ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

マジメなお話~フォルクスワーゲン~

ドイツといえば車産業448が有名

メルセデスとかBMWとか、有名どころは南ドイツの拠点が多いけど

唯一フォルクスワーゲン社だけはお隣のニーダーザクセン州

ヴォルフスブルクに本拠を置いている。

 

サッカー日本代表元浦和レッズの長谷部選手が所属する

ヴォルフスブルク・・・

毎年のようにバイエルン・ミュンヘンが優勝するドイツブンデスリーガにあって

昨年見事に優勝をもぎ取った今最もホットなチームの本拠地

ここにはその名もアウトシュタット(車の街)という巨大施設があって

ワーゲンの博物館のほか車関係のパビリオンがたくさんあります。

きょろパパ家も早速行ってみました^^

 

ハンブルクから車で2時間448355

アウトシュタット 

目的のヴォルフスブルク、アウトシュタットに到着

アウトシュタット

早速チケットを買って入口のホールへ

たくさんの人でにぎわっています。

 

このアウトシュタット、巨大なブースがいくつもあり

アウトシュタット

いろいろな仕掛けでお客さんを楽しませてくれます。

日本のアムラックスを大きくした感じかな・・・

アウトシュタット 

中にはチョコレートを彫って車を作る機械があったり・・・

アウトシュタット 

日本食の軽食スタンドなんかもあって日本人にはうれしい^^

アウトシュタット 

ま、ラーメン10.5ユーロはちょっとお高いけどねぇ・・・

 

歴史博物館では

アウトシュタット 

車とフォルクスワーゲン社の歴史が見られます。

アウトシュタット

こんなクラシックな車から

アウトシュタット 

アニメに出てきそうなおちゃめな車まで色々・・・

この車なんか今にも喋りだしそうです・・・。

 

ここでマジメなお話。

 

日本でもおなじみのフォルクスワーゲン社

もちろんビートルがその代名詞ですが37

その歴史は波乱万丈・・・

 

ヴォルフスブルクの街は、1938年にナチスドイツによって建設されました。

ヒトラー率いるナチス党は国民の支持を強力なものにするため

「歓喜力行団」なる下部組織を作り上げます。

 

この歓喜力行団、スポーツやコンサート等の娯楽を一括管理し

これを国民に与えることによってナチスへの支持を拡大したのですが

その重要なファクターとして

当時、まだまだぜいたく品で一般国民には高嶺の花だった「車」に目をつけます。

 

一般大衆には手の出ない「車」を安価で提供して国民の支持を得るため

1938年、ナチスは現在のヴォルフスブルク市に車工場を建設しました。

そして、フェルディナンド・ポルシェをして安価な車を設計させ

その大量生産に乗り出したのです。

 

その車がビートルの原型となりました・・・

アウトシュタット

この車は当時「歓喜力行団の車」と呼ばれ

国民には大変喜ばれたそうです。

 

戦後、この街は米軍によって開放されナチスの管理が終わりました。

新たに「ヴォルフスブルク市」として歴史をスタートさせたのです。

アウトシュタット

歓喜力行団の車は生産され続けましたが、その名を

大衆(フォルクス)の車(ワーゲン)と変えました。

以後、フォルクスワーゲン社はドイツの中核産業として発展し

現在の姿があるのです。めでたしめでたし・・・

 

ってさ、実はこの話はドイツじゃちょっとセンシティブな話で

ナチスを巨悪とするドイツ国民の間ではあまり語られない。

もちろん博物館にもそんな記述はなく

輝かしく進歩していく車だけにスポットを当てています。

 

フォルクスワーゲン社はビートルとともに大きくなっていって

アウトシュタット

ビートル自身も日々進化を遂げていきました。

アウトシュタット

だからといって、何もこんなにキンキラキンにしなくても・・・

 

などととぶつぶつ言いながら、数々の車を眺めて館内を歩いていると

アウトシュタット

突然、何の変哲もない一台の古いビートルに出会います・・・

こうして展示してあるんだから何か意味があるんだろうと思ってよく見ると

このビートル、実はかの有名なビートルズのアビイロード

そのジャケットに登場したものらしい・・・ジョンレノン所有?

ワーゲン

う~~ん・・・小っちゃ過ぎてよう分からんが、

ジョージ・ハリスンの顔のところにあるのがそうらしい・・・

そう分かると、超庶民のきょろパパには

急に素晴らしい名車に見えてくるから不思議です。

 

その隣にはドイツらしくソーセージ屋の車・・・

アウトシュタット

ビートルズもソーセージ食ったのかなぁ・・・

他にもたくさんお車に出会えて面白い。

自分の生まれ年に生産された車とかを探しても楽しいです^^

 

このアウトシュタット、車の街というだけあって施設はこれだけではありません。

アウトシュタット

こちらはランボルギーニ館

その昔、ごたぶんにもれずスーパーカーブームにひたっていたきょろパパにとって

ランボルギーニといえば超超超スーパーカー

一体いくつのスーパーカーが展示してあるんだと期待して中に入ると

アウトシュタット

壁に1台のディアブロが貼り付けてあるだけ・・・

案内のお姉さんがやってきて

「これからショーが始まります!」

とさも得意げに紹介・・・

どきどきしながら待っていると・・・

ただ大音響の中スモークが出てくるだけ

思わず目が点・・403

ちょっと・・というよりすっげぇがっかりな施設でした・・・

時間がない人は行かない方がいいかな・・・

 

アウトシュタット

その他車のパビリオンがいくつもあって、こちらには現在の車が展示してあります。

アウトシュタット

アウディ館では新作のスポーツカーが人気を集めていました^^

ベントレーなどたくさんのパビリオンがあります。

 

フォルクスワーゲン関連は、さすがに本拠だけあって大きめ

アウトシュタット

こちらはプラネタリウム状の施設で360度フィルムを上映・・・

内容はあまり車とは関係ないんだけど・・・ま、それなりに面白い。

そのほかにも体験型の乗り物とかがあって、結構楽しめます。

 

アウトシュタットのシンボル、アウトトゥルムは

アウトシュタット

実際に車を出し入れする様子が見られます。

アウトシュタット

このタワーに車を停めるのは予約制とのことでした・・・

 

そのほか、広大な敷地内には巨大ブランコなどの遊具も備えられて

アウトシュタット

一日中楽しめる楽しい施設になっています。

一人14ユーロはちと高いけどねぇ・・・・390

 

おしまい

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

異常気象・・ハンブルク!

ハンブルクの夏は短い・・・301

例年、6月か7月に1週間から2週間程度

30度くらいになる日があるけど

それを過ぎるとすぐに涼しくなってきて

8月も終わりになると『秋深し』という感じになる。35

9月ともなれば薄手のコートが必要になって

やがて長くて暗い冬へと突入していく・・・

だからいつも今の時期、きょろパパは秋冬のスーツを着るのですが・・・

 

・・・ですが・・・・

今年のハンブルクは暑い!!388

8月も終わりというのに、先週なんか37度、今年一番の暑さ・・・

暑い・・といっても日本よりは過ごしやすいけど・・

でも今年は異常に暑い

おかげできょろパパはいまだにクールビズ継続中・・・

2年前はこの時期に娘が臨海学校に行って、

寒さに震えてたというのに・・・

これも世界規模の異常気象か・・・

 

この暑さのせいでハンブルクのシンボル、アルスター湖には

藻 

大量の藻が発生中・・

藻

普段から決して綺麗とはいえない水だけど・・

藻

こう緑に濁ってしまうとやっぱり美観を損ねる・・・

藻

まるでドブのような異様な光景に

アルスター湖の白鳥たちもうんざりなのでした・・・。 

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

すてきなすて~き!

ドイツに来て身にしみたことは

食い物がうまくない!406

ソーセージとかが有名で、うまいっていえばうまいんだけど

きょろパパ的には日本のソーセージも十分うまい。負けてない。

別にドイツのだからってありがたがることはないんじゃないかなぁ・・・

なんて思ったりする。

第一、米好き、魚好きのきょろパパにソーセージはいささかヘビーで

決して毎日は食えない。

露天でたまにつまむだけで十分・・・

 

こうみえても料理にはちとうるさいきょろパパ・・

きょろパパの持論は、「魚介をうまく食う工夫をしてない国の料理はまずい!」

この法則、意外と当たってる・・・229

日本人の口に合う料理はほとんどが魚介をちゃんと食べる国の料理

ギリシャ、スペイン、イタリア、ポルトガル・・・もちろん中華も韓国も

み~~んな魚介を上手に使って料理の幅を広げている・・・

そこいくと、ドイツ人はほとんど肉一辺倒

魚介の食い方を知らないからなぁ・・・

ドイツ人の魚といえば、焼くか酢漬けか燻製か。

貝類はあまり食べないし、イカ、タコに至っては悪魔扱い!352

ま、ドイツ料理があまりおいしくないのもうなずけてしまうのです・・・195

 

しかしドイツは肉食がメイン。じゃ、魚はダメでも肉はうまいんだろう・・・529

と思う人がいるかもしれませんが、

肉に至ってもきょろパパ的には日本の圧勝91・・・なのです。

きょろパパはいつも安い肉食ってるっていうこともあるけど、

ドイツの肉は硬い、臭い・・・400

肉を柔らかくするとかシモフリとか、ドイツ人には

そういった発想はまったくなし。ただ固まりをど~~~んと食う。

ドイツ人にとっては量こそ命・・・質は二の次のようです。

 

ドイツの豚肉を茹でると16

野生の猪を使った牡丹鍋の匂いがします・・マジで。

(牡丹鍋=猪鍋。猪は臭いので、食用イノブタを使う店が多い。それくらい臭い)

 

そんなドイツにもいくつかステーキハウスがある。 

中でも「ブロック・ハウス」は超有名&人気のレストラン。

昼時ともなればいつも長蛇の列・・ドイツ人かこよなく愛するステーキハウス345

どんなにうまいのかと、きょろパパ家も行ってみましたが・・・

・・・「どん」の方が10倍うまい。

大体肉が硬すぎる・・焼き方へたくそ・・・味付けがなってない・・・

・・・おまけに高い・・・61

あ~~あ・・・ドイツでうまいものに出会うのは奇跡に近い・・・のか・・

 

先日のこと・・・・

ギリシャ料理屋でイカの焼き物を食っていたきょろパパ

隣に座ったドイツ人のアベック・・・506513

おなごがきょろパパの皿をじ~~と見つめて・・・

 

513「何食べてんの?」

 

・・・イカだよ、イカ・・・

 

513「うぇ~~~~~!!イカだって!!」

 

・・・うまいよ・・・

 

513「おぇ~~、気持ち悪い!」

 

・・・・なんだ、こいつ359・・・

 

513「ねぇねぇ、あの人イカなんか食べてるわよ!」

 

506「あ~~イカねぇ。俺もくったことあるぜ!」

 

513「えっ、あんたイカ食べたことあるの!?」

 

506「あるさ。」

 

513「どうだった?」

 

506「あ~~、まるでゴムを噛んでるみたいだったな。」

 

513「だよね~~・・・よくあんなもん食べるわよね~~」

 

・・・おいねぇちゃん、ちょっと待てや!359

 な~~~にが「ゴムみたいよね~」だ、この~~

 おめ~らが日々食ってる肉に方がよっぽどゴムだろう!

 魚介のよさもわからん味音痴が、偉そうに人の批判するんじゃない!

 

こんなことが日常茶飯事なのです。

あ~~、ドイツでうまいもの探すのは本当に至難の業だ・・・

もちろん、高い金を出せばおいしいもの食えるけど

ただでさえ労働対価の高すぎるドイツ・・・

ちょ~っと手を加えただけで値段がど~~んと跳ね上がる。

費用対効果を考えれば、自分で作った方がよっぽどいいのです・・・390

 

と、ほとんどの日本人同様あきらめムードのきょろパパだったのですが・・

あるところにはあるんですねぇ・・・ドイツでもうまい肉屋

しかもお手ごろ価格・・・というより、安い!

 

悲観的なきょろパパを見かねた友人が紹介してくれたステーキハウス

ステーキ

デルタ!

ここは肉市場なんだけど、その一角でステーキが食える

こりゃ行くっきゃないと張り切って行って見ました。

 

目印はこの牛529

ステーキ 

 まるでインドの路上のような光景です。

ステーキ 

牛君「食べて!私を食べてぇ~~」・・・これでカエル君535がいれば完璧!

一階の肉市場には豊富な肉が買えます・・

あまりスーパーでは手に入らない牛タンも常備!

うれしいじゃありませんか~398

ステーキ 

もちろん生ハムは丸ごと1本、豪快に

 

もちろんついでに牛タンをお買い上げたきょろパパ

ステーキ 

さっそく2階にあるお目当てのレストランへ・・・

 

きょろパパは上品にサーロインステーキ250g

ステーキ

付け合せのジャーマンポテトと

ステーキ

サラダのセットで20ユーロちょっと・・・なんですが・・

このステーキ・・・・

「どうせドイツの肉だろう!期待しない!!できない!!!」

とかなりネガティブなきょろパパを一発でうならせました・・・405

 

・・・うっ・・・うまい!うまいぞ~~ドイツ!

 何だ何だ、ドイツにこんなうまい肉あったのか!?

 ソースの味もいい。焼き方も最高!うまい!うまいぞ~~!!

 

きょろパパのドイツレストランの評価がひっくり返った瞬間でした・・・

 

さらに・・・

きょろママはリブステーキ・ランチをご注文

ステーキ

まず最初にねぎのスープ・・・単なるねぎなんだけど、

これがまた上品でおいしい・・・

きょろパパも一口・・ズズズ・・・うっ、うまい!398

 

メインのお肉は・・・

ステーキ

ど~~~~ん!

・・・でかっ!!405

目を疑うようなデカさ。うぉ~~・・さすがドイツ人仕様だ・・・

付け合せのポテトと、お口直しのザワークラウトが付いて

きょろママ、思わず目が点・・・・

 

209「食ったろ~~じゃんかぁ~~~!」

 

きょろママの大食い魂に火がついた模様

(ここからは早送りで・・)

ステーキ

カチャカチャカチャ・・・・

むしゃむしゃむしゃ・・・

 

209「ふん、ほいひいほいひい!!」・・(=うん、おいしいおいしい)

 

 

ステーキ

カチャカチャカチャ・・・

むしゃむしゃむしゃ・・・

 

食っても食っても減らない肉と格闘すること30分・・・

 

206「ふぅ~・・・食ったぁ~!!も~~食べれない!」

 

・・・もう食べれないって・・・全部食ってんじゃん・・・

 

209「も~~何にも入んない!!くるし~~」

 

・・・そんだけ食えばそうだよねぇ・・・

 

そこにウェイトレスが・・・

「デザートのケーキでございます!」

 

209「えっ、デザートがつくの!?」

 

・・・残念だったなぁ・・・もう食えないよな!?・・・

 

209「何言っちゃってるかなぁ?デザートは別腹よ別腹!!」

 ステーキ

このデザートも、上品で繊細・・・ドイツらしからぬお味で美味・・とのことでした。

 

このランチセット、これだけついてお値段何と9.5ユーロ・・・

たかた社長もびっくりの超大特価!お得ぅ~~^^

2人でステーキランチ食って30ユーロとは、ドイツでは超安価!

おまけにお味は最高、ボリューム満点

きょろパパも大満足のレストランでした!☆☆☆☆☆221411

 

209「ねぇねぇ・・食後のコーヒー飲んでいい?」

 

・・・えっ、もう何も入んないって言ってたよねぇ・・・?

 

209「別腹よ、別腹!!」

 

・・・母は強し!!・・・ 

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

スペ飯

さて、またまたマヨルカねた・・・

今回は食べ物の紹介です^^

 

きょろパパ家のマヨルカ旅行はアパートメント滞在・・

基本的に自炊なんだけど、いくつかのレストランにも行ってみました。

 

まずはホテル近くのレストランで軽めのディナー

マヨルカ

名物のオムレツ・・・

日本のようにふわふわ感はなく、どっちかって言うと玉子焼き・・・

まずくはないけど・・・・・・ただの玉子焼きだな!

マヨルカ

イカリング・・・

ドイツ料理にはイカやタコはないけど15

やっぱり豊富な魚介ってのは日本人にうれしいです・・・

 

続いてパルマのレストラン・・

マヨルカ

ムール貝のトマトソース煮・・

本当はハマグリが食べたかったんだけど・・

506「今日は売り切れだよ~~ん」・・・残念!

でも粒も大きく柔らか・・・・とってもおいしかったです398

マヨルカ

子どもはチーズのサンドイッチ・・・軽食に最適

 

この他、名物のコロッケも食べてとってもおいしかったんだけど・・

写真撮るの忘れた><;

 

マヨルカ

ドイツのレストランでもそうだけど、

スペインでも料理を注文すると漏れなくパンがついてきます・・・

ドイツはパンだけ「ドカっ!」って出されるんだけど・・

スペインはトマトジャムとオリーブもついてくる・・

マヨルカ

このトマトジャムがまたおいしくておいしくて・・・

オリーブの実も、ドイツのとは全然ちがってスペインのはうまい・・398

何でこんなにうまいんだ・・・?と思って後でスーパーで見てみたら、

スペインのオリーブはいわしなんかの小魚と一緒につけるらしい229

おかげで魚の旨みが染み出てるのです。

なるほど・・魚の食い方知らないドイツ人にはない知恵だな・・・

日本人的には感激ものです^^

実はきょろパパもきょろママもオリーブの実はあまり得意じゃないんだけど・・

スペインのオリーブは2人でバクバク食べてしまいました410

もちろん、後でスーパーでお土産用に買ったのは言うまでもありません。

 

さて、スペインはパンも豊富です。

マヨルカ

パン&甘いものが苦手なきょろパパは好んで食べませんが・・

マヨルカ

でもまじでうまそうなパンが至るところに並んでいます。

しかも安い・・・こりゃいいなぁ・・・

マヨルカ

中でもマヨルカ名物エンサイマダスは超有名

ふわふわのパンに粉砂糖を振りかけただけの単純なものなんだけど・・

娘、感激406!・・・うま~~~~い!ドイツのより全然おいしい!!

との好評価・・・

 

マヨルカ 

このエンサイマダス、手のひらサイズの小さいものだけでなく

ピザ大の大きなものまでサイズいろいろ・・

一発でエンサイマダス・ファンになった娘は

・・・お土産に大きいの買ってく~~

 

さっそくお持ち帰り2箱注文・・・

マヨルカ

お姉さんがたっぷり粉砂糖を振りかけてくれて

1個11ユーロ・・・

マヨルカ

空港にはお土産にエンサイマダスの箱をぶら下げた人をあちこちに見かけます。

 

さて、何と言ってもスペイン名物と言えばパエリヤ

きょろパパ家も本場スペインのパエリヤを注文してみました・・・

作り置きは利かないため待つこと30分

程よく酔っ払ったころにパエリヤ登場・・・う~~ん、感激!

マヨルカ

このレストランには他にドイツ人客がいっぱいいたんだけど

注文したのはきょろパパ家だけ・・・

なのに、ワゴンに乗せられてパエリヤが運ばれてくると

みんな口をあけて「あれは何だ!?」とばかりに眺めてる・・・

ドイツにもスペイン料理屋あるのになぁ・・・

パエリヤ知らないわけじゃないだろうに・・・

ま、魚介をあまり食べないドイツ人にはもったいない食べ物か・・・

マヨルカ

このパエリヤ、レストランのおじさんが取り分けてくれます。

マヨルカ

米と魚介にはうるさいきょろパパなんだけど、

お米の火の通り具合は絶妙、魚介の旨みはたっぷり

こ~~んな街中のなんていうことないレストランなんだけど・・・

大満足の一品でした^^・・・うまい!

 

おまけに・・・マヨルカで見つけたもの

マヨルカ

マヨルカ版きのこの山・・・

きょろパパも早速食ってみましたが・・・

日本人的には明治の圧勝!!

 

マヨルカ

こちらはスーパーで見つけたスペイン版蚊取り線香・・・

う~~ん、懐かしい・・・

効果のほどは・・定かではありません・・・。

 

ということで、大満足のマヨルカ旅行

4泊5日の旅はあっという間に終了・・・

 

実はきょろママ、あまり海が好きではない。

日焼け&砂で汚れるのがお気に召さないようで

日本ではほとんど海に行かない・・・いつもプール・・・

でも、そんなきょろママが

 

209「本当楽しかった。ドイツに来てから、

  旅行に来て帰りたくないって思ったのは初めてかもしれない。

  こんなに楽しいならもっと早く来て

  毎年夏はマヨルカで過ごせばよかったね・・・」

 

というくらいの高評価でした。

来年は日本に帰っているきょろパパ家

気づくのがちぃ~~とばかし遅かった・・・・

 

マヨルカ編・・おしまい

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

フォルメントール岬

さて、マヨルカで泳ぐのは何もホテルの前のビーチだけじゃ能がない・・

聞けば島の北東にはフォルメントールという岬があって481

そこのビーチはドイツ人も一目置く憧れのビーチとのこと。

 

ま、ドイツ人の感覚だからなぁ~・・・390

過剰な期待は止めとくに越したことはない・・

でも、「北東のはずれ」と聞いては

端っこ好きの日本人の血が騒ぎ出す・・82

こりゃ行くっきゃない219

 

ということで、フォルメントールの岬目指して

ドライブ&海水浴にしゅっぱ~~つ355

 

ホテルを出て細い道を行くと

マヨルカ

道の両側に広がるオリーブ畑・・・南国ムードたっぷり398

マヨルカ

北へ北へと進むこと1時間、やがて山が見えてくる・・

 

・・へぇ~~・・マヨルカの島にも山があるんだぁ・・

 

マヨルカ

やがて道はだんだんと登りに差し掛かり

マヨルカ

気づけば海は遥か下方に・・・

マヨルカ

いやぁ・・・こういう所来ると数十年前を思い出しますなぁ・・・

 

・・・車はマニュアル・・・219

・・・峠の一本道・・・221

・・・対向車は少ない・・・398

 

これで車体に『藤原とうふ店』と書いてありゃ言うことなし!

 

こりゃ耐えられん・・・きょろママ、子どもたち、しっかり捕まってろ!

キキキキキィ~~~ブオ~~ン・・・355355355356

 

青ざめる家族・・・399

車の中ではしゃいでいるのはきょろパパだけでした・・221411

 

楽しいドライブ?さらに険しい山道を進んでいくと

何といきなり目の前に断崖絶壁の絶景が広がってきました・・

マヨルカ

たくさんの車が止まっていて・・・どうやら観光スポットらしい

ちと行って見るべじゃねぇかい・・・

マヨルカ

駐車場に車を停めて絶壁の上の遊歩道を歩いていくと・・

マヨルカ

眼前に広がる雄大な景色・・・

いや、ここ知らなかったけど ・・・いい!410

綺麗、雄大、すごい!

マヨルカ

切り立った崖から下を眺めると・・・澄んだ水

いやぁ・・・きょろパパはやっぱり高いところが好きだな

思わず見とれる絶景でした^^

行ってよかったぁ~411

マヨルカ

さて、その後さらに車を進めて448355

またイニシャルDばりに今度は山道を下っていくと・・・

マヨルカ

やってきましたフォルメントール海岸466

 

・・・意外と人少ねぇなぁ・・・

確かに小ぢんまりしててきれいなビーチだけど・・・

ドイツ人の憧れっていうほど人いねぇじゃん・・・403

やっぱドイツ人のガセネタか・・?

おかげでこちとらのんびりできるぜ^^

マヨルカ

と暢気に海水浴に励んでいたら

マヨルカ

続々とやってくるフェリー・・108355

蟻の巣から這い出てくる蟻の大郡みたいに

ゾロゾロぞろぞろと人が降りてくる・・・106106106106106106106106106106106

マヨルカ

あっと言う間にビーチは満員御礼・・・308

 

・・・そっか・・・金持ちは自分で運転するんじゃなくて

島のあちこちから優雅に船でここまでくるのね・・・

どーりで道路がすいてると思った・・・

 

フォルメントールのビーチは確かに綺麗だったけど

ま、マヨルカの海はどこに行っても綺麗だから466

特別視するほどのこともないと思うんだけどなぁ・・・

きょろパパ的には展望台の景色の方がお好き398

 

あまりの混雑振り(といっても日本よりはましだけど・・)に

たった2時間でビーチを跡にしたきょろパパ家でした・・・

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

パルマ

さて、今日はパルマの街をご紹介301

マヨルカは「パルマ・デ・マヨルカ」というのが正式名称らしい・・・

ということで、パルマは島の中心地なのです。

 

宿から車で1時間、パルマの街に繰り出しました・・・。

マヨルカ

まずはパルマのシンボルと言われる大聖堂「カテドラル」・・・259

マヨルカ

いやぁ~・・・でけぇ・・・

 

しかし、このカテドラルはでかいからいやでも目につくけど、

マヨルカって日本人にはあまり人気がないのか

「○球の歩き方」とか「ル○ブ」なんかを見てもほとんど記事が出てない。

カテドラル以外どこに行ったらいいのかも分からんので、

まずツーリスト・インフォメーション行って地図もらってこなくちゃな・・・

 

さっそく街の看板に示された「i」マークに赴くと・・・

マヨルカ

これがパルマのインフォメーション・・・・

・・・・移動式・・・露天・・・いかにもラテン・・・

お姉さまは美人で親切でしたが・・とっても暑そうでした・・

 

しかしマヨルカは本当に南国ですねぇ・・・301

近くのお土産屋さんに入ったら

マヨルカ

店の中まで南国仕様・・・

こりゃ財布の紐も緩んでしまうというものです・・・398

 

さて、お次はインフォメーションでもらった地図を手に

マヨルカ

マヨルカ王の別荘だったというお城にやってきました。

その名もベルベル城・・・”眺めの良い城”という意味らしいです。

ベロベロ城・・酔っ払いの城・・ではありません^^

 

今は枯れてはいますが・・・

マヨルカ

お城の周辺お堀に囲まれていて要塞の雰囲気を醸し出しています。

マヨルカ

このお城、珍しい「円形」をしていて屋上からは360度景色が見渡せます。

マヨルカ 

屋上から見たパルマの街・・・

いやぁ、まさに”眺めのいい城”という呼び名にふさわしい絶景・・

マヨルカ

ハクション大魔王も大喜びです^^

 

さて、このパルマ市街・・・

翌々日(最終日)にお土産を買いにもう一度訪れると、

マヨルカ 

街のあちこちでやけにお巡りさんの姿を見ました。

マヨルカ

パトカーもやけに多い・・・

マヨルカ

自転車に乗ったサイクリングルックなお巡りさんも・・・

マヨルカ

交差点という交差点にはパトカーが配置され・・・

マヨルカ

ショッピングでにぎわう通りには白バイが・・・

マヨルカ

一昨日来た時はこんな厳重な警戒はなかった・・・。

なんだか、街中のパトカー総動員みたいな騒ぎに

マヨルカ

ひょっとして・・また爆弾テロがあったか・・?

と、少し不安を抱えながら歩いていると・・

 

いきなり目の前で「ドカン32」という音が・・・

 

うぉ~~・・・・今だに宝くじにも当たったことないのに・・・399

いきなり爆弾に大当たりかぁ~~?

 

まぶたの奥には、506「そ~~ら、言わんことかぁ!」と

にっこり微笑む411同僚の姿が浮かぶ・・・

 

・・・っと、爆弾にしてはやけにちゃちぃ音だな・・?

大体誰も騒いでねぇし・・・

 

と思って周りをよく見ると

マヨルカ

パトカー、バリケードに激突!

お巡りさん、みんなに笑われるの図・・・

マヨルカ

これが問題のパトカー・・・

バリケードに激突して路上にクーラントぶちまけて・・・

隣で恥ずかしそ~~にレッカーを要請するお巡りさんを尻目に

きょろパパも思わず写真撮っちゃいました。

 

・・・ふぅ~~、爆弾じゃなかった・・・脅かすんじゃねぇ!

 

この厳重な警戒、爆弾騒ぎとは全く関係なく、

なんとスペイン国王がカテドラルを訪問するに際しての

大警備とのことでした。納得・・・20

 

・・いやぁ・・これが天皇陛下だったら間違いなく見に行くんだけど、

 スペイン国王って誰だか知らねぇし・・パスパス!222・・

 

とうことでお土産買ってさっさと帰ったきょろパパ家でした。

めでたしめでたし・・・

 

しかし後日談・・・

きょろパパ家がパルマの街を訪れた翌日

ドイツの新聞・・・

マヨルカ

パルマの街でまたまた爆弾テロ!

海岸は閉鎖!

との新聞記事が・・・ 12

 

いや、冗談抜きで危なかったねぇ・・・404

爆弾テロがあった2日後にマヨルカに行って

帰って来た翌日にまたまた爆弾テロ

爆弾と爆弾の間にマヨルカを旅行・・・

 

同僚からは

506「実におしい!!かすった!!」

という暖かい励ましのお言葉・・・

 

「大きな事件や事故に巻き込まれることもなければ

 宝くじに当たることもない平々凡々な市民」であることを

ちょっとだけ誇りに思った瞬間でした・・・

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

ドラック洞窟

マヨルカはもちろんビーチが売り!

海での遊びには事欠きません・・・466

しかし、こんなマヨルカでも売りはビーチだけではありません。

しっかりと観光名所も備わっています。

中でも一番人気がドラック洞窟219

マヨルカ島最大の鍾乳洞です。

きょろパパ家もさっそく見学に行ってみました・・・。

 

マヨルカ島の中心地、パルマからは遠いけど

きょろパパ家の泊まったホテルからは車で15分448355

いやぁ~・・近い近い・・

 

このドラック洞窟

入場時間が制限されていて1時間に1回しか入れません。

きょろパパ家の狙いはもちろん、一番すいている朝一、10時の回

 

地図を握ったきょろママのナビに誘導されて

やってきましたドラック洞窟!

 

マヨルカ 

おぼつかないナビでちょっと心細かったけど・・・無事到着!

マヨルカ

きょろパパ家も早速並んでチケット購入・・・

子ども料金なし一人10・5ユーロ・・・・

4人で42ユーロ・・・結構高い><;

 

チケットを片手に入口に向かって歩いていくと・・・106

マヨルカ

うわっ、なんだこりゃ・・・ゲルマン民族大移動か・・・?399

いきなり入場待ちのドイツ人軍団に行く手をはばまれました・・。

う~~ん、さすがに観光シーズンだなぁ・・・

朝一とはいえ混んでますなぁ~~393

 

さてこのドラック洞窟、中は大したもんなんだけど

残念なことに写真撮影はNG!358

ところどころに監視員のおじさんが目光らせてるのです。

きょろパパ的には

・・・ちょっとぐらいい~じゃん、ケチ!403・・・

ってな感じなんですが、何が何でも撮影禁止!

う~~ん、残念だけど仕方ないかぁ・・・

 

内部見学は所要1時間

スペイン語、ドイツ語、英語、フランス語を話すおッちゃんが

ところどころ立ち止まっては見所を解説してくれます。

 

・・おっちゃん、おしいなぁ。日本語ができればパーフェクト!・・

 

この美しい洞窟、写真に残せないのは残念!と思いながら

見学を終了して洞窟の出口付近に来ると・・・

マヨルカ

待ってましたとばかりにお土産屋登場・・・

しかも撮影禁止の洞窟内部を写した絵葉書セットを売ってる・・

 

・・・おいおいマヨルカ人、商売上手でんなぁ~391

  関西行っても通用しまっせ!・・・

 

ということで、中の写真撮れないでもやもやしてたお仁はみなさん購入

典型的な庶民きょろパパも漏れなく購入

ま、10枚セットで2ユーロだから許してやるか・・・

 

ということで、以下絵葉書の抜粋

マヨルカ

写真が光ってて見づらいけど、

鍾乳洞のスケールとしては大きい方だと思います。

マヨルカ

地底湖の水はどこまでも透き通っていてとても綺麗

 

でさ、きょろパパ的常識では鍾乳洞の中は寒いもの・・・

わざわざ荷物の中から唯一の長袖を引っ張り出して

張り切って見学に行ったのはよかったんですが・・・・

ここの鍾乳洞は寒くありませんでした・・・むしろ心地よい!

 

こんなところを30分ほど見学すると、

最後には巨大な地底湖の前にセットされた椅子に座らせられます。

まるで地底湖を眺めるための劇場・・・

 

例によっておっちゃんがスペインなまりのドイツ語と英語とフランス語で

あれこれ説明してくれます。

 

・・・いやぁ、おっちゃんじつに惜しい!

  日本語も勉強しとき!・・・

 

おっちゃんによると・・・

506 「あ~~、今からこの地底湖で船に乗った楽団が演奏をします。

  ここは音響がよく、立派なコンサートホールです。

  幻想的な雰囲気と優雅な音楽をお楽しみください。

  撮影は絶対禁止、何が何でも禁止です!

  撮ったら地底湖に沈めるからね!」

 

・・・ほえっ・・?と思って見ていると・・

奥の方から電飾された手漕ぎボートが3台・・・

マヨルカ

楽団とは少々大袈裟な、バイオリンとオルガン、チェロの3人だけが

このボートに乗って、ゆったりとした進みにあわせて音楽を奏でます。

これが実にいい音色なんですよ~^^

たしかに音響は素晴らしい・・幻想的な雰囲気もよい!

 

20分あまりで演奏は終了

淡い音楽を響かせながら、船は彼方へと消えていきます・・・

 

506「は~~い終了です。ここで無料サ~ビス!!

  このボートに乗りたい人は、向かって左手のボート乗り場へどうぞ。

  地底湖から眺める鍾乳洞をお楽しみくださ~~い!

  乗りたくない人は、そのまま右手の出口へど~ぞ・・・

  では、あでぃお~~す!」

 

この瞬間、観客が一斉に左手にむかってドドドドド~~~~355356

 

・・・おぉ・・・またまたゲルマン民族大移動!

 大和民族も負けておられん。こどもたちさっさと行くぞ~~・・・

 

そうそう、こういうときのドイツ人は絶対に並びません。

脇だろうが上だろうが下だろうが、

隙があればどこからでも割り込んできます。

きょろパパ家もガードを固めて順番待ち

 

待つこと5分、順番が回ってきたと思ったら・・・

・・・が~~~~ん・・・

一緒に乗るご婦人・・・で・か・す・ぎ・・・288

きょろパパ家他11名が先に乗って待っていると・・

ご婦人、「ど~~っこいしょっ355」とボートへ乗り込んできます。

 

その瞬間ボートがぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐ~~~・・・

おぉ~~・・タイタニックの再来かぁ・・・!

 

先に乗ってる15人「うぉ~~・・・勘弁しろよ~~・・・399

 

ご婦人「あらま、えんとしゅるでぃぐん・・・」

 

やっぱドイツ人か・・・

 

この地底湖ボート、たったの100メートルだけなんだけど、

水にも触れて眺めもぐ~!とてもよかったです^^

 

いやぁ・・鍾乳洞といい音楽といいボートといい

さすが島で一番人気の観光スポット

実に楽しませていただきました。398

楽しませていただきましたが・・・・

ボートには体重制限設けてほしいなぁ・・・

切なるお願いです・・・421

 

つづく 

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

マヨルカ・サイクリング

さて、マヨルカの楽しみ方は何も海だけではありません。466

ホテルのバルコニーで海を眺めながらビールを飲んでいると・・275

海岸沿いの遊歩道をたくさんの自転車が走り抜けていきます。

 

あ~ゆうのもいいねぇ・・・398

と思いながら眺めていると・・・

マヨルカ

うぃ~~~~~~ん355355355

とうなりをあげて走る電動自転車が・・・

・・・・にんっ410

次のお遊び見~~っけた!!

さっそく街の貸し自転車屋へゴ~~355356

 

マヨルカ

ホテルから1分、ほど近くにある貸し自転車屋・・・

はたしてお目当ての電動自転車があるかなぁ?と思っていたら

マヨルカ

ドイツ人爆走!355

 

さっそくきょろパパ家も・・・

 

「あのぅ・・・この電動自転車4台貸して!」

 

506「OK。30分1台7ユーロだ!」

 

おっ、まずまずの値段だなぁ・・

「ところで免許はいるの?」

 

506「そんなもん必要ないぜ!ってか意味ないな!」

 

「意味ない!?・・どういうこっちゃ・・・ま、いいや。

 うちの娘は13歳なんだけど乗っていいの?」

 

506「かまへんかまへん!」

 

・・・ふ~~ん、随分簡単なんだなぁ・・・・

 

506「あっ、一つだけ注意があるね。これ乗って街の方行くと

 お巡りさんに捕まるからなるべく反対の方に行ってね。

 捕まったら罰金20ユーロね^^」

 

「おいおい、捕まったらって・・これやっぱ違法なんじゃないの!?」

 

506「かまへんかまへん!」

 

・・・う~~ん・・さすがにラテンのノリ・・楽しけりゃいいってか・・

マヨルカ

ということできょろパパ家も郷に行っては郷に従えと

さっそく電動自転車お借り上げ~~

マヨルカ

さっそく海岸沿いを爆走・・・

これって思った以上にスピードが出て面白い398

日焼けした肌に流れる空気が気持ちよいのです^^

 

さて・・・ついでにマヨルカのサイクリングをご紹介

なんてったってきょろパパ家は

4日連続していろんな自転車を借りた超お得意さん!!

最初の1日だけIDカード見せろって言われたけど・・後は顔パス

ま、店にしてみりゃカモだな・・・・

 

マヨルカ

ということで、きょろパパ家が次に借りたのはは4人乗り自転車

1時間7ユーロ!

マヨルカ

これって車体が大きくて結構運転しづらい・・・

子どもに運転を任せてきょろパパはきょろママと一緒に後ろの席へ・・

子どもたちの運転に、走ってる間中ひやひやドキドキでした・・・388

CIMG5841.jpg

ちっちゃいお子ちゃまのいる家族はお馬さん号

グループ構成にあわせていろんなタイプの自転車があるのです。

 

きょろパパ家の泊まったミラー海岸は、

海沿いに遊歩道&サイクリング道路が整備されていて

自転車も散歩も快適!

海岸沿いをゆっくり走っていると・・・

マヨルカ

砂のお城発見・・

本当は写真撮るのに金取られる・・・61

黄色いTシャツのお兄ちゃんが無断撮影しないように見張ってるんだけど・・

きょろパパは間髪いれずに撮った・・・してやったり221398

ビーチパラソルの集金人には負けたけど、このお兄ちゃんには勝った^^

 

マヨルカ

海岸をパトロールする白バイのお巡りさん・・・

ってここは遊歩道&サイクリング道路だろ・・・堂々とバイクで走るってどうなのよ?

ま、これもラテンのなせる業か・・

 

ラテンといえば・・・

マヨルカ

ロバ引きの少女・・・・?

深く追求しないでください・・・撮った本人が一番驚いてます・・・399

 

お次はノーマル自転車

マヨルカ

価格はなんと1台丸々1日3ユーロ

あの「たかた」社長もびっくりのお手ごろ価格なのです^^

マヨルカ

いやぁ~~、しかし天気のいい日に海岸沿いを優雅にサイクリング

これまたいいですなぁ~~398

 

こうしてサイクリングを楽しんでいると時間を忘れます。

マヨルカ

あっという間に夜になり・・・ビーチからは人影が消え・・・

マヨルカ

となりのホテルではプールサイドショーの始まり・・・

島全体が昼とは違った夜の顔になっていきます。

 

いやぁ~~、本当優雅だねぇ~~

うちもレストランで豪勢にお食事といくかい!?

 

209「あんたがお金出してくれるならいいわよ!」

 

・・・・う~~ん404・・・・やっぱやめた・・・

せっかくキッチン付きだから、今日はスパゲティ茹でて食おう219

 

205206「えぇ~~~!!!つまんな~~い、レストラン行こうよ~!」

 

209「ほら、あんたが調子にのって変なこと言うから・・・

 子どもたちぬか喜びさせた罰として、あんたが料理当番!」

 

・・・あい、作らせていただきます・・・・436

 

ということで、きょろパパ特製トマトソースパスタ

うぃずイベリコ豚生ハムのサラダ・・・のできあがり

マヨルカ

これをバルコニーで食って隣のホテルのショー眺めてりゃ

うちも気分はリゾートだぜ221410

 

つづく

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

マヨルカの海

さて、マヨルカでの最大の目的何と言ってもビ~~チ!!301

466!!水着の~~~ギャ・・・・・ル・・・・336

 

209「あ゙~~っ!?」

 

・・うっ、きょろママの視線が・・・痛い・・・404

マヨルカ

とうことで・・

きょろパパ家も時間の許す限りビーチに繰り出しました。

マヨルカ

ハンブルクからはビーチボールしか持参しなかったので・・・

さっそく大きな浮き輪を現地購入・・・9.9ユーロなり

マヨルカ

ビーチには日よけが整備されていてサマーベットもある

夕方4時以降は無料で開放されるんだけど

朝から借りるとお金取られちゃいます・・・

集金人が目ざとく利用者を発見するのです。

きょろパパ家も何とかちょろまかそうと頑張ったんですが・・・

集金人の圧勝!!きょろパパ完敗・・・17.5ユーロ徴収・・406

 

しかしマヨルカの海は綺麗なんです398

マヨルカ

水はどこまでも澄んでいて・・・とても綺麗^^

マヨルカ

『海』といえば湘南か大洗・・・百歩譲って伊豆の白浜しか知らないきょろパパは

間近にある綺麗な海にひたすら感動410

 

マヨルカ

夕方5時過ぎでもこの暑さ&明るさ・・・

7時過ぎまでは普通に泳げちゃいます・・

う~~ん、これぞサマーリゾート・・・301

 

マヨルカ 

とりあえずオーソドックスに浮き輪で海遊びした後は・・・

マヨルカ 

きょろパパ、バナナボートに目をつけました。

このバナナボート・・・

バナナ型のゴムボートにまたがってモーターボートに引っ張ってもらう・・

たったそれだけ。お一人様10分で10ユーロ・・・

高いのか安いのか分からないけど、ま、遊びに来てケチケチするな!!

マヨルカ 

ということで、きょろパパ家(きょろママを除く)もさっそく挑戦!

マヨルカ 

救命胴衣を着けて・・

不安定なバナナ型ゴムボートにまたがり、いざ出陣355

マヨルカ 

このバナナ君、見た目以上に不安定なんです・・・

モーターボートの運ちゃんは客を振り落とすか落とさないか

ぎりぎりのところで絶妙の運転を披露・・・221

マヨルカ

乗ってる方は・・・・・・実に爽快で楽しい^^

ちょっとでもトロいお客さんがいるとボートから振り落とされちゃうんだけど・・

きょろパパ家は運良く、落ちることなく最後まで到達91

 

うひょ~~~・・これは楽しい!

マヨルカ

と思ったら、最後にはボートをひっくり返されて全員海の中・・・

マヨルカ

これが終わりの合図なのです・・・

ま、運ちゃんにしてみればひっくり返そうを思えばいつでもできるってこったな・・・

マヨルカ

救命衣でプカプカご満悦の娘に「引っ張って~~!」とねだられ・・・

息子も娘も「たのしい~~~」と大はしゃぎ^^

楽しい楽しい10分間でした・・・超お勧め!!

 

お次に目ざとい娘が発見したのはこれ

マヨルカ

ニュークリア何がし・・・何が核なんだかようわからんが・・

マヨルカ

とにかく海にうかべた球体の中に入り

歩いたり寝そべったり飛んだり跳ねたり・・・

ご自由に遊んでちょうだい!という代物・・・10分6ユーロ・・

遊んでるのはきょろパパ家だけで結構不人気かと思いきや・・・

娘の評価は「おっもしろ~~~い!!411」と上々。

 

さて、きょろパパが次に目を付けたのは・・・

なんてことはない普通の足こぎボート・・・

これで沖合いまで出て

マヨルカ

海に飛び込んだりもぐったり・・・

ここはブイで区画されてないから行きたいところまで行けちゃう・・・

マヨルカ

誰もいないところまで出てゆったり泳ぐきょろパパ・・・

気持ちえぇ~~^^

マヨルカ

飛び込んで監視員に怒られることもなく・・・

マヨルカ

360度自由!

マヨルカ

もちろん素もぐりも・・・

たっぷり海を満喫したのでした^^

 

いやぁ・・・しかしこの海本当綺麗なんですよ・・・

きょろパパ家が泳いでいたあたりは、目測7~10メートルくらい・・・

 

海底の海草が間近に見えるから、そんなに深くないだろうと思い・・

マヨルカ

ボートから思いっきりジャンプしてもぐってみたものの・・・

半分も届かず撃沈・・・

うげっ・・ここ意外と深い・・・

 

このボート・・2時間15ユーロと超お得

ただ一つの難点は・・・暑い!日を遮るものがない・・・ということだけ278

2時間、たっぷり海を満喫できるのです^^

 

いやぁ・・・マヨルカの海は本当楽しい!

さすがヨーロッパ人の楽園と言われるだけのことはあります・・

 

さて遊びつかれてホテルでぐっすり休めば・・

明け方には部屋から綺麗な日の出が・・・

マヨルカ

いやぁ・・マジでリゾートだ・・・

まだまだマヨルカ、楽しむぞ~~!

 

つづく

| trackback:0 | commnet:5 | ↑TOP |

マヨルカに着いた~^^

さて・・・爆弾に豚インフルエンザ・・・16

同僚には強がって見たものの・・・

内心は多少の不安を抱えてのご出発!388

 

ハンブルク空港からマヨルカ行きの飛行機に乗って233

さて2時間半のフライト時間、本でも読もうかなぁ・・・

なんてなんとなく窓から外を眺めると・・・

翼の上に親切な説明書き発見・・・

マヨルカ

「外を歩くな!」

って・・あんた・・・

スパイダーマンじゃあるまいし、そりゃできんでしょう・・・

少なくともおいらは機内がいいです。頼まれても外は嫌です・・

だいたい高度6000メートルの飛行機、誰が外を歩くんじゃ・・?

(本当は、整備の際に『このラインの外を歩くな』という注意書きでした^^)

 

などと例によってお馬鹿なことを考えること2時間半

やってきましてた地中海の楽園『マヨルカ島!』301

空港を降りると・・・・

マヨルカ

おぉ~~^^いきなり南国だぁ~~411

 

マヨルカは島全体がビーチリゾートなんだけど

島には基本的に鉄道がなく234358

交通手段はバス104か自動車448に限られています。

首都パルマ以外のビーチに行くときは車は必須・・・

ということで、空港を降りると「これでもか~~!!」っていうくらい

たくさんのレンタカー屋が軒を並べているのです。

 

きょろパパ家も予約済みのレンタカー屋で手続きをすませて・・

マヨルカ

今日から5日間お世話になるちびフィアット君

 

マヨルカ 

さっそくフィアット君を駆って高速道路へ

♪♪ひがし~へ進むぞ♪ニンニキニキニキニンニキニン♪♪448355

マヨルカ 

な~~んだかこんな風景・・なんとなくスペインっぽい^^

マヨルカ 

途中、きょろパパには理解不能なオブジェを通り過ぎて・・・

マヨルカ

大きな町を越えて走ること70キロ・・・448355

マヨルカ 

ドライブすること1時間・・やっとのことできょろパパ家の滞在地

カーラ・ミラー(ミラー海岸)に到着^^

 

早速ホテルにチェックインすると・・・

マヨルカ 

部屋、オーシャンビュー・・・

マヨルカ

バルコニーの目の前はビ~~~チ301

ビーチまで徒歩30秒という絶好の立地・・・

これだよ!これっ!!これが夏だよ!!夏ですよ!!!278

 

予算節約のためきょろパパ家は滞在型アパートメントを借りました。

もちろん自炊用キッチンも付いてて

マヨルカ

キッチンからの眺めも・・・海ぃ~~~!466

なんだか料理が楽しくなりそうだ^^

 

マヨルカ

このあたりにはもちろん高級ホテルが林立・・

そのどれもにもプールが併設されていて夏気分満開^^

 

さ~~て子どもたち、着いたぞ!

さっさと荷物片付けて、海に行くぞ、海!!

みなのもの、着いて来~~い!!217

 

つづく

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

海に行きた~~い!!

先月はノルウェーに行った・・・

言わずと知れたフィヨルドの国

ノルウェー

フィヨルドと氷河と綺麗な空気・・・涼しかったなぁ・・・

見所も多く楽しかった・・・綺麗だった・・・

 

しか~~し・・・・やっぱり夏といえば『海』!!466

マヨルカ

こ~~んな綺麗なビーチでサマーリゾートを満喫してみたい・・

ドイツにも海はあるけど、ちぃっとばかしちゃぶい&水冷たい・・・399

よし、ここはいっちょ夏しに南の海でも行くべじゃねぇか!海!!466

マヨルカ

 

海に行って、あ~~んなことやこ~~んなことして

マヨルカ

ど~~ん!!とはじけちゃいたい!32

 

ということで・・・きょろパパは海旅行を計画したのです。

海といえばハワイ・・・という単純な発想のきょろパパ家・・・301

実はハワイなんて行ったことないんだけど・・・390

それどころか沖縄すら行ったことなくて・・・393

きょろパパ家の海と言えば湘南か大洗が定番だったんだけど・・・

でも海でリゾートと言えばイメージはハワイ

 

う~~ん・・・ドイツからハワイはちと遠いな・・・

かといってドイツの海じゃ何となく『夏満喫!』って気分じゃねぇし・・・

どっかいいところないかなぁ・・・と考えていたら・・・

あった!・・・ありましたよ!

ヨーロッパ人のサマーリゾートの定番219

「ドイツ人のハワイ」との異名を持つスペインは『マヨルカ島』!

ま、ドイツ人のハワイなんてことは日本人しか言わないけど・・

でもマヨルカいいじゃん!マヨルカ行って日光浴するべ!278

よし決めた!こどもたち!マヨルカにリゾートしに行くぞ~~355

 

さっそく同僚のドイツ人に相談すると・・・

 

「へい!マヨルカに休暇に行くことに決めたぜ!」

 

506「・・・?マヨルカ・・?そんなとこ行って何すんだ!?」

 

「決まってんじゃん!海だよ海!夏だよ~~!」

 

506「どーせなら他に行けばいいじゃん。何もマヨルカなんて・・・」

 

・・こいつ・・なんかテンション低いなぁ・・・

 

「なぜ?マヨルカいいじゃん!」

 

506「あんなところにはドイツ人しかいないゼ!せっかくスペインまで

 休暇に行ってもドイツ人だらけじゃつまんないだろう!やめとけ!!」

 

・・・な~~んだ、そんなことか・・

 

「い~~のい~~の!おいらにとっちゃドイツ人もスペイン人も

 ガンツ外人だから!まったく問題な~~し!」

 

ということで、マヨルカ行きj強行!

そうと決まれば話は早い・・・

早速飛行機233とホテル103を手配して・・・

さすがに夏真っ盛りだけあって高けぇけど仕方ねぇか・・・

 

マヨルカ 

麦わら帽子まで新調しちゃって・・・もう気分は絶好調!

夏だぁ~~278!海だぁ~~466!!マヨルカだぁ~!!!

るんるん♪♪楽しみだなぁ~~411

 

とはしゃいでいたら、出発の2日前の新聞・・・399

マヨルカ

マヨルカで爆弾テロ!!32

マヨルカ 

車に仕掛けられた爆弾が爆発

連続テロの恐れ・・・空港は一時閉鎖!

警官が2人死亡・・・お~まいがっ282

 

げげっ・・・なんというバッドタイミング・・・

おまけに・・・

最近ドイツでは豚インフルエンザが大流行・・・16

そのほとんどがバルセロナorマヨルカ旅行で集団感染!

マヨルカ

マヨルカの空港ではマスクを忘れずに・・・!

なんという親切そうで不親切な記事・・・404

 

う~~ん・・・と悩んでいたら・・ 

再び同僚のドイツ人登場・・・

 

506「へ~~い、残念だったな!空港閉鎖だゼ!マヨルカ行けねぇな!」

 

「空港は一時閉鎖だもん!もう大丈夫だもん!」

 

506「いやいや、危ない危ない!爆弾爆弾!!止めた方がいいぜ!」

 

「大丈夫・・・だと思う・・・きっと・・・いや多分・・・」

 

506「おまけに豚インフルエンザだ!こりゃ旅行なんて無理だな!」

 

「あのねぇ、こう見えてもおいら普通の人間なの!庶民なのよ庶民!

 宝くじに当たったこともなければ大きな事故をしたこともない。

 超高価なうまいもの食ったこともないけど食当たりしたこともない!

 当たりもなければはずれもない、超ふつ~~の市民なの!分かる!?」

 

506「・・・?だから・・・?」

 

「だから・・爆弾にもインフルエンザにも当たんないの!!」

 

506「お~~、そりゃおめでとう!今回が最初の当たりになるな!!」

 

・・・だから、当たんねぇっつ~~の!・・・

 

そんな同僚の暖かい励ましにも負けず・・・

きょろパパ家予定どおりマヨルカ旅行決行!

さて・・・どうなるきょろパパ家のサマーリゾート・・・

生きて帰ってこれますよ~~に424

 

つづく 

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。