ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ハンブルク日本映画際

5月27日から31日までの5日間、

ハンブルクでは「日本映画祭」が開かれています。

日本の映画をハンブルク市民に紹介しよう、というこの催し

正式は公開ではなく、期間中ハンブルク市内4つの映画館で

約50本もの日本映画を一気に上映する110

いわば大試写会みたいな催しなのです。

 

こりゃ日本男児として1つは見に行かなくちゃじゃないか!

早速パンフレットを入手して・・・

DMC 

あれこれまじめに選考した挙句

カタブツのきょろパパが選んだ至高の一品は・・・

 

DMC・・・デトロイト・メタル・シティ・・・41

DMC

昔KISSの曲で「デトロイト・ロック・シティ」ってのがあったけど・・

こりゃ完全にパクリだなぁ・・などと思いながらも興味津々

なぜ興味津々かというと・・・

日本では昨年夏に封切られて、結構話題になったと思うけど

遠くドイツに疎開していたきょろパパは当然知らなかった・・・。

しかし、今春ハンブルクに島流しの刑にされた職場のTさんが大のDMCファン

なんとDMCの単行本を抱えて赴任してきたのです。

これをちょっと拝借したきょろパパ

 DMC

最初は「ビジュアル的にきつ~っ!!」と拒否反応を示したんだけど

日本の本に飢えてたので「ちょっとだけ!」と読んでみると・・・

ビジュアルどおりのお下劣な内容。

台詞は放送禁止用語の羅列・・・ファックにレイプに殺害!?

カタブツのきょろパパは・・・・・こ・・こんなお下劣なマンガ・・・

・・・すぐにはまってしまったのでした・・・面目ない!

 

ということで見てきましたDMC

会場は8割以上がドイツ人・・・

はたしてジョークの通じないドイツ人にこの手の映画が受けるのでしょうか?

しかも相当お下劣・・・ブーイング出なきゃいいなぁ・・・ちょっと心配388

 

原作は、はっきり言って18禁にしてもいいような台詞満載114

映画は当然R指定だろ!と思ったら・・・一般公開・・

なんだ、じゃ、映画用に台詞も日和ってるンじゃないの・・403

DMCは見た目の派手さ、台詞のお下劣さと

主人公の内向的な性格のギャップが売りなのに・・・

と勘ぐっていたら・・・いきなり「ファ~~~ック!!」・・・

あの松雪泰子がパンツモロ見せの超ミニで

「あたしゃそんな歌じゃ濡れないんだよ!!」・・・

おぉ・・・妙に原作に忠実・・うそ・・!マジ・・?!405

ってな展開。いやぁ、台詞はピー音も入らず「ファ~~~ック!!」なのに、

字幕(英語)は「F**k!!」って隠すところが妙に間抜けでナイス

 

ストーリーは超ベタで落ちは最初から分かっちゃうし

出てくる台詞はきょろパパの足元にも及ばないくだらないダジャレ

普通に考えれば超駄作ってところなんだけど・・390

 

これがなんと面白い!411

悪魔のビジュアルと内向的な性格のギャップが受けて

マジで大爆笑!!いや、笑った笑った・・

ジョークが通じないドイツ人も会場中で大爆笑してた・・・

隣のおばちゃんなんか涙流して笑ってたし・・・うるせぇっての!

でも、とりあえずドイツ人に受けてホッ!!

 

しかし松山ケンイチって天才ですね・・マジ面白い演技でした。

冗談の通じないドイツ人を笑いの渦にしたんだから大したもんです・・・。

 

帰宅後・・・クラウザー(主人公)になりきってしまったきょろパパ・・・

277「ムムッ・・クラウザー様が地獄から蘇ってきたというのに誰も居らぬのか!?」

209「うるさいわねぇ・・あんた今日ご飯いらないって言ったじゃない。何時だと思ってんの?こっちは寝てんだから静かにしてよ!」

277「なにぃ!!貴様クラウザー様に向かってなんという口を利く!このメス豚がぁ!貴様なぞファッキンガム宮殿送りにしてくれるわ!!」

209「明日から飯抜き!」

436「・・・・ごめんなさい・・・」・・・妻は悪魔より強し・・

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

メタボ

きょろパパはドイツに移住した当初一気に5キロやせた

5キロと聞くと普通の人は「どっか悪いの?」

と心配してくれそうなもんだけど、きょろママの場合

209「やっと適正体重じゃん!」

当たってるだけに何も言い返せない・・・

 

なぜ5キロもやせたのか、というと・・・理由は簡単なのです。

「ドイツの飯が合わない!」・・・・・・

ドイツファンの人がいたら申し訳ないんだけどさぁ・・

はっきり言ってドイツの飯はうまくないのよ・・・マジで・・195

特にコテコテの日本人であるきょろパパにとっては242

食えないわけじゃないんだけど、でもちょっと食うと

「もういらな~い!!355」ってなっちゃうんだよね・・・

とてもとても毎日なんざ食えたもんじゃありません。

おかげでメタボ解消!適正体重!災い転じて福となす・・?

 

ということで、しばらくはベルトの穴を詰めていたのですが

どうも最近ベルトがきつめ・・・もしやっ!と思って体重計に乗ると

お~・まい・がっ282!すっかり元に戻ってる・・・

 

そう言えば・・・・

ここのところお魚や刺身、日本の食材を買える店を次々に発見し、

ドイツの飯が口に合わないきょろパパは当然のように日本食ばかりなった。

例えば先日の夕食・・

まぐろとサーモンの刺身をいつもの店でお買い上げ。

ご近所さんの日本人家庭でやってる共同通販で貴重な「大トロ」もゲット。

大トロ

こうなりゃ当然「寿司食いねぇ!」・・・ってならない方がおかしい・・

大トロ

寿司なんて日本にいるころは外食専門だったのに・・・

家で食う寿司といえば手巻き寿司くらいなもんだったのに・・・

ドイツに来てからすっかり握り寿司を覚えてしまった。

この日のつまみはマグロ納豆ともずく酢・・・こりゃ食も酒も進むわけだ・・

 

ということで見事メタボ復活のきょろパパ

こりゃ大変とばかりに最近ジョギングを始めました。

朝早くむくむくと起きだしてジョギングに行くきょろパパを尻目に

きょろママは隣で爆睡中75・・・

412「チクショウ・・・人が苦労してるってのに・・・」

と文句の一つも言いたくなるのですが、

やがてうるさそうに目をうっすらと開けたきょろママはこう言うのです。

209「だったらドイツ食にしてあげようか。私は全然OKだから。」

ゴメン、そりゃ勘弁421・・やっぱり走ってくる・・・ 

| trackback:0 | commnet:6 | ↑TOP |

人の目なんて・・!

自分で言うのもなんだけど、きょろパパは真面目でカタブツ

当然、駄洒落なんて嫌いです・・・親父ギャグなんてもってのほか

駄洒落のない超まじめな生活を送りたいのに・・

でも、いつもきょろママのペースに引き込まれてしまう・・・。

 

お客さんを招いたある日・・飯のしたくをしていると・・・

 

きょろママ209「ドイツって鳥のももにくは全部骨つきなんだよねぇ。何で骨なしってないのかしら。いちいち自分で骨を取らなくちゃなんないなんて、あ~、面倒くさい!!」(※これ本当の話です・・)

きょろパパ208「ドイツの鶏肉は取りにくいっすからね・・・」

きょろママ209「はっ?鶏肉、取りにくい・・・つまんない!」

きょろパパ208「すみません・・・ところでおろし生姜ある?」

きょろママ209「あっ、生姜買うの忘れた!」

きょろパパ208「しょうがねぇな~・・・!」

きょろママ209「・・・超古典的。笑えない!」

きょろパパ208「じゃ、ちょっと買ってこようか?」

きょろママ209「あっ、そう。悪いわねぇ。」

きょろパパ208「じゃ行って来る。外は寒そうだな。コート着ていこーっと!」

きょろママ209「だからつまんないって・・・!バカなこと言ってないでちょっと酢取ってよ!」

きょろパパ208「酢・・?ミツカン酢が見つかんないっす!」

きょろママ209「・・・いい加減にしてくれる!?そもそもミツカン酢なんて最初からないわよ!もうすぐお客さん来ちゃうでしょ!くだらないこと言ってないでちゃんとワイン冷やしておいてよね!」

きょろパパ208「ワイン?今日はワインなの?」

きょろママ209「そうよ。日本酒とか焼酎だといつも飲みすぎちゃうでしょ!」

きょろパパ208「いやっ、そのぅ・・・きょろパパ、ワインには弱いンっす・・」

きょろママ209「はい、ワインに決定!あ゙~、中年になると恥ずかしげもなく親父ギャグかっ飛ばすからいやんなっちゃう!」

きょろパパ208「中年言うなぁ~!!中年、ちゃうっちゅ~ねん!!」

 

・・・とまぁ、きょろパパの意思に反してこんな会話が延々と続いてしまうのです。

そう言えば、去年のゴルフ、年末景品大会のときもきょろパパが持参した景品は

『コニャック272とこんにゃく376』の詰め合わせ!(※これもマジです。)

駄洒落は嫌いなはずなんですけど、なぜかこうなってしまう・・・

 

ということで、駄洒落には関係なんだけどまたまた車が壊れました406

きょろパパ家の愛車はまたもや入院中。

車屋に行ったら、506「おう、また来たか222」だもんな・・・

決して常連にはなりたくないけど、でも常連になっていいことも・・・。

代車 

じゃん!いちいちごねなくても代車を貸してくれるようになりました398

それも、今までBクラス、Aクラス、挙句の果てはスマート(二人乗りの超小型車)と

回を追うごとにランクが下がっていたのに、今回はなんとCクラス

しかもサンルーフつきピカピカの新車・・・うふふ・・・常連の優越感398

代車 

ということで、ピカピカのメルセデスがきょろパパの駐車場に止まっていると・・

こういうとき、普通の人はどういう反応する?

普通はさぁ、「あれ、きょろパパさん、車買い換えたんですか?」

とかさ、「新車にしたんですね。いいですねぇ!」とかさ、

そういうポジティブな反応してくれてもいいと思いません?

しかし、みなさんの反応は・・・

「あれ、きょろパパさん。また車壊れたんですか?」・・・

あ~そうだよ!そうですよ!!確かに壊れましたよ!!!

 

きょろパパ208「チクショウ!誰も新車買ったのなんて聞いてくれない・・」

きょろママ209「普段からくだらないことばっかり言ってるから見透かされてるね。」

きょろパパ208「駄洒落と車は関係ないだろう!」

きょろママ209「しかしよく壊れる車ねぇ。やっぱり中古ってのがよくないんじゃない!?」

きょろパパ208「・・・やっぱり車は新車にしんしゃい!ってか」

きょろママ209「だから、それがイケナイの!・・・処置なし!」

 

ってさぁ、きょろパパはこんなくだらない駄洒落は好きじゃないんだけど・・

でも会話のリズムってあるじゃないですか。何事もリズムって大事でしょ。

例えば会話じゃなくて一人でいるとき、椅子に座るときなんか、ついつい

「あ~っ・・・よっこいしょ~・・いちっ!」とか言っちゃいません?

若い人達は横井正一さんすら知らないかぁ・・・つい出ちゃうんですよねぇ・・・。

ノーマルに「よいしょっと!」と言えないところが悲しいけど・・409

 

でね、きょろパパは全然気が付いてないんだけど、きょろパパがくしゃみするとき・・

「は~っ・・・は~っ・・ハックション355!!・・・・・だいまおう~~!!」

って言っちゃうらしいのです。これもリズム。

普通の人も「ハクション!おぇ~っ!!」とか「ハクション!チクショ~っ!!」

とか言うでしょ。きょろパパはそれが「だいまおう~!」ってだけなんだけど

きょろママの中ではつまらない親父ギャグの一種なんだそうです・・・

しかもそれを周りの人にグチ言いまくってる・・・

 

そんなある日、日本から荷物が届きました。

きょろママのお姉さん、きょろパパの義姉

子どもたちから見ると伯母さん(禁句!)からなんだけど、

子どものお菓子とか雑誌にまぎれて1枚のTシャツが・・・

それを見た子どもたち・・・

205206「ギャハハハ・・これ絶対パパのだよ!411

どれどれ・・・・

はくしょん

はっ・・・はくしょん大魔王

お義姉さん、素敵! 

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

刑務所博物館

ハンブルク郊外にあるグラスモア刑務所

その施設内には刑務官だったおじさんがせっせと溜め込んだ

「刑務所グッズ」を展示した博物館があります。

暇つぶし半分、興味半分ではるばるグラスモアまで来てみました・・

グラスモア刑務所

こちらがグラスモア刑務所

外見は刑務所っていうよりどっかの学校みたいだけど、

今もたくさんの囚人を抱えている「現役」の刑務所です。

グラスモア刑務所

施設内の建物の一角にくだんの博物館が・・・。

博物館というより屋根裏にいろんなもの集めたって感じ・・・

もちろん客なんてきょろパパ以外になし・・・

元刑務官という「自称館長」さんが付きっ切りで説明してくれるんだけど

どっちかっていうと、こっちが聞いてあげてるって感じだなぁ・・・

 

親父「それではこれから説明を開始する。きちんと聞くように!」

・・・・ハッ・・・ハイっ!・・・

 

グラスモア刑務所

親父「これはみんな実際に囚人が飲み込んだ物であ~る!」

・・・マジっ?フォーク飲み込んでどうすんの?・・・

親父「そんなこと分からない・・・多分自殺しようとしたと思われる・・」

・・・どうやって取り出したの?・・・

親父「もちろん医者が手術したに決まってるだろ。自然に出すにはちょっとでかすぎるでな・・・菊のご紋串刺しってことにもなりまねん。」

・・・ま、そりゃそだな。これ自然に出したら痔主だよな・・・

 

グラスモア刑務所 

親父「これも実際に使われていた手錠だ。」

・・・これって鍵はちゃんとあるの・・・

親父「ない。だから間違ってはめてしまったら手首を切り落とさなくちゃだ。ホレっ、そこに前に来た人の手首があるだろ!?」

・・・親父、つまんね~ギャグ飛ばしてねぇで次行こうぜ!・・・

グラスモア刑務所 

親父「これはねぇ、昔の拘束具だな。」

・・・あぁ、よく中世の拷問とかのシーンで出てくるあれね・・・

グラスモア刑務所 

親父「さよう。この絵のようにして使ったんだな。」

・・・へぇ、これって本当に拷問じゃん。マジこんなんして使ったの?・・・

親父「実際に罰として使った。これを付ける時の快感・・・今でも忘れられん・・」

・・・そっち系かい!・・・

グラスモア刑務所 

親父「酔って暴れた囚人はこのようにして拘束したんだ。」

・・・酔って・・?って刑務所の中って酒飲んでいいの?・・・

親父「もちろんダメさ。でも色々な手を使って持ち込んでくるんだな。」

・・・それってチェックしないの?・・・

親父「もちろんするさ。こっちへ来い。わしが見つけた偽装グッズを見せてやる」

・・・

グラスモア刑務所 

親父「例えばこのソーセージの缶。これは見たところ何の変哲もない普通の缶じゃ。」

・・・いやっ・・あのぅ・・何の変哲もないって結構無理がありますけど・・・

親父「このコーラの缶だって、細工されてるとは分からんだろ!?」

・・・いやっ、どっちかって言うと一目で分かるような・・・

グラスモア刑務所 

親父「ところが見て驚くな。この蓋を取るとホレ、このとおり!」

・・・いや、あのぅ・・・容易に予想できる展開なんですけど・・・

親父「ここに酒を隠されたら絶対に分からん。お手上げじゃ。」

・・・分からんって、あんたの方にお手上げじゃ。そもそもソーセージとかジュースとか、そんなもん差し入れさせる方が驚きだよ。まずそこを改めた方がいいような・・・

親父「こんな巧妙な細工をするとは、敵ながらあっぱれなもんじゃ!」

・・・間違いなくあんたの方があっぱれです、ハイ・・・

グラスモア刑務所 

親父「これなんか、本当によく考えたものじゃな。聖書をくりぬくとは、普通は考えられん。」

・・・これってすっげえ初歩的な細工じゃない。普通に普通・・・

親父「こんな巧妙な細工されたら、いちいち全部のページをチェックしなくちゃ発見できん。敵もやるもんだのぉ~・・」

・・・いや、だから普通にチェックするでしょ。しない方が驚きだって・・・

親父「もっと凄いのあるぞ。こっちへ来てみろ!」

・・・本当にすげぇんだろうなぁ・・?

グラスモア刑務所 

親父「これなんかどうだ。靴の底に麻薬を隠すとは凄い発想だ。」

・・・出たぁ~、ぱっ!って、だからそれってあんたらが普通にケアしなくちゃいけない部分でしょ・・・

親父「こんな見事な細工されたら普通は発見できん。この靴を押収できたのは奇跡じゃな!」

・・・いやいや、それを奇跡と言う方が奇跡なのでは・・・?

グラスモア刑務所 

親父「そうして持ち込んだ麻薬を吸うのにいろんな物を利用してパイプが作られたんじゃ、これがそうだ。ジュースの缶にトイレットペーパーの芯、利用できる物は何でも利用したんだ。やつらも悪知恵が働く・・!」

・・・だからその前に麻薬を素通りさせる方がびっくりだっての!・・・

グラスモア刑務所 

親父「これなんか見てみろ。水道管を利用してパイプを作ってる。まったく器用なもんだ。」

・・・まったく器用って・・感心してる場合ですかぁ?工具くらいちゃんと管理しろよ・・・

グラスモア刑務所 

親父「これは房内で押収した凶器の数々じゃ。こういう凶器を隠し持って、いざというときに人質をとって脱走を図るんだな。よくやられたもんだ・・」

・・・よくやられたって、これって何の細工もしてないまんまのナイフじゃん。こういうのを見過ごすっていうチェック体制の方に問題があるんじゃないの?・・・

グラスモア刑務所 

親父「このペンを見てみろ。どっからどう見ても普通のペンだ。」

・・・・う~ん・・そうだね。・・・

グラスモア刑務所

親父「ところがだ、中にはナイフが隠されておる。まったく巧妙じゃ。」

・・・いや、確かに巧妙だけどさ、そういう私物を入れる方が問題かと・・・

グラスモア刑務所 

親父「これはロウソクを固めて作った棍棒だ。まったく手の込んだことをする・・」

・・・チキチキマシンのガンセキオープンじゃあるまいし・・・

グラスモア刑務所 

親父「囚人たちが作ったのは武器や麻薬用のパイプだけじゃないんだ。」

・・・・これって何?・・・

親父「これで湯を沸かすのさ。食堂からスプーンやナイフをちょろまかしてコードに接続する。コードの反対側を電球のコードの結びつけて、カップに入れた水にスプーンを突っ込むと湯が沸く。こうしてコーヒーを飲んだんだな。」

・・・質問!スプーンとかナイフってなくなったら分かるように管理してないの?・・・

親父「そんなたくさんある物どうやって管理するんだ!」

・・・論外!・・・

グラスモア刑務所 

親父「おっほん。これはな、5000マルク券だ。この刑務所の中だけで通用する金券だな。囚人に現金を持たせるわけにはいかんからな。こうやって金券を作ったんだ。」

・・・いや、その前にすでに持たせて問題になるような物持たせちゃってるじゃん・・・

グラスモア刑務所 

親父「この緑のやつは50万マルク券だ。50万マルクだぞ。すげぇだろ!」

・・・50万マルクって単純計算で・・・3000万円?そういや昔ドイツじゃ大デフレがあってリヤカー一杯の現金でやっとパンが一個買えた時代があったっていうけど・・囚人にそんな大金持たせてどうすんだよ~?・・・

グラスモア刑務所

親父「以上でわしのコレクションはおしまいだ。どうだ、すごかっただろ!」

・・・凄い、ある意味凄い・・・

・・・ところでさ、この刑務所には塀がないんだよね。どして?・・・

親父「塀?そんなものいらんだろ。」

・・・日本じゃ脱走できないように高い塀に囲まれてるのが常識だよ。ここの囚人は脱走しないの?・・・

親父「そもそも刑務所の中に労働場所はないからな。囚人はみな街に働きに出る。」

・・・街に?それって寝る場所が家からここになったってだけの話じゃない・・・

親父「ここで寝泊りする。それが懲役だ。」

・・・そりゃすげぇ発想だな。で、囚人が帰ってこなかったらどうすんの?・・・

親父「そんときゃ探すさ。」

・・・それでいいの?それって脱走じゃん?・・・

親父「帰ってこないやつには刑が加算される。」

・・・でも捕まんなければ逃げ得じゃん!・・・

親父「逃げおおせたものは過去には数人しかおらん。」

・・・いるんだ。帰ってこない人!・・・

親父「ま、ここの生活は快適だからな。ほとんどの者は帰ってくる。」

・・・それってそのまんま再犯率高っ!ってことだよね・・・

 

ドイツは世界第2位の犯罪大国

理由が分かった!

 

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

VIPラウンジご招待~!!

娘の親友ヴァレンティーナの父親は元ユーゴ代表のサッカー選手225

10年前は我が「浦和レッズ」の助っ人で、

現在はハンブルガーSV(HSV)のコーチ(詳細はこちら↓)

http://hamburg2007.blog103.fc2.com/blog-entry-216.html

娘の送り迎えでペトロビッチもうちに来たことあるんだけど

肝心のチケットは・・・・届かないなぁ・・390

あ~あ・・・やっぱり娘の友達くらいじゃ招待してくれないのかなぁ・・?

などとちょっと落胆していたら・・・先週、娘から朗報

娘「今度の土曜日、招待してくれるってよ!行く?」

父「マジっ!!すべての予定をキャンセルしてでも絶対行く!」

娘「でさ、チケットをホテルに取りに来てほしいんだって。」

とのこと。さっそく指定されたホテルにいそいそとチケットを取りに行くと・・・

 

ま・・・まずい。ここはハンブルク市内でも一流のホテル352

ホールじゃ何やらハイソなパーティーしてるし・・みんな正装だよ・・

こんなところで買物袋ぶらさげてフラフラしてるのおいらだけじゃん・・

ちょっと恥ずかしい・・・402

 

待つこと10分。ホテルの隅っこで小さくなっていると、HSVのバスが到着

選手に混じってペトロビッチ登場。

しかし、どうやって近寄りゃいいんだ・・・?

HSVの選手って、日本で言えばガンバとかレッズとかの選手みたいなもん・・?

こんな格好した日本人が近づいて行っても警備のおっさんに止められちゃうよ・・

マジやべぇ・・と心配していたら何のことはない、向こうが気づいてくれて・・

ペトロ506「ハ~イ!これがチケットね。車も止められるようにしておいたから。

     現場でうちのかみさんと会って、一緒に飯食ってくれ!じゃな!」

きょろパパ「おっ・・どうも。試合頑張ってくんな!」

HSV

あ~・・よかった。警備のおっさんに止められることなくチケットゲットできたぜ。

さっそくうちに帰ってチケット確認・・・

28のC・・28のCと・・・

えっ・・・これって一番安い席じゃん。しかも一番端っこ・・・

いや、それでも買えば1枚36ユーロするんだけどさ・・・

なんだよ・・VIP席じゃねぇのかよ・・・しかもケルン戦だし。

日本人一人もいねぇし、選手の名前も分からねぇぜ・・

でもま、ただだし・・・よしとするかぁ。

 

で、試合当日。せっかく駐車場用意してもらったんだけど、

車で行ったらビール飲めないからね・・・娘にゃ悪いけどここは電車だろ!

きょろパパ家からスタジアムまでは結構近いし・・・

 

早速HSVのホームスタジアム

ノルドバンクアリーナ最寄のシュテリンゲン駅まで行くと・・

HSV

早くも厳戒体制!!

そういやドイツのサッカー(ブンデスリーガ)ファンは結構過激だからなぁ・・

巻き込まれないように気をつけなくちゃだな・・

HSV

機動隊や制服のお巡りさん、警備の駅員がいっぱい・・・

HSV

駅前にはたくさんの警察車両・・・

HSV  

駅を降りると、すでにたくさんのファンが酒飲んで気勢を上げてる・・

こりゃお巡りさんがいなくちゃ大変な訳だ・・・

HSV 

駅からはシャトルバスも出てるんだけど、天気がいいので歩いてスタジアムへ

15分あまりでスタジアム到着

HSV

ペトロビッチ夫人と合流してちょっとした手続きをすませたあと・・

夫人と別れて、もらったチケットの席へ・・・

う~ん、ほとんどスタジアムの一番上の席。

サッカーは全体が見えたほうが面白いっていうけど・・こりゃ小さすぎだな。

ま、どうせ選手の顔なんて分からないからいいけど・・・

ちなみにペトロビッチ家はメインスタンドの超いい席・・いいなぁ・・

HSV 

しかし、安い席でも観客がいっぱいで臨場感は凄いぞ・・・

試合前にはテレビ局のアナウンサーがサポーターを盛り上げてるし・・

HSV 

試合開始ともなると、スタジアム全体がうねっているような興奮感

いや、安い席だけど・・・意外と楽しい

HSV

お約束の「裸」応援団もいたりして、やっぱりこの席けっこう楽しい・・

HSV 

選手の顔は分からんけど、ゲームの動きはよく分かるなぁ・・

いや、ばかにしてたけど、マジで面白い・・・

HSV 

さて、20分あまり正規の席で試合観戦したあとは・・

あそこ行っちゃう?あそこ・・・「VIP LOUNGE」

もちろん普通の人は入れないけどねぇ・・・

さっきペトロビッチ夫人に手続きしてもらって

HSV

このミサンガもどきをゲット。

これが「VIP」の目印で、これでビップルームに入れちゃうんだよ~ん!

ちなみにこのミサンガもどき、青とか水色とか色々な種類があります。

例えば、ビップ用の個室の人は青。関係者は緑、みたいなんだけど、

それぞれの色で入れるエリアが決まっていて、緑は個室以外フリーパス

青でも入れない超VIPエリア(レストラン)に入れちゃいます。ムフッ398

HSV 

これがVIPエリア緑ゾーン。

ちっともVIPじゃないのにこんなところに入ってしまったきょろパパ・・

動作がぎこちないことは言うまでもありません・・・394

こいうところでは娘の方が堂々としているんだよなぁ・・・お父さん、小市民・・

HSV 

もちろん、ガラス越しにはサッカー観戦もできます。

・・・さっきの席より全然選手に近い。

写真じゃあんまりわかんないけど、それこそ選手の顔まで分かる近さ・・

HSV 

ラウンジはレストラン形式になっていて

ぜ~んぶタダ。ローストビーフにウィンナー、中華もあったなぁ・・

サラダにケーキにアイス・・他にもたくさんあったけど、全部食い放題

まじかよ・・・こりゃ普通のレストランより豪勢だぜ・・・

HSV 

もちろんドリンクもすべて飲み放題。

きょろパパはいやしくビールをたくさん飲んだけど、

ジュースもワインも、やっぱりぜ~んぶタダで飲み放題

しかもセルフじゃなくて、ちゃんとウェイターがサーブしてくれるんです・・

こりゃ凄い世界だなぁ・・・世のリッチっていうのはこんな贅沢してるんだ・・

やっぱり世の中不公平だ・・・

しかしさぁ・・ここに来てる人って、当然きょろパパ全然分からないけど

多分選手の奥さんとか恋人とか家族とか、そんな人ばっかなんだろうなぁ。

女優みたいなすっげぇ美人がいたり、何か雰囲気がハイソだよな・・

はっきり言ってきょろパパ、浮いてる・・・?406

飛び交ってる言葉も色々だし。

う~ん・・・きょろパパの世界とは違いすぎる。

典型的な庶民代表としては逆に落ち着かないぞぉ。

HSV

こちらは正真正銘のVIP席。

きょろパパはチケットがないから席に座れなかったけど、

緑ミサンガがあれば立ち見することが可能・・・

いわゆるメインスタンドっていうやつ・・こりゃ確かによく見える・・

 

結局試合は0対1で負けちゃったけど・・

いや、普段はできない体験をさせてもらった。満足満足!

庶民代表としてVIPルームのビールいっぱい飲んでやったし

娘も散々アイスおかわりしたし、肉も食った、ジュースも飲んだ。

さすがに「お持ち帰りで!」とは言えなかったけど・・・・

 

でもさぁ・・ペトロビッチって、普段は普通の親父としか感じないんだけど

よく考えたら一国の代表選手なんだよなぁ・・・

しかも旧ユーゴってサッカー結構強い国だったから

こういう世界では結構すごい人なんだよね・・・

普段実感しないけど、VIPルームに入ったとたんに実感しちゃうなんて

やっぱりきょろパパは小市民だなぁ・・・

 

そうそう、このお礼に今度ペトロ家を我が家にご招待しようか。

ペトロビッチは、浦和にいるとき小島屋に行ったことがあるらしく

「うなぎがうめぇ!あれはいい!」って騒いでたから、

今度食わしてやろうじゃないか。こっちのは冷凍だけど日本産もあるし・・

そうすりゃ、またVIP席ご招待!343

なんてぜ~んぜん目論んでませんから・・・でも招待してくれればまた行く!

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

シュパーゲル(ホワイトアスパラ)食い放題!!

ドイツで春が旬の食べ物と言えば

シュパーゲル(ホワイトアスパラ)!!

ほとんど全てのドイツ人がこう答える、堂々たる東の正横綱!91

でもさぁ・・・言っちゃ悪いけど、ドイツ人のシュパーゲルの食い方って

茹でて溶かしバターかオランデーソースかけて食うってのが定番・・・

シュパーゲル・ズッペ(スープ)なんてのもあるにはあるけど

料理のレパートリーとしてはかなり少ないんだよねぇ・・390

だから毎年1回レストランでシュパーゲル食うと「ゲップ355」って感じ・・

また食うぞぉ~!!っていう意欲がどうも出てこない

日本人にマツタケ料理させたら、

炭火焼きにてんぷら、茶碗蒸しにホイル焼き、土瓶蒸し・・・

いくらでも料理のレパートリーが出てくるのに

ドイツ人のシュパーゲルは、「茹でる!」・・・以上!!

さすがドイツ人・・食材としてはうまいのに・・勿体ない

 

ということで、とある日、ご近所のキムタクさん招いてのホームパーティー

今回は趣向を凝らして『シュパーゲル祭り』にしてみようじゃないか・・・

あんなにいい食材なんだから、探せばうまい食い方が絶対ある・・・・はず・・

あれこれ知恵を絞ってシュパーゲル料理にトライしてみようではないか!!

ということで、キムタクさん、すみませんが実験台よろしくです!

 

まずはシュパーゲルをお買い求め・・・

日本人が国産マツタケを重宝するように

ドイツ人も国産シュパーゲルを重宝します

スペイン産とかはけっこう安く手に入るけど

ドイツ産シュパーゲルはちぃっとお高め

シュパーゲル

このとおり、太くて立派なシュパーゲルなんですよ・・・うまそうでしょ

2.5キロもあるとさすがに壮観ですなぁ・・

ちなみにドイツ人に言わせると、「1人前=500グラム」が常識だそうです。

ただ茹でただけのシュパーゲルを500グラムもひたすら食う・・・

やっぱりゲップ355だな・・・!!

 

ということで、ここは日本人らしく色々なシュパーゲル料理に挑戦!

シュパーゲル 

まずは、和風用に薄めのダシでシュパーゲルを茹でて・・

シュパーゲル

1品目・・・シュパーゲルのおしたし

これ結構簡単なんだけど、いけてます。はっきり言って、うまいです。

あまりシュパーゲルを食べない我が娘も

これは「うまい、うまい」といってよく食います。

きょろパパ、ちょい満足!

 

シュパーゲル

2品目・・・シュパーゲルのとびこ和え

ドイツはなんちゃってキャビアが安く手に入るから

そちらでもOKだったかもしれない・・・こちらもつまみにグ~

きょろパパ結構満足!

 

シュパーゲル

3品目・・・焼きシュパーゲルの酢味噌和え

こりゃまた味噌田楽みたいでうまいのぉ~・・

きょろパパすげぇ満足!

 

シュパーゲル

定番の茹でシュパーゲル、オランデーソースがけも。

そのほか、シュパーゲルのベーコン巻き、サラダ等々・・

シュパーゲル

サーモンのお刺身とお新香で・・・なんだか居酒屋のメニューみたいだなぁ・・

でもうまかった。茹でただけのシュパーゲルじゃ、こんなに酒は進まないぞ!!

と、調子に乗ってまたまた飲みすぎ・・・翌日はしっかり反省!!436

いやぁ・・反省だけだったら猿にもできるけど、

さすがに猿にはこんな料理はできまい!!

おいしいシュパーゲル料理に気を良くしたきょろパパ

 

「よ~し、旬の食材を使った創作料理、気に入った。やりゃできるじゃん。

次の食材でも頑張るぞ~!!」

 

えっと・・次の旬は・・・ゲゲっ・・サクランボ???

| trackback:0 | commnet:8 | ↑TOP |

なんちゃってワイン通

きょろパパは日本酒と焼酎が大好きのコテコテの日本人305

でも、晩酌にはワインを飲むことが多いのです272

ちぃっともワイン通ではないんだけど

「ドイツではワインを安く買える!」という

単純にして非常に大きな理由から必要にせまられてそうなっています・・・

だって日本酒とか焼酎とかってすっげぇ高いんだもん・・・409

 

ということで、どうせワインを飲むならちっとはうんちくくらい勉強しよう・・

と思って「神の雫」を読んではみたものの・・・

どうも横文字って覚えられないんだよなぁ・・

「シャトー」と言えば「ブルー!」しか思いつかないし・・

「ルパン」と言えば「3世」だし・・・あっ、銭形もいるな・・・

覚えた名前と言えば「神崎雫」くらい・・・それってワインの名前じゃねぇし・・

 

そんな調子で結局うんちくの「う」の字も覚えられず

行き着く先は「うまけりゃそれでいいじゃん!」ってことになるんだよなぁ・・

でも、いつもの安ワインじゃ本当にうまいワインはいつまでたっても分からない・・

たまにはいい酒飲まないと・・

 

そんなとき重宝するのがここ↓

ワイン

きょろパパ御用達!メーベンピック・ワインケラー!!

メーベンピックってアイスのメーカーなんだけど、

ホテルやレストランを経営したりワイン屋やったり、けっこう手広くやってんだよなぁ・・

ワイン 

外観は倉庫みたい・・というよりもろ倉庫そのもの

だけど品揃えは豊富でいろんなワインが手に入る

こんなきょろパパでも「一度は聞いたことあるぞ!」

っていうような超有名ワインが無造作に並べられているのです。

ワイン 

店内もこのとおりもろ倉庫・・・

世界各地のワインが、所狭しと並べられて・・・時には意外な掘り出し物も。

でも酒代を安く浮かせるためにワインを飲んでるきょろパパ

当然高いワインなど買うはずもつもりもなく

結局うまいワインなんて味わえないんじゃないの・・?

219・・・と思ったら大間違いなのですよ。

このメーベンピックでは、月に一度の「ワイン試飲会」が催されるのです。

 

さすがに1本200ユーロもするワインを「ただで」というわけにはいきませんが

試飲券(10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ)を買って

1杯いくらという具合に「試飲」ができるのですよ。

当然きょろパパのお目当ては1本100ユーロ超級の高級ワイン

値段に応じて、例えば6ユーロとか8ユーロとかで試飲できる。

こういう催しでもなけりゃ一生飲む機会のない名ワインばかりだからな・・・

ワイン 

さてと、20ユーロ券を買って、いざ出陣!!

この日は「南フランスのワイン」試飲の日

シャトー・パペとか書いてあったけど・・確かクレマンとかもあったけど・・

横文字はすぐ忘れる・・・

とにかく1杯13ユーロの超高級ワインを筆頭に

1杯2~3ユーロ(1本50~80ユーロ)程度の中級ワインまで

って言っても1本80ユーロって相当高いんですけど・・・

でも試飲会では中級ね

そうそう、1本10~20ユーロくらいのワインは

試飲もタダ!なのですよ。タダ・・・

いつも1本3~4ユーロの安ワインばかり飲んでるきょろパパにとって

1本20ユーロってすっげぇ高級ワインなんだけどさ・・

ま、こういう高級ワインがそろう試飲会じゃ安ワインの部類になっちゃうんだろうな・・

それより安いワイン飲んでるきょろパパは妙にむなしくなったりして・・・

 

とにかく「高級?ワイン」を4杯飲んで結構いい気持ちになったきょろパパ・・・

ワイン

肝心のお味は「うまい!」・・・以上

違いの分からない男ですみません・・・436

あとから知ったんだけど・・・シャトー・パペ・クレマンって

日本のレストランじゃ1本5万円するらしい・・・マジ?

こういう機会でもなけりゃマジで絶対飲むことはないだろうなぁ・・

ま、味の違いはまだまだ分からないけどさ、

っていうかこの先も分からないままだろうけど・・・

20ユーロでいわゆる高級ワイン飲んで酔っ払ってちょっとリッチな気分

いやぁ・・この試飲会、庶民のきょろパパにはいい催しだ。

来月もまた行こうっと・・・かぁちゃん、20ユーロお小遣いちょ~だい!!

※ちなみに6月はドイツワインデーです。

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

なければ作っちゃえ! ~塩辛編~

ハンブルクは便利な街です。

品質に文句を付けさえしなければ大抵の食材は手に入る・・・

納豆(冷凍)、油揚げ(冷凍)、枝豆(冷凍)、豆腐、アジフライetc・・・

でもね・・・なぜか塩辛は手に入らないのです

そもそも大抵のドイツ人って、タコ352とかイカとかって嫌いだからなぁ・・・

 

ということで、先日、日本から来た友達に

ここでは手に入らない塩辛を大量に買ってきてもらったんですが・・・

日本酒とともにあっという間になくなってしまいました・・・

うまかったなぁ・・・塩辛・・・

っていうより、思い出しちゃったよ、あの味・・・また食いたいなぁ・・

でもハンブルクじゃ塩辛は手に入らないしなぁ・・・

 

そんなある日・・・いつもの魚屋さんに行くと

つぶらな瞳でウルルンとこちらを見ているイカ君がいるではありませんか。

「食べて・・・私を食べて・・・353」・・・うっ、かわいい345・・・鮮度もよさそう・・・

きょろパパの脳裏には美しい塩辛に変身を遂げたイカ君の姿が・・・

こりゃ食べてあげるしかないじゃないの!

 

ということで、なけりゃ作っちゃえシリーズ~塩辛編~

 

塩辛

まずは、イカを良く洗い~の

うまそうでしょ・・こりゃ刺身でも食えるけど

でも今日はシ・オ・カ・ラ・・・

 

塩辛

身を裂いてわたを取り出す・・・

塩辛

わたはこぼさないようにボールに移して・・

塩辛

ざるの上に潰しながら一気に出す・・・

このときに墨も入れると真っ黒でマイルドな塩辛ができるんだけど

今日は正統派わたのみの塩辛で・・

塩辛 

わたは意外と少ないので、取り残しのないようにしっかり濾して

味付けは塩だけ。隠し味にはとっておきのポーランドの岩塩使用!

ここに臭みとりの酒と生姜を入れて・・ドライ刻みゆずで香り付け・・

塩辛

イカの身は皮付きのまま細かくスライス

塩辛

スライスした身をわたとあえて・・

塩辛

タッパーに移して冷蔵庫へ・・

塩辛

最低1日一回はかき混ぜて・・・

塩味が足りなければお好みで塩追加

3日目くらいが食べごろ・・・

塩辛

こちらが完成図・・・きょろパパだってやりゃできるんだよ~っ!!

さっそくいただきま~す!!!

うっ・・・うまい、うまいぞ~!!406

この日もお酒が進んだことは言うまでもありません・・・・

はぁ~・・・うまい!・・・今度は日本酒でも作ろっかなぁ・・・

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

シュベリン城

ハンブルクの東100キロ強

お隣のメクレンブルク・フォアポメルン州

(厳密に言えばシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州を挟むんだけど・・この際細かいことは置いておいて・・・)

07年にG8サミットが行われたハイリゲンダムのある州

つまりメルケル首相の生まれ故郷でもあるわけだな・・・

ま、どうでもいいけどその州都シュベリンには

有名(?)なシュベリン城があるのです。

シュベリン

これがシュベリン城

水と緑に囲まれた荘厳なお城

かの有名なノイシュバンシュタインの知名度には負けるけど

シュベリン

このとおり2ユーロ記念硬貨の図柄にも採用されている

一応”有名”なお城なのです。

 

ということで「うちでゲームしていたい!」と嫌がる息子を従えて

やってきましたシュベリン城

シュベリン

今の時期はフラワーフェスティバルの真っ最中

道端にはチューリップが咲き乱れ

水と緑と花とお城のコントラストが見事です。

 

ここできょろパパ独断のドイツのお城うんちく!

(きょろパパから見れば)ドイツのお城は大きく2つに分類でき、

1つはデンマーク王国の影響を強く受けた質素なお城。

当然ツェレやアーレンスブルク等々北ドイツに多い。

内装は木彫でやや質素、落ち着いた風情のお城です。

 

もう一つは南ドイツに代表されるバイエルン王国(?)のお城

こちらはノイシュバンシュタインに代表されるように

派手な外装とキンキラキンのピ~カピカ353の内装

一部の人には「悪趣味!」といわれるほどキンキラなのです。

 

ま、どっちがいいかは好みの問題だな・・

ということで、このシュベリン城は質素な北ドイツのお城の中でも

その外観は抜きん出て豪勢

まさに北ドイツを代表するお城なのです。

 

シュベリンシュベリン

お城の全景・・

1枚じゃ収まんないんで上下に分けて撮ったんだけど・・・

微妙にずれてる・・・436

 

城の敷地はぐるりと湖に囲まれていて開放感満点

シュベリン

天気のいい日は散歩にもってこいです。

 

シュベリン 

気持ちよく敷地を散歩していると・・・あんなところに銅像が・・・

シュベリン 

おぉ、これはひょっとして・・今はなき大山倍達先生ではありませんか・・・

こんなドイツの果てでもご活躍されているとは・・・・

って冗談だけどさぁ・・・この銅像の、意味不明だな・・・

湖を窺う庭園の先端に牛と戦う謎の男の像・・・

その心はなんだぁ~!?ドイツ人、教えてくれ~

 

ということで、シュベリン城、ハンブルクからの日帰り旅行お勧めです。

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

春です・・・

ハンブルクのシンボル、アルスター湖には白鳥がいます。

白鳥なんて別に珍しくもないけどさ・・・

白鳥のくせに冬になるとどっかに隔離されて

暖かくなると再びアルスター湖に放たれる・・・

鴨は寒~い冬の間もアルスターで頑張ってるって言うのに・・・

甘やかされてないか!?白鳥だけ・・

 

ま、そんなことはどうでもいいんだけど、

いつもは道行く人にえさをねだるだけの白鳥なんだけど

今年はなんとな~く様子が違う・・・

「何が違うんだぁ~!!??」と思ってよく見ると

 

白鳥

いちゃいちゃカップルがいるのです・・・343

うぅ~ん・・白鳥の世界も「春」だねぇ・・・

どうでもいいけどいちゃいちゃしすぎ!ちくしょう・・・見せ付けやがって!!

白鳥に嫉妬しても仕方ないってのは分かってるんだけどさ

でも・・・ちくしょう・・・・

 

単純なきょろパパは、つがいの白鳥と言えば

「ハートマーク23」・・・しか思いつかない・・

本当にハートマークなんかになるのぉ???

何事もすぐに疑ってかかるきょろパパはしばしの白鳥観察・・・

 

白鳥

おっ・・・ちょっといい感じ・・・・?

 

白鳥

うぅ~ん・・くっ付きすぎだっつーの!!気持ちは分かるけどさぁ・・・

 

白鳥

およよっ!!もうちょい!!

 

白鳥

観察すること5分、ついにその瞬間が・・・

いやぁ、ちょっといびつだけど、本当に238になるんだねぇ・・・ よかよか・・・

 

っていうか・・・どうでもいいけど妙に虚しいぞ・・・

家に帰って酒飲んで寝ようっと・・・305

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。