ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

ハンブルク テレビ事情!

きょろパパはドイツでテレビを見ていました。

日本でテレビは当たり前。

ケーブルテレビとかスカパーとか、

特別なテレビを見る場合はお金が必要ですが

でも、普通の放送を見る分にはNHK以外はただ。

きょろパパがドイツに来たときにも、

スイッチを入れればちゃんとテレビが映って

当然のように何の疑いもなく普通にテレビを見ていたのです。

もちろんただで見られると思って。

しかし、ドイツのインフラが日本と同じレベルと思ったのが大きな間違い・・・

ある日のこと・・・

きょろママが一人でお留守番をしていると・・・

いきなり一人のドイツ人がやってきて

なにやらまくしたてたらしい。

ドイツ語はいまだ「アインマール・これ!」のきょろママ209

当のドイツ人が何を言っているかさっぱり分からず。

業を煮やしたドイツ人506

いきなり「邪魔するぜ!」と我が家の地下室に行き

何かのソケットを抜いた挙句・・

きょろママに書類を差し出してサインを求めたらしい。

カーベル・ドイツ

ドイツ人の勢いにたじたじのきょろママ。

あっさりとサインして騒動は終了。

ドイツ人は立ち去ったのですが・・・

その後テレビがつかない。

夕方帰宅したきょろパパが辞書を片手に書類を見てみると・・・

「契約終了につきテレビの接続を切る」との通知。

何々・・・これによるときょろパパは

「カーベル・ドイツランド」というケーブルテレビ会社と契約をしていた・・・らしい・・・。

うそっ!マジッ?ドイツに来てからテレビの契約なんてした覚えないんだけど。

っていうかここに越してきたときからずっと見れたんだけど。

前の人の契約が残ってたのかなぁ・・・

しかも、金払わないから切るって・・・切る前に請求するだろ、普通!

そもそも契約自体したことないぞ。

なのにこの無礼な振る舞いは何だ。

そんなもの無いとは知ってるけど、ドイツ人のモラルはどうなってるんだ!

などと、考えれば考えるほどむかっ腹が立ってきたきょろパパ。

ドイツで沈黙は敗北を意味する・・・

早速大家に電話・・

208「あのさぁ、テレビ切られちゃったんだけど、

これっておいらが契約しなくちゃいけないの・・?」

 

大家「あらそう・・。普通は店子が自分で契約するのよ!」

 

208「そうなの・・?家の契約書にはさ、『借主はアンテナをつけてよい。

大家はケーブルテレビ等のインフラを整備しなければアンテナの撤去

を主張できない』」っていうのがあるけど、これって大家がケーブルテレビ

入れろってことじゃないの・・・?」

 

大家「そんなことはないと思うけど・・・ちょっと調べてみるわ」

 

208「よろしく頼むぜ!」

 

大家もどうせドイツ人だしさ、きっと何もしてくれないだろうな・・・

そもそもドイツ語しかないテレビなんて見てもよくわかんないし

いっそのことこのままでもいいかぁ・・・とは思うんだけど

でも、言うだけ言わなきゃ気がすまん。

などと期待しないで待つこと1日

大家から電話がかかってきて・・・

 

大家「OK。あんたの話は分かったわ。

こっちでパラボラアンテナ付けてあげる。

JSTV(注:海外で日本のドラマ等が見れるチャンネル。有料)

も見れるけど、その場合、JSTVとの契約は自分でやって。

もちろん無料放送とNHKワールドはいつでも見れるわ・・」

 

と耳を疑うようなご回答405

まじかよ・・・災い転じて福となすってやつだな・・

いやぁ・・・やっぱりドイツじゃ文句を言ったもん勝ちだぁ。

パラボラ

数日後、我が家の屋根にパラボラアンテナがお目見え398

へいへい、大家・・・やるじゃねぇかい。

どれどれ、早速テレビ見てみるかい

 NHK

うぉっ!本当だ。NHKが映ってる・・・。

しかも画質が綺麗じゃん。上等上等・・・

ちくしょう・・・なんでケーブルテレビの奴、年末に切りに来なかったんだ?

そうすりゃテレビで紅白見れたのに・・・403

などと贅沢な文句をたれながらも実はご満悦。

しかし、このケーブルテレビ・・・チャンネルが1000くらいあるぞ

ヨーロッパ中のテレビはおろか、中東の放送まで・・・

イラン国営放送とかなんとか・・アラビア語でまくしたてられても・・

ま、多分きょろパパがドイツにいるうちに全部のチャンネルを見るっってのは不可能だろうけど・・・

楽しみが増えちゃったもんね・・398

こうして我が家では再びテレビが見れるようになったのでした。

めでたしめでたし。

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

働かないドイツ人・・・

きょろパパが日本にいたころ・・・ドイツ人と言えば・・・

マイスターの国、高い技術力、信頼の置ける国499・・・・

労働価値観の異なる欧米においてドイツだけは例外で、

日本496と非常に近い国民性・・・つまり勤勉、真面目・・・

・・と思っていたのですが・・現実はとんでもありません428

そんなのは幻想

サービスは最低、真面目さのかけらもない(人が多い)。

いかにして働かざるして金を得るか、そんなことばかり考えてる。

したがって、ドイツ人は大のスト好き。

ちょっとやなことがあると、すぐにスト・スト・スト・・・

電車もバスも飛行機もデパートも、労組労組でストばっかし。

ちっとも客のことなんざ考えません。

したがって、街中いたるところでしょっちゅうデモだストだと大騒ぎ。

最初は「へぇ~・・労働組合が活発なんだ。意外だなぁ~」

と思ってたきょろパパも、最近はその頻度の多さにいい加減うんざり。

デモを見るたびに「またかよ、ちっとは働けよ!」とムッとするのでした。

警官デモ

とある日のこと。

『いつものように』デモをするドイツの労働組合

「金よこせ~!給料上げろ!労働時間短縮!」

おいおい、そもそも全然働かないお前らの労働時間短縮したら

いつ働くんだぁ~???あっ?

 警官デモ

ホレ見ろ!お前らがそんなことばっかしやってるから

警備のお巡りさんも大変じゃねぇか。

そのお巡りさんの給料も市民の税金だからな!

お前らがそんなことばっかりやってるから行政コストが上がるんだ!

少しはこのお巡りさんみたいに真面目に働いたらどうだ!

警官デモ

などと余計なことで憤っていたら・・・何か様子が違うゾ・・・

やけにお巡りさん多くない・・・?そんなに危険なデモなの・・・?

しかもお巡りさん・・・旗持ってる・・・

えっ・・えぇ~・・・これってひょっとして・・・

 警官デモ

げげっ・・・このお巡りさん、警備してるんじゃなくて・・・デモしてる・・・

何これ、警官のデモ・・・?マジ?そんなのあり?

この間に事件があったらどうすんの?

まじメチャクチャだなぁ・・・何でもありかい、ドイツは・・・。

後日、知り合いのお巡りさんに話を聞くと、

ハンブルクでは公務員たる警官と公務員でない警官がいる・・・らしい・・・

その切り分けは何度説明を受けても分からなかったけど、

とにかく「公務員でない警官」は団結権が認められているらしい。

おかげで「公務員たる警官」はそのとばっちりを喰らい、

この「警官デモ」の日は一日中大忙しだったらしい・・・。

ま、そりゃそうだな・・・仲間のデモ警備しなくちゃならないんだからな。

どっちがデモする側でどっちが警備・・・?わかんねぇ~・・

しかもこの警官デモ。延べ3日もやっていた。

ま、ドイツ人にとっちゃ市民の安全より自分の給料の方が大事ってことだわな。

こういう光景を見ると、本当に日本人でよかったと思う。

もう、何を信じていいんだか本当に分かんな~い!それがドイツ!

 

| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

ペトロ

人の縁とは不思議なものです・・・

先日、娘に親友ができました。

名前は「ヴァレンティーナ」

去年の夏くらいにオランダから越してきたらしく、

娘と同級、ESLでも一緒ですぐに意気投合。

ん・・?ESL・・?オランダ人で英語ができない・・?っておかしくない?

と娘に聞くと・・・

娘「だってバレンティーナはオランダ人じゃないもん・・」

父「なるほど・・・」

以来、お互いの家にお泊りするくらいの大親友に440

と、まぁここまでは良くある話なんだけど・・・ある日のこと。

娘「あのさ、ヴァレンティーナのお父さんって日本にいたんだって。」

父「へぇ~、そうなんだ。何で?」

娘「浦和レッズでコーチしてたんだって。」

父「405な・・なに?我が浦和レッズでコーチだって?サッカー選手だったの?」

娘「知らないけど、3年間浦和にいたんだってよ。今はハンブルガーSVでコーチしてるんだって。」

そ・・そう言えばヴァレンティーナはいつもHSVグッズを身に着けてるなぁ・・・。

父「名前は?ヴァレンティーナの苗字はなんて言うの?」

娘「ペトロビッチ・・・」

何!?ペトロビッチだと?そりゃコーチじゃなくて選手じゃないかい。

しかも、ユーゴスラビア代表だった名選手。

現グランパス監督のストイコビッチの同僚じゃないか!!

ビッチ、ビッチだらけのユーゴ代表の中でも、ストイコビッチとペトロビッチはよく覚えてるぞ!

確かにレッズにいた、いた!

レッズがまだ超弱かったころ、Jリーグのお荷物と言われてたころ、

いや、悪夢のようなJ2落ちの2000年、確かにいた。

結構熱い選手で、「レッズの選手なら100%頑張れ!」

みたいな名せりふを残して退団していったような・・・

あの小野伸二と大の仲良しで、

小野がフェイエノールトにいたときコーチしてたんじゃなかたっけ?

今年からHSVのコーチ・・・

だからヴァレンティーナもオランダから来たって言ってたのか・・・。

覚えてない人のために、こんな選手。

ペトロ

何々?ヴァレンティーナのお父さんってそんな凄い人だったの・・?

そこで俗人の父は、

「もっとヴァレンティーナと仲良くして、今度お父さんに会ったら

『うちのお父さんもサッカー大好きなんですよ。浦和レッズの大ファン。

今度HSVの試合見たいって言ってました!』と言ってきなさい。

うまくすればVIP席ご招待なんてことも・・・・ふふふ・・・391

などと邪な考えを起こしたのでした。

けなげな娘は、その後ヴァレンティーナの家に遊びに行くたび

俗人の父の売り込みに必死。

あまりに必死の売り込みに、ついにあのペトロビッチから招待が!

や・・・やった・・・411

と思ったら・・きょろパパがペトロビッチのファンだと勘違いされたのか、

届いたのは観戦券ではなく、これ。

ペトロ

直筆サイン入りのブロマイドだぁ~406

裏面はこんな感じで、

ペトロ

要はHSVのチームブロマイドだな・・。これじゃスタジアムには入れん・・・

い・・いやっ・・・決してこんなのいらない!って訳じゃないけどさ、

きょろパパが欲しかったのは・・・

入場券なのです。それも小野伸二のいるボッフム戦とか、

長谷部、大久保の所属するヴォルフスブルグ戦・・・がいいなぁ・・なんて・・

きょろママ「あんた、そんなうまく行くわけないじゃない!みっともないからやめなさい!」

そりゃそうだけどさ・・・でもあきらめないもん!

そんなこんなで、1回目は失敗に終わったペトロビッチ懐柔作戦。

懲りないきょろパパは、まだまだ続けるつもりなのです・・・。

目標:チケットゲットするゾぉ~!! 

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

シュンモリでチーパ!

しかし、いまどきの若者言葉ときたら・・・・

先日の娘の独り言。

娘「あ~ぁ・・・クリパはシュンモリでオシャパがよかったなぁ・・・」

父「何・・・?それ?お前学校で難しい外国語習ってるんだなぁ・・・」

娘「外国語じゃないよ!」

父「だって学校は基本英語だろ。ドイツ語も習ってて・・・でも父が知る限り英語にもドイツ語にもそんな単語は存在しないぞ!」

娘「だって日本語だもん!」

父「なに・・日本語・・?日本語にはそんな単語もっと存在しないじゃないか!」

娘「だっさぁ~い・・・いいからあっち行っててよ!」

さて、娘の独り言を通訳すると・・・

「あ~ぁ・・・クリスマス・パーティーは季節にあった旬のものを取り入れたコーディネイトでおしゃれなパーティーがよかったなぁ・・・」

となる・・・らしい・・・。理解不能!

でもそこで父は思いついた。旬のもの・・?ん・・?冬の旬と言えば・・鍋か?

そうなのです。すぐに食い物に結びつけるきょろパパは、

「よし、じゃ今日はシュンモリでチーパだ!」

(きょろパパ訳「旬の野菜てんこ盛りのチーズフォンデュパーティーだ!」)

チーズホンデュ 

最近日本の鍋にも飽き気味だから、たまにはは洋風で行こう!

チーズホンデュ

ってさ、旬のものてんこ盛りって・・・冬の旬でフォンデュの具になりそうなものって何だ?

と考えた挙句・・・

ブロッコリーにニンジン、ジャガイモ・・・・何か一年中食ってるような気がするなぁ・・

おまけにウィンナーと日本の「もち」・・

う~ん・・強いて言えば「もち」が旬か・・・?

 チーズホンデュ

定番のパンに旬があるとも思えず・・・

ま、旬かどうかは別として、旬だと思うことに意義がある!

などと勝手な理屈を並べ・・

チーズホンデュ

程よくチーズが溶けたところで

「いっただきま~す!」・・398・いやっ、まじうまいぞ!

そうそう、きょろパパ家のフォンデュは電気プレートを使用します。

こうするとチーズがさめないし・・・

チーズホンデュ

プレートの上で具を暖めることも可能・・・

まさに一石二鳥!

チーズホンデュ

最初はシュンモリのこじつけに不審そうな目をしてた娘も・・

チーズの匂いに「うぇっ!臭せぇ!」と鼻をつまんでいた息子も・・

気づいたら「うま~い!うま~い!」とご満悦。

ウィンナーとパンはお代わりまで登場して

しごくご満悦なひと時を過ごしたのでした・・・。

う~ん・・フォンデュもなかなかよいねぇ~

「シュンモリ チーフォ スギスギでニヨイ!」

(訳:の野菜盛りだくさんのチーフォンデュで食いすぎ飲みすぎ、完全酔いじゃ~!)

注:そんな言葉ありません!

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。