ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

愛車 退院!

ヴィース教会259を後にして、ミュンヘンのNOMURIN家へ。ナビなしが災いして、案の定ミュンヘン市内で迷子に。市内を放浪356すること小一時間。やっと「ここはどこ・・?私はだ~れ・・?」状態から解放されたと思ったら、メルセデスから電話214が・・。506「あ~・・・あんたの車直ったぜ。取りに来な。」・・「それはドモドモでございます。修理代はいくらでございましょう。」・・506「950ユーロだ。」・・・405ガーン・・・406

 仕方なく代車を満タンにしてメルセデスへ。506「代車は満タンにしてきたか。」・・「はい、してきましたでございます。」506「よし、じゃ金払いな。」・・「カードでいい・・?」・・・ミュンヘン・代車そして、1日を共にした代車に別れを告げて元気になった自分の愛車に乗り換え。スタート時、クラッチを踏もうとしてずっこけたのはご愛嬌ということで・・・車よしよし、よく帰ってきたなぁ。この金食い虫!

 その夜、NOMURINがアウグスティーナで慰めてくれたのは言うまでもありません。ミュンヘン・アウグスティーナ   つづく

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ヴィース教会

ノイシュバンシュタイン城3さて、大満足のノイシュバンシュタイン城491を後にしたきょろパパ家。さぁ~て、かぁちゃん。このままミュンヘンに戻ったんじゃちぃ~とばかし早いから、いっちょキリスト像が涙を流したという伝説のある世界遺産、ヴィース教会259にでも寄ってみようじゃないか。ナビよろしくね222

 ということで、やってきましたヴィース教会。しかし、ここってすっげぇ~田舎だなぁ403。ノイシュバンシュタイン城もそうだったけど、バスツアーか自分で車運転して来ないと来れねぇぞ。しかも教会259の外観もなんだか普通の教会と変わんないし403・・・ヴィース教会ただ単に田舎にあるだけの教会?ひょっとしてハズレ・・・?

 なんてぶつぶつ言いながら、せっかく来たんだからと中に入って見ると・・・ヴィース教会1うぉっ12・・うぉおおっ405、何だコリャ!凄げぇ豪華な内装。北ドイツの教会とは全く違うぞ。まるで絵本の世界みたいだ。ノイシュバンシュタイン城もぶったまげたけど、いやいやっ、この教会も凄げぇぞ・・・・バイエルン王国は本当に凄かったんだなぁ・・・いや、豪勢、綺麗、素敵!まじ凄っ!

 で、普通祭壇には十字架に貼り付けられたイエスが祭られてるんだけど、ここの教会は「鞭打たれるキリスト」らしい。ヴィース教会2これが涙を流した406という伝説のキリスト像かぁ・・・・きょろパパは一応ミッション系の学校出てるんだけど、別にキリスト教徒でもないのでそんな伝説には「ふぅ~ん・・・」ってな感じ・・・だけど、しかし祭壇もパイプオルガンも内装も、何から何まで凄い。いやぁ、同じドイツとは思えないほど北と南でこんなに違うんだねぇ。ドイツってどこに行っても教会259とか大聖堂とかしか見るものないと思って最近飽きてきてたけど、こりゃ別物だ。ここも一見の価値あり。見に来て良かった。   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城1マリエン橋からノイシュバンシュタイン城491まで歩いて10分。途中、さっき見たホーエンシュバンガウ城も見えて、ホーエンシュバンガウ城1景色は最高263。いやぁ、やっぱり有名なだけあるなぁ398。すぐ前方にノイシュバンシュタイン城も見えてきて、ノイシュバンシュタインン8オォ~・・これが有名なノイシュバンシュタイン城かぁ・・別にディスニーファンでもないけど、やっぱり感動するなぁ。東京ディズニーランドでシンデレラ城見たときはこんなに感動しなかったけど・・・

ノイシュバンシュタイン城2で、ツアーの要領はホーエンシュバンガウ城と全く一緒。聞けば、ノイシュバンシュタイン城を建てたルードヴィヒ2世は、ホーエンシュバンガウ城を建てたマクシミリアン2世の息子らしいけど、外観も内装も段違いに豪勢。息子の完勝91!残念ながら城の内部はやっぱり撮影禁止358なのでお見せできないけど、ガイドブックがたくさん出てるから興味のある人はそちらで。しかし、まぁ本当に凄い405。こりゃ世界的に有名になるだけあるわ。きょろパパは決してお城フリークじゃないけど、いや、今まで見たものとは根本が違う353。ちょっと言葉じゃ言い表せないけど、こりゃ本当に一見の価値ある。ミーハーと言われようがなんだろうが、絶対見る価値あるゾ。シュバンガウなんてド田舎でこの城がなければ誰も来ないなんて言われてるけど、いやいや・・・確かにこんな凄い城じゃどこにあってもみんな見に来るわ。本当にたまげた405

 何から何までぶったまげづくしのノイシュバンシュタイン城。いやぁ・・本当に期待した以上だった。こりゃ本当に凄げぇや。はるばるミュンヘンまで来たかいがあった。皆さんも機会があったら是非。お勧めします。

 で、帰りは山道263をトコトコ歩いて下り。あれ、ガイドブックには40分なんて書いてあったけど、意外と近いなぁ・・なんて言いながら、20分も歩けばふもとのチケットセンターに到着。さてさて、かぁちゃん、何かお土産でも買おうじゃないか・・ということでお土産屋に入ってみるとこんな表示が。ノイシュバンシュタイン城・お土産屋いやぁ、やっぱり日本ってワールドワイドですねぇ398。そんなこんなで大満足のノイシュバンシュタイン城見学でした。   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

マリエン橋

さてさて、ノイシュバンシュタイン城ってどこだぁ・・・うぉ!ホーエンシュバンガウ城からあんなに遠くに見えるじゃん。ホーエンシュバンガウからノイシュバンシュタインノイシュバンシュタイン城何々・・あそこに行くには・・・歩く30か馬車230かバス104・・しかないのかぁ。マップ・ノイシュバンシュタイン歩くと40分かかるらしいからなぁ。昨日のスキーで疲れてるから歩きはパス222観光客の一番人気は馬車ノイシュバンシュタインの馬車でトコトコ・・らしいけど、どうやらマリエン橋ってところから見るノイシュバンシュタイン城491が綺麗らしいじゃん。こりゃ、見逃す手はねぇぜ。バスで行くとマリエン橋の近くまで行くらしいから、バス104にしようぜ。馬車だと片道(登り)5ユーロくらい取られてお城の下までしか行かないけど、バスは1.6ユーロでマリエン橋まで行くからな。断然バスの方がいい398

 でバス104に一番乗りで発車を待ってると・・・次にドイツ人499の家族。その次に多分イタリア人500の家族。その次に日本人の団体客が乗ってきて、なんだなんだぁ・・・バスの中8割がたは日本人496だ。日本語が飛び交ってるぞ。ツアー添乗員のおばちゃんが人数確認まで始めて、1、2、3・・・・・13、14・・で、きょろパパ家のところに来ると数えるのやめてじ~と人の顔覗き込んで・・・「あれっ、こんな奴居たっけ・・・403?」みたいな顔して・・・あのぅ・・我が家は違います。結局日本人30人くらい居たんだけど、しかし日本人って本当にお行儀いいね398。ヨーロッパの旅行会社がホテルや有名な観光施設に「マナーのいい旅行客は?」というアンケートをした結果、日本がダントツの1位219だったらしいけど、よく分かる。やっぱり日本人496は大したもんだ。それに比べて韓○人・・・実は、バスが発車した後、無理やりバスを止めて20人くらいの韓○人の団体が乗ってきたんだけど、いやぁ・・騒ぎまくる人を押しまくる・・・マナーの悪いこと悪いこと。さすがのきょろパパも目が点になったぞ405。日本人のツアー客も「ずうずうしいにもほどがある359」って激怒してたからなぁ。同じ東洋人としてもうちょっと何とかならないかと・・・195

 そんなこんなでバス104に揺られること5分。マリエン橋に到着。おぉ~・・・ノイシュバンシュタイン城1ノイシュバンシュタイン城が良く見える411。この角度、ガイドブックによく出てる奴じゃん。ここがそうかぁ・・・確かにいい眺めだ・・・398

 しかしマリエン橋って、橋からの景色が素晴らしいなんて言われてるから大きい橋なのかと思ったら、そうでもないなぁ。マリエン橋マリエン橋2下は板張りで隙間だらけ。マリエン橋1結構高いところにあって揺れるから、娘433が怖がってる399・・・でも確かに景色はグー。さぁ、子供たち、次はいよいよノイシュバンシュタイン城見学だ!心して見るのだぞ!   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ホーエンシュバンガウ城

さてさて、チケットも無事入手したことだし、11時50分までまだちょっと時間あるけど、さっそくホーエンシュバンガウ城491を見に行こうじゃないか。

 チケットセンターから歩くこと2~3分、右手にお城491が・・・ホーエンシュバンガウ城2おぉ、これがホーエンシュバンガウ城かぁ398・・・って言っても今まで名前もその存在もぜ~んぜん知らなかったんだけどさぁ414。どうやらノイシュバンシュタイン城とセットで見るのが一般的らしい。っていうより、ノイシュバンシュタインはかなり山の上の方にあるから、ノイシュバンシュタインを見ようと思ったら結局ここを通らなくちゃ行けないんじゃん。でも、あんまり有名じゃないってことはたいしたことないってこと403・・・?ま、せっかくだからじっくり見て行こうじゃないか。

 ホーエンシュバンガウ城2まずお城の外観見学。有名じゃないけど、意外とちゃんとしたお城じゃん398。さすがに有名な観光地だけあって日本人496もたくさん居るぞ。付近を散歩しながら待つこと15分。やっと入口の電光掲示が134に。ホーエンシュバンガウ城3よっしゃぁ~子供たち、入るぞ219・・・入口で携帯無線渡されて、そこから流れる日本語で館内案内してくれるからとっても楽チン。いやぁ、日本語案内があるなんざ、やっぱり有名な観光地なんだなぁ。楽チン楽チン398

 内部は残念ながら写真撮影禁止。唯一許されたのは、居室から見る湖の眺めだけ。ホーエンシュバンガウ城・窓アルプスの山々281と湖が綺麗でした。

 しかし、ドイツに来てお城491といえば、ほとんど北ドイツの城しか見てなかったきょろパパ家。北の方はデンマーク王国の影響が強くて、豪勢といえば豪勢なんだけど、どちらかというと住空間258としての機能性が重視されてるのに対して、南ドイツの城は装飾品も凝ってるし、何から何までまぁ贅沢なもんですなぁ354。30分のツアーを終了して、いやぁ、満足満足398。ホーエンシュバンガウ城って日本ではあんまり有名じゃなくて大したことないと思ってたけど、この城でこんなに豪勢なら有名なノイシュバンシュタインは相当期待できるな411。さて子供たち、次はお待ちかねのノイシュバンシュタイン城へレッツゴ~355   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

チケット&ナビもトラブル・・?

翌日(31日)・・・さ~て、代車231もゲットしたことだし、ノイシュバンシュタイン城491のあるシュバンガウまでドライブでもしようじゃないか。子供たち205206も「シンデレラ城だぁ~411」って楽しみにしてるしなぁ・・・しかし、NOMURINに「事前にチケット予約しておいた方がいいよ」って言われてネットで申し込んだのはいいけど、何のリアクションもないなぁ・・・403。有名なノイシュバンシュタイン城もやっぱりドイツってことか・・・でも、チケットの確認は取れなかったけど、今日は月曜日でそんなに混んでないだろうから行けばどうにかなるだろう。ミュンヘン市内から2時間くらいかかるらしいから、かぁちゃん、そろそろ出発しようぜ。子供たち、行くゾ~355

 で、代車に、入院中の自分の車からはずしてきた携帯ナビを取り付けて準備OK426。マニュアル車っていうところが気になるけど、なんとかなるだろう・・392。さて、ノイシュバンシュタイン城491にナビをセットして・・・・あれっ・・・あれぇ~・・・おかしいなぁ388。携帯ナビの画面が初期化されてるぞ404・・・何かいやな予感・・・まさか、車に引き続きナビまで399・・・ぅぉぉぉおおおおお~・・・406予感的中。何でこうもトラブルばかり起きるの394?仕方ない、かぁちゃん、今日は人間ナビとして頑張ってくれ。きょろパパ家の楽しいドライブはきょろママの双肩にかかっている。「そこ、右に左折して!」って言わない限りちゃんと運転するから頼むぞ!先行き不安だけど、とりあえず出発355364

 で、11時250過ぎ。なんとか目的地までたどり着いて、車を止めた後さっそくチケットセンターへ。ノイシュバンシュタイン城・チケットセンター「あの~・・・ネットで予約したんですけど、何の返事も来ないんだけど・・・?」506「名前は・・・?」・・「○○でございます。」506「そんな名前言われてもわかんねぇや。ここに書いてくんな。」・・・・(パソコンぱたぱた・・)506「あぁ・・・あんたの名前じゃ予約は受けてないなぁ。」・・「やっぱり393・・当日チケットは買えますか。」506「ツアーは何語だ?」・・「日本語でございます。」506「日本語日本語と・・・おぅ、OKだぜ。城は両方見るのか?」(注:シュバンガウにはノイシュバンシュタイン城とホーエンシュバンガウ城の二つがあるのです。)・・「へいへい、2つともでございます。」506「OK・・・じゃぁ、ホーエンシュバンガウ城が11:50、ノイシュバンシュタインが13:55だ。遅れないように行けよ。エントランスに番号が表示してあるから、表示がチケットの番号になったら入場可能だ。表示が消えちまったらチケットは無効だ。いいな!遅れるんじゃねぇぞ!」・・「ガッテン承知でございます。」

 ノイシュバンシュタイン・チケットふぅ~・・何とかチケット買えたぜ。しかし、このチケットセンター、ディスニーランドみたいに建物の前に人待ちのエリアがあるけど、シーズン中はこんなに混むんだぁ・・・今日、こんなに混んでたらアウトだったな。危ない危ない・・・。さぁ子供たち、待望のお城見学だぁ。心して見るんだぞ!   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

トラブル旅行 in ミュンヘン2

オーストリースキー223を満喫してから再びNOMURIN家に戻った夜。明日は、仕事のNOMURIN家抜き、きょろパパ家単独でかの有名なノイシュバンシュタイン城491までドライブの予定。しかし・・・・入院した車448どうなったかなぁ。昨日の受付のお兄ちゃんは「うちは土日でもスタッフが来るから1日で直るゼ。直ったら電話するゼ!」って調子のいいこと言ってたけど、本当かなぁ403・・・日本ならすぐ修理してくれるんだろうけど、なんたってドイツ499だからなぁ・・・なんて心配しながら電話213待っても一向に鳴らずじまい。痺れを切らしてメルセデスに電話してみると・・・「410あのぅ・・昨日車をレッカーしてもらった者ですけど、おいらの車直りました・・?」506「あぁ?車だぁ!ここは車屋でぃ。車なんかいっぱいあるぜ。どんな車だよ。」・・(ピクッ359)「410C200コンプレッサーでございます。」506「C200だぁ・・ちょっと待てや・・・あ~、うちじゃCクラスは預かってないぜ。ナンバーは?」・・(ピクピクッ359359)「HHの○○・・・・でございます。」506「何ぃ!HHだぁ?。ハンブルクのナンバーーじゃねぇか。ここはミュンヘンだゼ!間違ってねぇかい?」・・(ピクピクピクッ359359359)「389昨日ハンブルクから来て車が壊れてしまったのでございます。」506「とにかくうちじゃ預かってないぜ。」・・・(我慢の限界359359)「412預かってないだぁ?ちょっと待てコラ359電話じゃらちがあかねぇ。今行くから待ってやがれ364」ってな具合で夜中に車屋まで行くはめに・・・

 で、問題のメルセデスに着くと・・・なんだよなんだよ、ちゃんとおいらの車448、駐車場に止まってるジャン。「おい、おじちゃん、さっき電話した者だけどさぁ、あそこにおいらの車止まってんジャン。預かってないってどういうことよ?」506「あぁ、あの車か。俺ん所に書類が回ってきてねぇもんだから知らなかったぜ。」・・「知らないじゃ困るな。昨日、あんたの同僚が翌日の勤務者にちゃんと言って今日中に直すってことになってるんだぜ。もう車は直ってるのか。」506「あのなぁ、休みの日の修理当番は1人なんだよ。今日は俺だけだ。俺が知らないってことは直ってねぇってことじゃねぇか!がはははは411」・・「395おいおい、そりゃ困るぜ。おいらは明日車使いたいんだよ。」506「OK。じゃ今見てやるよ。ちょっと待ってな!」・・・ふぅ~、ドイツ人は本当にクレーム付けないと動かねぇなぁ。

 で待つこと30分。工場の方に来てくれとの電話214。ひょこひょこ行ってみると、さっきのおやじ506「今見たけど、お前の車は重症だ。すぐには直らんな。」・・「いつ直るん?」506「ま、丸1日はかかるな。明日のドライブはあきらめな。」・・「ちょっと待ちやがれ。そうはイカのキン○マだ。車が直らないなら代車を出しやがれ!俺はノイシュバンシュタイン491を見たいんだよ!」506「何ぃ~・・・代車だとぉ・・・」・・「おぉ、そうだ。代車をよこせ。」・・・506「Aクラスでいい?」・・・394なんだよ。ずいぶん素直だなぁ。拍子抜けしちゃうぜ「ええ、Aクラスで結構でございます。貸してくださいまし。」506「よし、今出してやるから待ってな。」・・・こういうところは真面目なドイツ人だな。何も言わないと自分からは絶対やらないけど、言えばちゃんとやるもんな・・・よしよし。早く車もって来~い398

 で、代車にピカピカのA150ミュンヘン・代車をゲット。よし、これでノイシュバンシュタイン城を見れるぜ411。おっちゃん、ダンケ~222・・506「いいってことよ。じゃ明日な。代車は満タンにして返せよ!」・・「ガッテン承知!じゃぁね222」・・・しかし、この車マニュアルじゃねぇか。代車左ハンドルのマニュアルなんて乗ったことねぇぞ403。ま、どうにかなるか。とりあえず代車をゲットしたきょろパパ、その夜はNOMURIN家でたっぷりアウグスティーナミュンヘン・アウグスティーナをご馳走になり、明日へと備えるのでした。  つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

オーストリーでスキー

翌日(30日)、きょろパパの愛車448が入院40してしまったため、NOMURINN家の愛車に同乗させてもらってオーストリーまで223スキー小旅行。オーストリー・スキー愛車の故障で子供たちはツアーバス104で行く羽目に。ごめんよぉ~436・・・

 しかし、天気は抜群だな278。オーストリーもごたぶんにもれず暖冬のようで、雪276が少なくてスキーができないんじゃないかと心配したけど、とりあえずセーフ。よかったぁ・・・398景色も本当に綺麗。絶景だなぁオーストリー・スキー1オーストリー・スキー3オーストリー・スキー2スキー場はすいてるし223、天気はいいし278・・・天気が良すぎて雪がシャーベットになってるけど、全然OK426。いやぁ、気分いいなぁ411

 しかし歳には勝てんな394。運動不足がたたってすぐに足がもつれてきたぞ。お~い、かぁちゃん、子供たち、ちょっと休憩するべじゃねぇかい。レストランで飯で271も食おう。で、飯食ってビール275飲んだくれてたら、テラスで生演奏の始まり。オーストリー・スキー4いやぁ、なんか外国っぽくてよくない268?あっ、ここって外国か・・・どうでもいいけど、ビールもう一本275!いやぁ、本当に気分がいい。昨日の悪夢は本当に夢だったんじゃないか・・・と思えるくらい、本当に楽しい1日を過ごしたのでした。NOMURIN、ありがとう421     つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

トラブル旅行・・・in ミュンヘン

ミュンヘン・ナビ今日から休暇をとって、5泊6日ミュンヘン、オーストリー、プラハの旅411。飛行機代233もったいないのできょろパパ家の愛車448でロングドライブだぁ~。どれどれ、ナビをセットしてみるか・・・ミュンヘンまでどのくらいあるのかなぁ・・何12!・・800キロだと。こりゃちょっとばかし長丁場になりそうだぜ。子供たち、ケツが痛くなっても我慢しろよ!さぁ、ハンブルク⇔ミュンヘン・ラリーの出発だぁ~219

 ということで、午前9時248ちょっと前にハンブルクを出発。ハンブルクは雨279だったんだけど、途中から晴れてきて道路も快適278ミュンヘン・アウトバーンもちろん無制限区域では200キロでビンビンだぜぇ355!いやぁ・・快適快適。今日のために350ユーロ払ってタイヤ新調したかいがあったな。先月はエンジントラブルで入院74したけど、500ユーロの手術代で元気91に退院してきたばかりだからな、絶好調だぜ。そ~れ、行け~ぃ355355

 途中30分の昼食271休憩。人間も車も満タンになったところで、さ~て残り400キロ、頑張るぞ~217。でも、気のせいか南ドイツのアウトバーンは直線が多くて北ドイツより広いような気がするなぁ。おかげでガンガンかっ飛ばせるぜ。う~ん、快適398

 で、きょろパパの安全運転のかいあって、3時242にはミュンヘン・どっと・コムの管理人NOMURIN家に到着。いやぁ~、4日間、お世話になります421。NOMURIN「ずいぶん早かったねぇ・・」だって・・398?そりゃま、安全運転で来ましたから391。でもあんだけかっ飛んでも800キロ6時間かかったなぁ。平均時速130キロ強ってとこか。ま、アウトバーンには100キロ制限区域とかもあるからな。勘弁してやるか。

 で、次の瞬間、第一の悪夢12が訪れたのでした。NOMURIN「車もうちょっと前に止めてよ。」・・「OK、OK今動かすゼ。」エンジンスタート。ギュルルル~・・・プスプス355・・プ・プ・プ・・・ストン。・・・?あれ356、おかしいな。もう一度エンジンスタート。ギュルル・・ポン・ポン・・・プス355。あれ、エンジンかかんなくなっちゃったよ。どうして・・・?NOMURIN「ぼろっちぃ車で飛ばしすぎたんじゃないの・・・391?」

 結局そのままエンジンかからず。修理屋直行。先月修理したばかりなのに、ミュンヘンに来てまでまだ入院したいのかい。頼むぜ~406・・・・・きょろパパの願いもむなしく、愛車はレッカーレッカー・・されていくのでした・・・   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ポツダム&ラーメン

出張最終日、電車456の待ち時間を利用して、ベルリン駐在のC君の案内でシャルロッテンブルク宮殿シャルロッテンブルグ宮殿経由ポツダム見学へ。そういえばポツダムに来るのは初めてだなぁ・・・ということで、有名なサンスーシー宮殿サンスーシー宮殿サンスーシー宮殿1を見学。・・「あのさぁ、Cちゃん。サンスーシー宮殿ってあのアウンサンスーチーさんとなんか関係あんの?」・・・「393・・・・アウンサンスーチーですかぁ。ぜ~んぜん関係ありません364」・・「でもさぁ、なんとなく名前が似てるからイトコとかなんかじゃないの?」・・「394あのねぇ、なんでそうなるんですか。だいたいサンスーの部分しかかぶってないじゃないですか。どっからそういう発想が出てくるんですか359」・・「だって似てるんだもん・・・」なんておバカ6な会話を繰り広げながら宮殿見学。周りが日本語の分らないドイツ人ばっかりでよかった398

 出張最後の締めは、ベルリンに戻ってラーメン。誠ラーメンしょうゆラーメンとキムチ、ご飯のセットで6.9ユーロなり。安い、うまい、感動した411!さてと、腹も膨れたし、午後の電車でハンブルクに戻るとするか。Cちゃんドモドモ。またねぇ~222

 でその夜。「・・・かぁちゃんただいまぁ~」209「あんたさぁ、酒305飲んでラーメン373食って、宮殿見学490・・・?いったい何しにベルリンまで行ったのよ!」・・414「お仕事ですけどそれが何か?」

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

悪友 in Berlin

宴会1年前、日本国内某所でドイツ語研修のために集まった悪友とベルリン市内の韓国料理屋で1年ぶりの再会。チジミチヂミ食ってプルコギプルコギ食ってキムチ食って、そんで1Lビールビールいっぱい飲んで昔話に花を咲かせ・・・そして宴会は延々と続くのでした。あのぅ・・・明日は会議なので控えめにしない・・・?はやっぱり通用しませんでした。会議中、皆さんの目が赤かったことは言うまでもありません・・・  つづく
| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

カイザーヴィルヘルム記念教会

今日からベルリン出張。前に遊びに来た時はベルリンの壁とか国会議事堂とか見たから、今日は市内の東を散策。カイザー・ウィルヘルム記念教会おっ・・カイザーウィルヘルム記念教会発見!ここは戦争で空襲にあった教会をそのまま保存しているらしいんだけど、中の天井画が荘厳で有名らしい。どれどれ、ちょっと覗いてみるか・・・カイザーヴィルヘルム天井画教会壁画これがその天井画。有名なだけあってなかなか綺麗でした。   つづく
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

春のドカ雪

春のドカ雪今日から3日間、ベルリンに出張456・・・朝からどうも寒いと思ったら、ゲゲ12・・・雪276が積もってる・・・今年は暖冬で雪なんかほとんど降らなかったけど、ついに来たか!しかし3月も終わりになって雪なんて・・・なんだか出張すんの面倒になっちまったなぁ・・・あ~かったるい390
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ドイツの数の子

 去年の年末・・・ドイツ499でも数の子が買えるという噂を信じていたきょろパパ。「219日本食通販は高いから、そんなのその辺の魚屋で買うからいいよ!」と意気込んで探してみたものの、数の子なんて全く見当たらない12・・・まじ、誰だよ、ドイツでも数の子買えるなんて吹いた奴は・・・全然売ってないじゃん406

 で、仕方なく同僚の釣キチ229ドイツ人に聞いてみたところ・・・「あのさぁ、ヘリングス・ローゲン(ニシンの卵)食いたいんだけど・・」506「何、ニシンの卵だぁ。精巣なら聞いたことあるけど卵は知らんなぁ・・・3月にならないとニシンは釣れないから、今はないだろう。どれ、知り合いの魚屋に聞いてやるぜ!」・・・506「やっぱりないって。あきらめな。3月になったら俺がつってきてやるからそれまで待ってろよ!」

 ってな具合で期待しないで待っていたところ、イースター282休暇のある日、朝からけたたましい呼び鈴340が・・・「誰だよ403、休みの日にこんな朝早くから・・・」・・・506「へ~い!今さっきへリングス(ニシン)を釣ってきたぜ。ガンツ・フリッシュ(すっげぇ~新鮮)だから、心して食いやがれ・・じゃな!」おぉ~・・25~6匹いるぜ。さっきまで泳いでたっていうだけあって新鮮じゃん229。ということで、早速お料理お料理!

ニシンまず、腹を捌いてメスから卵をとる。精巣はパス!
数の子取り出した卵を洗って、よく塩をまぶす。
数の子1すっげぇしょっぱい塩水に漬けること数十時間~数日(大きさによって漬きが違うんだよね)
数の子2待望の数の子の出来上がり398。鰹節まぶして・・・うっ、うまい。涙が出てくるぜ409
さばきで、身の方ももったいないので3枚におろして・・・
塩振り皮をむいてざるに並べて、軽く塩を振る。そして酢で〆る。
酢〆〆ニシンのできあがり。おぉ・・今日は酒305が進みそうだぜ。どうでもいいけど子供たち・・・おいしいのは分かるけど、父ちゃんの分も残しておいてね421・・

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

ベルゲン・ベルゼン強制収用所

ベルゲン・ベルゼン強制収用所ツェレから程近いベルゼンの町。ここにもドイツの負の遺産、強制収容所跡地があります。かのアンネフランクが終戦直前にアウシュビッツから移送され、死んだ場所。ツェレに来たついでに寄って行こう・・・。しかし、ここに行くには車448がないと行けないな。ガイド本によるとツェレの街から1日たったの3本だけのバス104。しかも帰り(ツェレ行き)は1日2本。土曜日は行きが1日一本で帰りはなし。おいおい・・こんな田舎からどうやって帰れって言うんだ・・・ま、車だとツェレから20分もあれば十分だけど。

 ということで、やってきましたベルゲン・ベルゼン強制収用所。こりゃかなり大きいなぁ。今はしっかりした展示棟が建っていて、本当にむごたらしい写真なんかがずらりと掲示してある。みんなこの収容所で起こった現実だけど、死体の山をブルドーザーで片付けてる写真は強烈なインパクトだなぁ・・運転手はくわえタバコだし・・・本当に考えさせられる・・・

 で、敷地は当時の広さのまま。いたるところに慰霊塔や慰霊塚があるんだけど、そのそれぞれに「ここには1000人が眠る」とか、「ここには5000人が眠る」とか・・・一体何人の人が亡くなったのか・・
100080050002500

 そんな中で、ひときわたくさんの花が添えられている墓が。案の定、アンネ・フランクとそのお姉さんマーゴット・フランクの墓でした。アンネの墓といっても、ここの墓石は本当の墓ではなく、単なるメモリアルって書いてあったけど、それでも、今でもたくさんの花が添えられている。やっぱりこれは人類が忘れちゃいけない負の歴史なんだと改めて痛感・・・合掌421

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ツェレ城

ツェレ城ツェレには、その昔この辺りを治めていた大公のお城491があります。その名も・・・まんま「ツェレ城」なんだけど・・・まっ、ツェレに来たついでにお城見学でもしようじゃないか。家族券6ユーロ・・子供たち205206・・6ユーロ分しっかり見学するゾ!
ツェレ城・シャンデリア中には、結構な細工のシャンデリアやツェレ城・軍服昔の軍服などたくさんの展示品。その他、カーペットだとか家具、絵画なんかが目白押しだけど・・・絵にうんちくのないきょろパパは「へぇ~・・綺麗だね398・・」で終わり。親切なおばさん510が、この城の歴史を一生懸命教えてくれたけど、「ふぅ~ん・・・そうなの・・」って感じかな。ドイツ語でまくし立てられてもよく分かんねぇや。なんでもデンマーク人の王様と妃20がいたらしいんだけど、王様は病気になり、妃はかかりつけの医者とできちゃって、なんだか知らないけど、その妃と間男のラブロマンス24が有名になって、今でも毎週ここで結婚式238やってる・・・だって。ほぅ、そりゃめでてぇな。で、おばちゃんの説教から開放されて裏庭に出てみると、ツェレ城・日時計いまや珍しい日時計が。おぉ・・なかなか綺麗じゃん。だけど、この辺の天気って晴れの日278が少ないから、1年のうち半分は役に立ってなかったんだろうなぁ・・なんて余計なお世話か390

 そんなこんなで結構楽しいお城見学でした。家族で6ユーロは安い・・・で、城の庭に出てみると、あまりの天気278のよさに鴨がお昼寝してました。今日は天気いいカモ・・?ツェレ城・鴨の昼寝

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ツェレ

イースター休暇282。天気もいいし、今日はツェレまでドライブ448355。日本ではツェレってあんまり有名じゃないけど、ドイツ人の間では結構有名。嘘か本当か知らないけど、「北ドイツの真珠256」と呼ばれてるとか・・・戦火を逃れた木組みの建物が有名で、何年か前にヨーロッパの田舎の街大賞221みたいな賞を取ったらしい。ツェレ1おぉ・・ここがツェレ・・・まるでお菓子の家みたいな建物が立ち並んでて、うん・・確かに綺麗だ398
ツェレツェレの町並み・・392
ツェレ市庁舎ツェレの市庁舎・・・
ツェレ・マックマック発見。やっぱり木組みの家なのね411。そういやカールシュタットとかも全部木組みの家。こだわってますなぁ・・・
ツェレの家でも裏通りにはこんな傾いた家。綺麗にしてるのは表通りだけ401・・・?   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

だ~い好き!

マックの言葉日本496のマックはどうだったか忘れたちゃったけど、ドイツのマックでは、英語の「I'm lovin' it!」が世界各国の言葉で書いてある。ドイツ語499は「Ich liebe es!」。他にもフランス語498、中国語504、その他よく分らない国の言葉・・・でもさぁ・・日本語が無いんだよね6。初めてこのパッケージ見たとき、「なんで中国語があって日本語がないんだ359けしからん412!」って思ったんだけど、よ~く考えてみたら、日本のマックでは英語の「I'm lovin' it」をそのまま使ってて、日本語に訳してないもんな390・・・日本にいるときはなんとも思わなかったけど、なんできちんと日本語にしないのか、今更ながらすっげぇ不思議。ちょっと前にハンブルク市内に、日本語の「愛してる」っていう何かの宣伝用の看板が出回ってたけど、こういうところで日本語見ると、日本人として結構うれしい398のに、マックでは・・・・355今からでも遅くない。「I'm lovin' it!」はもうやめて「だ~い好き347」とか「愛してる344」とかにしない?せめて「愛してまっせ!」とか・・・日本語、カムバック!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

春!

シュパーゲル春になると、ドイツ499のスーパーにはシュパーゲル(ホワイト・アスパラ)が並びます。日本のアスパラよりも太くて大きく、ドイツの春252の食卓の定番。日本で言うと「ふきのとう」って感じかなぁ・・・正直、大騒ぎするほどの物じゃないんだけど、それでもこれが出ると長くて暗い冬が終わって「春が来たぁ~411!」って感じになるので、気分的においしい・・・。スーパーはもちろん、駅のスタンドや露天なんかでも売ってて、レストラン271でも特別メニューいっぱい出してるけど、5月くらいで終わっちゃうのです。本当に春だけの食材!

 おっ、かぁちゃん。今日はシュパーゲルが安いよ。今晩はシュパーゲルで305一杯やるか398

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

イースター

日本496ではイースター(復活祭)はあまりやらないけど、キリスト教259の国ドイツ499ではけっこう大きな行事。21日の金曜日(聖金曜日)から24日の月曜日(復活祭)282まで4連休で、そこに合わせて休暇を取る人も居て、ちょっと日本のゴールデンウィークなみ。おかげで朝の通勤電車はガラガラ398

 で、こちらでは、エスター・アイ(イースター卵)532なるものを作って木にぶら下げるのが慣わし。卵の殻にちょっと穴を開けて中身を抜き、その殻にカラフルな色づけをして木に飾りつける。イースター・アイ日本の七夕みたい。この時期、あちこちの家で普通に飾ってます。あと、エスター・ハーゼ(うさぎ)530もはずせないアイテム。スーパーにうさぎ型のチョコとかいっぱい売っていて、あと手作りのうさぎ型クッキーとかを家の中とか庭とかに隠して子供440に探させるのが、やっぱり慣わしらしい。4連休だし・・どっか出かけるか355

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

日本の恥・・・?

ハンブルクでは、たまに日本496の番組をやってます。相撲もやってたりするけど、これは1場所前の録画。なんだ・・・白鵬連続優勝かよ・・・405!と思ったら初場所の録画じゃねぇか・・・

 体操のお兄さんで、先日。家でテレビをみながら晩酌305してたら、「サスケ」みたいな日本の番組やってて、体操のお兄さんがアトラクションに挑戦。・・・「おぉ~・・これってサスケのパクりみたいなやつで日本でやってたよな、かぁちゃん。体操のお兄さんが出てるジャン。」・・まさかドイツ499のテレビで体操のお兄さん見るとは思わなかったぜ・・・サスケもどきで、体操のお兄さん。障害を順調にクリアしていくと、途中で簡単なクイズが出たのです。画面に赤と黄色・・・これを合わせると何色になる?・・もちろんドイツ語のアナウンスはかぶせてあるけど、日本語のまま放送してるのでよく分かる。で、体操のお兄さん、何を思ったかしばらく考えた後に、「緑535!」と絶叫・・・ドイツ人のアナウンサーも「・・・Mi・・Do・・Ri・・・362おーやー、グリューン(ドイツ語で緑)のことか。何で赤と黄色で緑になるんだ。オレンジだ379ろう・・・がはははは411」。で、体操のお兄さんはそのまま池にドボン356・・ドイツ人506「がはははは、緑535だってよ・・・・あははははは411」。体操のお兄さんはドイツではバカだと思われてしまったようです・・・ま、仕方ないか。

 でさぁ・・それだけならいいんだけど、この番組、そこだけ映して終わっちゃうんだよね。で、すぐにドイツ人の大好きそうな「世界の力持ちコンテスト91」みたいな番組になっちゃって、マッチョむきむきのおじさんたちが何百キロもある石を担いで走ったりする、本当にパワフルな番組が始まるのです。おいおい・・わざわざ「緑237」の後にこんな番組やることないじゃん。これじゃ日本496の力持ちはこんな小っちゃい奴しかいなくて、しかもオツムは弱いぜ。でも白人の力持ちはこのとおりパワフル91だぜぇ~・・・って自慢してるようなもんじゃん。

 ま、日本でも外国の番組はけっこうおバカな番組として紹介されることが多いから、やってることは同じか。でも体操のお兄さん、やっちまいましたねぇ403・・・ドイツでは、あなたはある意味有名人になったかも393

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

フーズム・クロッカスフェスト(久々更新!)

ハンブルクの北150キロの北海沿いに、フーズムという町があります。毎年春にはクロッカスが咲き乱れるという町。最近忙しくてどこも行ってないから(ということでブログも更新してなかったけど)、暖かくなってきたことだし、クロッカスを見にフーズムまでドライブでもするか!ということでやってきましたフーズムの町。今週末はクロッカスフェスト開催中!

フーズム1 おぉ~・・・これがクロッカスかぁ。花にうんちくのないきょろパパは全然しらなかった。クロッカス小っちゃなチューリップのようなかわいい花だけど、これだけたくさん咲いてると見事だなぁ・・・フーズム1ゼア・シェ~ン・・・かぁちゃん、寒い寒いと言ってる間に気が付きゃもう春だなぁ・・これからちょこちょこ出かけるとしようじゃないか

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ひな祭り!

ひな祭り
今日はひな祭り。我が家にある唯一の日本人形は、この身長10センチの内裏雛・・・だけ。娘の部屋の前に飾ってある・・じゃなくて置いてあるんだけど、小っちゃくて存在感なし!当の娘はひな祭りよりもイースター休暇にご執心だし、なんだか可哀想だけど、しまうのも簡単だから、ま、娘が行き遅れることはないだろう・・・
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。