 

この石塔もそのひとつ

なんでも10ウォン硬貨のデザインになっているそうです。

慶州

ちなみに10ウォン硬貨はこちら^^


さてさて、きょろパパは知る人ぞ知る遺跡フリーク(自称)で

歴史的建造物も大好きなんだけど

この仏国寺は今まで知りませんでした


うだるような暑さの中、フリークぶりを発揮して隅々まで見学

さすが国宝というだけあってそれなりに見事なのですが・・・

きょろパパの心にはそれほど強くは響きませんでした・・・


というのも、やはり日本の建築物と比べてしまうとその差は歴然

仏国寺も、見事な技法を使って建てられてはいるのですが
 
慶州

装飾が単なる「絵」なんですよ・・・・わかります・・・?

木材の掘り込みはやや大雑把で、これを綺麗に塗りつけて装飾してある・・・


ちなみにこちらは日光東照宮なんだけど

thumb5.jpg

複雑さがぜんぜん違うと思いませんか・・・? 

916c30339a6ec08de8c8654cb6fc7393_l.jpg 

壁や欄間も一つ一つが彫り物になっていて、ものすごく手が込んでいるのです・・・

こういう「すごいなぁ~~」と思える技術が大好きなのであって・・・

やっぱり色をつけただけでは、きょろパパ的には「・・・・」なのです・・・


ちなみにちなみに、こちらは東大寺の金剛力士像・・・

220px-Kongo_Rishiki_(Guardian_Deity)_at_the_Central_Gate_of_Horyuji.jpg 

同じ門番でも、韓国の四天王とはちと違うと思いませんか・・・?

ま、どっちが好きかっていう主観の問題だとは思いますが・・・


得意になって仏国寺を案内してくれる運ちゃんには言えませんでしたが・・

きょろパパ的には日本の圧勝!!

ま、日本人だから当然か・・・・



ということで、仏国寺見学の後はお待ちかねの昼食です^^


このチャーター車、運ちゃんの昼飯代と高速代はこちら持ちとのことで

運ちゃんご指定のレストランへやってきました

この日は運ちゃんお勧めの韓国料理「サムパブ」で
 
慶州 

要は葉っぱにご飯をまいて好きなキムチとおかずで食べる料理なのです。

慶州 

これが意外においしくて

慶州 

味噌チゲも付いて一人10000ウォン!

日本円にすれば800円くらいなんだけど、

次から次へと連れてこられる客は日本人観光客ばかり

どうやら地元民には超高めの料金設定のようです


そもそも、トルコのときもそうでしたが

韓国人はこういうところでは絶対に余計な金を使わない。

釜山の平均的な昼食代が3000~4000ウォンとのことですから

10000ウォンもするレストランに地元民は絶対に現れません。


つまりは日本人を中心とした観光客用の

相当高い料金設定となっていて

運ちゃんはマージンをもらっている様子なのです。


とはいえ、日本円にするとぜんぜん高くない。

おまけに「せっかくの旅行なんだから~~」と

勧められるままチヂミも追加注文!

慶州 

ビールとウーロン茶なんかも頼んじゃって、見事な鴨ねぎぶりを発揮してしまいました^^;


ま、日本人ってそんなもんだけど、お店の人にとっちゃいい鴨なんだろうなぁ・・・


「鴨がねぎ背負ってやってきた!」

ならぬ

「日本人がリュック背負ってやってきた!」

といったところでしょうか・・・


とはいえ、料理はしっかりおいしかったです


さて、食事の後は、王族が接待用に作ったといわれる雁鴨池や

古墳公園などを見学です。

慶州 

この古墳公園、わが埼玉県のさきたま古墳群によく似ていて

慶州 

公園の中は古墳だらけです^^

慶州 

中でもこの天馬塚は相当のお宝が発掘されたようで


慶州 

内部には王冠などの装飾品が数多く展示されていました。


そうこうしているうちに午後3時

今晩は釜山で友人のO氏とメシを食う予定なので

少し早めに切り上げて釜山に戻ることに

時間に余裕あるから、安全運転でお願いしますね^^;



運ちゃん「今から帰れば5時には余裕で着くニダ!」

「5時過ぎてもいいから、安全運転でお願いね・・・」

運ちゃん「それは別料金だけどよろしいかニダ!?」

・・・・・        つづく
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

号外・きょろパパ生存記 ~それからのきょろパパ(韓国編)~

きょろパパが日本に帰国して早3ヶ月半・・・

このブログは、ドイツでのきょろパパ家の生活を日本の友達に紹介するためのもの・・

当然、帰国に伴いブログは「閉鎖!」・・・・のはずだったのですが

最近、「きょろパパは死んでしまったのか!?」という不吉な問い合わせが相次ぎ・・・


「縁起でもねぇこと言うんじゃねぇ!!!」

生きてるぞ、死んでねぇぞ!!!


をアピールするため、番外編を書くことになりました・・・


が・・・・

ネタがない・・・


日本で毎日うまいもの食いすぎてプチメタボになった・・・では悲しすぎるか・・・?

あれこれ考えたけど、一番簡単なのは旅行ネタ・・・

ということで、夏休みの韓国旅行記を書くことにしました~~


いやぁ、しかし、ハンブルクにいるころから

「日本に帰ったら韓国行こうぜ!」

と言っていたのですが、帰国後、子供たちに「韓国行く!?」と聞くと・・・

「あぁ~~!?行かね!!」

「韓国ぅ~~!?いってら~~~お土産よろしく~~」

というつれない反応・・・当然といえば当然か・・・


「行く!行くぅ~~~~!!!」

と張り切ったのはきょろママだけでして

結局二人だけのプチフルム~~ン韓国旅行となったのでした・・・・



まずは、知人を訪ねて釜山へ!

釜山


いやぁ、しかし飛行機でたったの1時間半だもんね・・・

早ぇ~~~~なぁ~~



そうそう、何を隠そうきょろパパは韓国初体験!隠さなくても初体験!!

釜山と言えば

場末のスナックでおじさんが熱唱する定番歌

釜山港へ帰れ!で有名な


ちょ~よんぴる~♫♫


くらいしか出てこないくらいの薄学ぶりで

当然見所なんぞ知るわけもなく・・・

どこへ行こうかと思案したあげく・・・とりあえず一番目立ってた

 釜山

釜山タワーにやってきました。

ま、猿となんとかは高いところが好きっていうから、仕方ねぇか・・・


釜山タワーから絶景を堪能したきょろパパ

釜山

さて街でもふらつこうかと下に下りてくると・・

釜山

タワーのふもとに目ざとく韓国美人を発見

すかさず記念撮影

きょろパパと写真に納まる韓国美人のうれしそうな笑顔を見よ!


「あのさぁ・・・・それって誰が撮ってもおんなじ笑顔なんじゃないの・・・?


ん・・・!?ゆっ・・・・夢のねぇこと言うんじゃねぇ!!!



いやぁ、しかし、韓国って先進的なイメージあったけど・・・そうでもないのね・・・

釜山 

こんなところは数十年前の日本って感じだなぁ・・・

昭和のアメ横だとか呑んべぇ横丁って感じか・・・・

みんな道端でカキ氷食うわ

釜山 

トッポギやおでんだって「立ち食い!」


見てるとこれがうまそうで、きょろパパもいっちょ試してみようかと思ったんだけど・・・

道路脇の水道で鍋洗ってるの見た日にゃ

う~~ん、衛生状態がちと心配・・・・かな・・・


そもそもこの日のお目当てはトッポギではなく「冷麺!」

なんてったって麺星人のきょろパパには、はずすことのできない定番韓国料理!

韓国に行ったら真っ先に食うぞ!と決めていたのでした^^


あちこち歩き回ってうまそうな冷麺専門店を発見!

さっそく突撃~~~!


お店には高校生くらいのかわいいお姉さん(多分店主の娘・・・)が


♫+%#%%$♪#+*?$?(韓国語)


韓国語がまったくわからないきょろパパは写真を指差してご注文

釜山 

待つこと5分・・・お待ちかねの冷麺登場です!!

釜山 

きょろパパは定番の冷麺!

釜山 

きょろママはそば粉の冷麺「ミルミョン」・・・

長い麺ははさみでチョキチョキして食べましょう^^

釜山 

この冷麺屋さん、サービスに牛骨のスープがついて


う~~ん・・・うまそう!さっそくいっただっきま~~~す


う・・・うまい!!まじうまい!こりゃ感動もんだぁ!!

いや、本当にうまいんですよ、これが。


きょろパパが感動しながら、麺をすくいすくいお上品に食べてると

見かねたお姉さん、何が気に食わないのか

すたすたときょろパパのもとにやってきて

おもむろに箸を取り上げたかと思うと

豪快に麺を持ち上げて一気に麺と具を混ぜ始めました・・・・


あ゙~~~!!もう見てられないわ!!

 こ~~やって食べるのよ、こ~~~やって!わかった!!!??

(注:韓国語はわかりませんが、お姉さんの仕草から解読)



そうそう、そうであった・・・・

韓国では何でも「かき混ぜる文化!」

きれいに盛り付けたフランス料理も混ぜちゃう(?)という豪快なかき混ぜ文化の国にあって

冷麺食うときも、日本のラーメンのように淡々と食ってはいけません

豪快にぐちゃぐちゃとかき混ぜましょう・・・


いや、しかし、まじうまい。

二人とも、あっという間に「完・食!!」


釜山 

げぷ~~~・・・ごっそさん


いや~~、料理のうまさもさることながら、安さにも驚きですよ~~

冷麺2人前ときょろパパのビール、全部あわせて12000ウォン

日本円にして1000円ですよ、1000円!!

すばらしいぞ、韓国!!


さて、冷麺の後は南浦洞の街をぷらぷら歩いて

きょろママは「ピーチの生ジュース」なんぞを堪能

釜山 

釜山の夜はふけていくのでした・・・・


さて、明日は朝から韓国の京都といわれる慶州に行く予定だから

コンビニでジュースでも買って帰るべぇ!


ということで買ってみた韓国のお茶・・・

釜山 

う~~ん・・・・1個負けてる!    つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。