ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

マイセン!!

さて、翌日。ドレスデンを跡にして、Sバーン455に揺られること1時間。マイセンやってきましたマイセン。日本では高級焼き物の街として超有名184。きょろパパ兄いわく「今回の旅行のメインだぜ・・・!買い物するゾォ~!」だって・・・。で、街をぶらぶらしてると、マイセン2至る所に陶磁器の販売店が・・・。さすがマイセン!398って感じだけど、せっかくマイセンに来たんだからやっぱり国立マイセン陶磁器工場に行かなくちゃだな。ということで、市内見学もそこそこに陶磁器工場へゴ~!アルブレヒト城からミニバス104に揺られること30分。やって来ました国立マイセン陶磁器工場。マイセン陶磁器製造所余談ですけど、このミニバスって市内の見所なんかも紹介しながらゆっくり走ってくれる104355から、結構楽しくてお勧め。工場見学だけじゃちょっと物足りない・・・って言う人はぜひお試しを!

マイセン陶磁器製造所(入り口)で、陶磁器工場の入口ではでっかい馬533の焼き物がお迎え。これもやっぱりマイセン焼き・・・でけぇ364これっていったいいくらするんだろう・・・361お馬さんを横目に中に入ると・・・もちろんここでマイセンの買い物ができるんだけど、せっかくここまで来たんだから工場見学しなくちゃだな。入口でチケット買って・・・待つこと5分。ツアーの始まり始まり。もちろん日本語496のガイドもあるので楽チン。マイセン陶磁器製造所1工場見学の入口には、マイセンの紋章の移り変わりがやっぱり焼き物で飾ってある。へぇ・・長い歴史があるんですなぁ・・・。

マイセン陶磁器製造所(工場・ろくろ)で、ツアーの最初は「こね」。このおじさん506が実演してくれるんだけど、見事なもんですなぁ・・・。マイセン陶磁器製造所(工場・ろくろ1)この「ろくろ」、足で回しながら手で粘土の形を整えていくんだけど、あっという間に1個のカップ273が出来上がり・・・いやいや、簡単そうにやってますけど、こりゃ相当難しいですよ410・・・マイセン陶磁器製造所(工場・飾り)で、お次の部屋は「飾り付け」。マイセン陶磁器製造所(工場・飾り1)人形とかの焼き物に付いている細かい花298とか小道具とか、そういった小さな物を1つ1つ手作業で取り付けていく・・・うぅ~ん・・見てるだけで肩がこりそう・・389マイセン陶磁器製造所(工場・下絵)お次は下絵。1枚1枚手作業で丁寧に絵付け。下絵を付けたら上薬を塗って焼きへ。マイセン陶磁器製造所(工場・下絵1)後ろに並べられてる番号の付いた皿は、その行程を示しているらしい。マイセン陶磁器製造所(工場・絵)で、最後の部屋が「上絵」。鮮やかな赤382とか、金354とか、そういった色をこれも1枚1枚手作業付けていく。ちなみにお姉さん513の前にある色の見本は、絵付けのときには黒っぽい色が焼くと金色になるっている見本。マイセン陶磁器製造所(工場・絵1)後ろに並べられたのが、鮮やかな赤も焼く前は汚れた茶色っていう見本。へぇ・・焼く前と後でこんなに色が変わるんだ398・・知らなかった・・・。

マイセン陶磁器製造所2マイセン陶磁器製造所3マイセン陶磁器製造所4で、工場見学の後は展示ルームへ。数々の豪華なマイセンがこれでもか!っていうくらい展示してあって・・・う~ん・・これ全部でいくらになるんだろう・・・1つでいいからきょろパパにくれない?中には変わった焼き物・・・マイセン陶磁器製造所5おじさん、なにがそんなにおかしいんでしょう・・・?マイセン陶磁器製造所(ゴルフ)きょろパパのお気に入りはこれ。とぼけたゴルフ224の焼き物なんだけど、これ見てすぐに「マイセンだ!」って分かる人はいないんじゃないかなぁ403・・・。さりげなく家258に飾ってあったりするとかっこいいんだろうけど391・・・でもきょろパパが手を出せる値段じゃないだろうな・・きっと406。いやぁ、しかし展示ルームもバカに広い。全部見るのに小1時間。ため息355の連続です・・・。

で、展示ルームを見学した後はきょろパパ兄さまご待望のお買い物タイム。きょろパパ家はそんな高い買い物できないから「見てるだけ!416」。で、きょろパパ兄さまはあれやこれや迷った挙句、数々のお土産をご購入!マジ!金持ちじゃん364で、そのお土産を包んでもらっている途中の娘・・・206「ねぇパパ~・・・。あの包み紙ってもらえないのかなぁ・・・?」・・・見ると、商品を包んで少しあまった包装紙は次々とゴミ箱へ355・・・よしよし、じゃ聞いてやろうじゃないか・・208「エッヘン!あ~・・そのぉ~・・・店員さん・・!その紙もらえません・・?421」・・店員506「へっ?これっ361・・・こんなの欲しいの・・・・いいよ。ホレ!」・・やっ、やったよ411・・・言ってみるもんだなぁ・・。ということで、何のお土産も買えなかったきょろパパ家は「本物のマイセン!・・・・の包装紙」をゲット。やったね221。しかし娘はまだご不満の様子・・何々、どうしたんだ?206「ねぇパパ~・・・あのシールも欲しい・・・」・・マジッ?さすがにシールは・・・ちょっ、ちょっと待ってろ!今聞いてやるから・・・と、そんなこんなを繰り返し、包装紙にリボンにシール、すべてマイセンのマーク入りをゲット221221・・・最後に見かねた店員さん・・・506「袋もあげるね!」って、これもマイセンのマーク入りビニール袋をゲット221221221。いやぁ・・・マイセン陶磁器製造所(土産)いい土産ができたじゃん411。娘も大喜びだじぇ!マイセンでもらった本物のマイセン・・・中身があればもっとよかったんだけどね!

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ドレスデン!!

最近サボりぎみ・・・久々にブログアップです!・・・で、兄弟の話。きょろパパにも一応兄貴がいまして、そんでもって先月のある日、兄貴から電話が・・・290「ドイツ499に遊びに行くぜ!」・・208「おう、ウェルカム・・・じゃなくてビルコメン(ドイツ語)だぜ!で、どっか行きたいところあるん361」・・・290「そうだなぁ・・マイセン364」・・208「(・・・マジかよ・・遠いじゃん。ミーハーだなぁ・・・)」・・290「あっ?何か言ったか?」・・208「いえいえ、とんでもございません。よろしいでございますね・・・マイセン・・・」・・・ということでマイセン行き決定!マイセン遠いから、途中ドレスデンで1泊ね・・・(ホテル代はもちろんお兄様もちだゼ!414

 ということでやってきましたドレスデン。そういやぁ、ドイツ499に来てすぐに、知り合いのドイツ人に506「お前はもう死んでいる!・・・じゃなくて・・ドレスデンに行ったか?」って聞かれたけど、ドイツ人にとってドレスデンはご自慢の街らしい。な~んか、ガンツ・ヨーロッパって感じだなぁ・・・。では市内探索に出発!

アウグストⅡまずは、ノイシュタットのホテル前に立っていた金ピカ354のアウグスト強王像。本当にキンキラ金だゼ・・・ちょっと削って持って帰ったら怒られるかなぁ403。・・いやいや、ローマの大聖堂みたいに大事件になっちゃうとやばいからやめておくか・・・。そんなこと言ってないで市内見学、市内見学。

 ドレスデンノイシュタットからアウグストゥス橋を渡って旧市街へ355 ドレスデン(北斎)橋の途中にはなぜかこんなオブジェが・・・。日本の浮世絵っぽいじゃん・・と思ってたら、ちゃんと「北斎の浮世絵」って説明書きがありやした・・・。でもなぜこのオブジェがここにあるかは不明・・・361ドレスデン王宮で、橋を渡るとレジデンツ城の見事な城壁。2万5千枚のマイセン焼きのタイルで描かれてるんだって・・。おっ、この壁カレンダーで見たことあるじぇ!へぇ~411・・見事なもんだねぇ・・。ちなみに、ホテルの前に金ピカの像があったけど、ここにも描かれているアウグスト強王は精力絶倫、360人の子を残したんだってさ・・・スゴッ421

ドレスデン1お次はブリュールのテラスを散策。ゼンパーオパーそんでもってゼンパーオペラを見て・・ツヴィンガー宮殿お次はツビンガー宮殿。ツヴィンガー宮殿1本当は中に色々なt展示があって見学できるんだけど、この日はお休み・・・。残念・・・390

パエリヤで、夕飯はガイドで見つけたスペイン502料理屋へ。おじさんでっかいパエリア作ってたけど、きょろパパたち以外にお客さんいないよ・・・?パエリヤって出来立てじゃなくちゃうまくないじゃん・・・お米べちゃべちゃしちゃになっちゃってさぁ・・・ま、いいか。スペ飯と言うことで、きょろパパたちは別のパエリアを注文。まじうまかった・・。ビール275とワイン272もたらふく飲んで、かなり食いすぎモード!

で、きょろパパたちが飲んだくれてる間、さっさとパエリアでお腹を膨らませた子供たち439プール「パパァ~・・先帰ってプール入ってくるね!じゃね!」とさっさとホテル帰ってしまったのでした・・・。そして宴会は延々と続く・・・。お兄様・・明日はマイセンだから二日酔いになる前に帰りませう!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

黒鳥の湖?

皆さん289黒白鳥って知ってます・・・?黒い白鳥519なんですって。何で白鳥なのに「黒」なの・・362なんで黒いのに黒「白鳥」なの・・・361普通は「黒鳥」じゃないの・・・236などと余計なことを考えたことはあっても、生”黒白鳥”を見たことがないきょろパパ390。ネットの世界では当たり前の存在でも、何でも自分で経験しないとにわかには信じられないたちのきょろパパは・・・「そんな鳥はおらんやろぉ~・・・403」って思っていたのでした。

 黒白鳥1しかししかし・・いたのですよ405。それも目の前に。ある日、いつものようにアルスター湖をボ~っと眺めていたら、なにやら黒い物体がス~355・・と泳いでくるではあ~りませんか。「でけぇカラスだなぁ!」・・・いや、ちょっと違うぞ・・・362「汚ねぇ白鳥かぁ・・・タンカーが座礁したときの海鳥みたいじゃんか(失礼!)。たまには風呂入れよ48」・・・う~ん・・これもちょっと違う。こりゃひょっとして・・ま、まさかっ405!そうなのです。生まれてはじめての生「黒白鳥」364いやぁ、いるんですねぇ、本当に。珍しいもの見ちゃった。いいことあるかもしれないぞ!

 黒白鳥この黒白鳥、色が黒いこと以外は大きさも形も白鳥そのもの。だから黒「白鳥」って言うんだろうけどさぁ、でも白い部分なんて全然ないじゃん356。どこも白くないのに「白鳥519」っておかしくない・・・361ガンツ真っ黒けなんだゼ!やっぱり普通は「黒鳥」だろう・・・。などとど~でもいいことに思案をめぐらし、でた結論はこの鳥を「クロ」と名づけること。我ながらナイスなネーミングだゼ!そう呼んでるのはきょろパパだけだけどさ・・・。

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ミニチュアワンダーランド

ハンブルクの倉庫街にあるミニチュアワンダーランド491。名前知ってはいたけど、「何、それ?403東武ワールドスクェアみたいなもん・・・?別に興味な~いし・・・427」てな具合に足を向けようともしなかったきょろパパ。しかししかし、この1年ちょっとの間に、意外や意外、けっこうたくさんの人たちから「もう行った?一度行った方がいいよ。面白いよ364」って勧められること数回。ドイツ人499からも観光に来た日本人496からも勧められ、意志薄弱なきょろパパは「・・・そっ・・・そうなの?じゃ、一回行ってみようかなぁ~・・・414」っていうことでやってきましたミニチュアワンダーランド。入場料は大人10ユーロ、子供5ユーロ・・・けっこう高いのね・・・409

 ミニチュアワンダーランドで、受付でおねぇさん513からチケットを買って入場すると・・・そこには壮大(?)なミニチュアが・・・。でもさぁ・・これって想像したとおり普通(?)のミニチュアじゃん・・・403。なんでこんなものがありがたいの・・・?きょろパパは普通の人と面白いもののつぼが違うのかなぁ・・・?なんて思っていたら、奥に行けどもいけども、さらには階段上がって2階にまで、一面ミニチュアの山・・・。なるほど・・・確かに広くて見がいがあるぞ。206「パパァ~・・あっちにもあるよ。こっちも!」と娘に手を引かれ、館内を歩き回ること数十分、いやはやまだあるの?ミニチュアワンダーランド2ミニチュアワンダーランド1館内の照明は夜になったり昼になったり、模型はよく見ると結構細部までこだわって作ってあったりしてけっこう面白い・・・あれ、ちょっとはまって来ちゃったぞ・・。
ミニチュアワンダーランド3このスタンドなんざぁ、料金表示61が実際のスタンドと連動してて、リアルタイムの値段が表示されてるんだって。へぇ~・・よくやるねぇ。
ミニチュアワンダーランド12雪山276ではスタックしている一団が・・・芸が細かいねぇ・・。
ミニチュアワンダーランド10こちらは事故現場448355・・・ミニチュアワンダーランド11しかし、こんな事故あるかよ・・車が真っ二つじゃん。しかも後部座席のおねぇチャンたちは無事だけどパンツ見せてビビってるところなんざ、パンツ・・じゃないパンチが効いてるよなぁ・・・391
ミニチュアワンダーランド4ちょっ・・ちょっと待ってよ!ここは子供439も訪れる夢のミニチュア博物館でしょ・・・?そんな健全な場所でこの二人はなにやってんですか!人が見てますよ!ミニチュアワンダーランド5
ミニチュアワンダーランド6こっちはトップレスのおねぇちゃん・・・誰にも見られてないと思ってくつろいでるけど・・・丸見えですよぉ~364ミニチュアワンダーランド7ちょっ・・・これは358でしょ!これは・・・18歳未満禁止114!しかしここまで再現する必要あるのかねぇ・・?ドイツ人506ってこんなところにまでこだわるのね・・・
ミニチュアワンダーランド9こっちのおねぇさんは入浴中。ミニチュアワンダーランド8で、こっちのおじさんは用足し中96。どうでもいいけど臭そうだからドアぐらい閉めなさいって!いやぁ。けっこう際どいところまでしっかり再現しちゃって、本当ドイツ人ってこだわるなぁ。ま、こういう写真ばっかり撮ってるきょろパパもきょろパパだけどさぁ393・・・。だって面白いんだもん。
ミニチュアワンダーランド13最後はちょっと真面目に相撲フェスティバルの模型。なんでこんなものがあるのかよく分からん。けど、唯一(?)の日本496っぽいものなんだよねぇ、これが。

 見学すること1時間強。いやぁ・・・最初はただの模型じゃん・・って思ってたけど、細かいところ見出すとけっこうはまっちゃうねぇ・・・398。皆様がお勧めするのも分かる気がする。いやぁ面白かった、満足満足・・・。皆さんも機会があればぜひお出かけください。で、この写真の模型を探してみてくださいね!

 きょろママ209「あんたさぁ・・・390こういうHな人形見つけるのだけは早いよねぇ・・・もうちょっと真面目なところ見ようって気はないの・・?ブログ見た人がこんな模型ばっかり探し出したらどうすんのよ359」・・・すみません・・だけど面白いんだもん・・

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。