ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

レッズの才能!ドイツへ移籍

サッカー219の話。サッカー好きじゃない人はパスしてください222。フランクフルトで活躍してた高原選手が我が浦和レッズ343に移籍したけど、ご存知のとおり高原はフランクフルトの前はハンブルクに在籍してました。監督との確執で活躍の場も与えられず、逃げるようにフランクフルトへ移籍355・・っていう印象が強かったけど、ハンブルク市民の受け取り方はちょっと違う。高原がハンブルクであまり活躍しなかったのは確かで、ハンブルク市民にもそれまであんまり印象の強い選手じゃなかったみたいだけど、ドイツワールドカップのプレマッチ・日本496対ドイツ499戦は、高原の2得点221の大活躍で引き分けに。日本なんて左足だけで勝てるとたかをくくっていたハンブルク市民は、「我がドイツ代表相手に2得点は敵ながら凄い12。ハンブルクはなんであんないい選手を出しちゃったんだ359」という評価に。さらにフランクフルトに移籍してから、それまで2部落ちの危機だったクラブをゴール量産で救った「救世主282」ということで、「高原放出は失敗だった237」というハンブルク市民が多いのです。まぁファンレベルの話だから尾ひれ背びれ229が付いてるんだろうけど、とりあえず我々日本人に対しては、ハンブルクファンは「高原はいい選手。もうちょっといて欲しかった・・」っていう人が多い。半分社交辞令かも知れないけど、やっぱり日本人選手が褒められるってのはうれしい398。しかも、その高原は、いまや我がレッズの選手。むふふ・・


 で、今年、その浦和レッズからドイツ・ブンデスリーガに2選手が移籍してきました。ヴォルフスブルクの長谷部選手hasebeとボッフムの小野選手ono。2人とも大好きな選手だけに、ぜひ活躍してもらいたいなぁ。どっちもハンブルクからは車448355で2時間ちょっとで行けるところなので、チャンスがあったらぜひ応援に行きたい。AOLアリーナ(ハンブルクの本拠地)で敵を応援しようもんなら殺されかねないからなぁ。ここは本拠地まで行くっきゃないだろう。


 そうそう、前に浦和レッズの監督だったブッフバルトは、去年、ドイツ2部のアーヘンっていうチームの監督になったんだけど、成績不振であっという間に解雇されちゃった。応援に行く暇もなかったぜ。そんなことにならないよう、2選手とも頑張ってくれ~421

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

日本食レストラン

数ヶ月前、きょろパパがゴルフ224の景品で当てた50ユーロ分のお食事券。当時は「ラッキ~221」なんて喜んですぐに飯食いに行ったけど、どうもあれから子供たち205206が「また行きたいなぁ~・・・」なんてチクチクと突付いてくる。しかも、以前お邪魔したときにお店においてあった漫画本87を大量に借りてきて・・・こりゃ返しに行かなくちゃじゃん。やられた393。仕方ねぇ、懐寂しいけど、たまにはレストラン271で日本食でも食うかい・・・ってことで今日は外食に決定!


 さてさて、何食うかなぁ。まずは、お刺身だるま・刺身と豚鍋ブタ鍋できゅ~っと一杯305。うま~い。娘206は「お寿司食べた~い!411」ということで、寿司寿司セット18ユーロなり。息子205はこの店特選の「特天丼237特天丼。ものすごいえび天の数・・・これで18ユーロ。きょろママ209はちょっと小ぶりの「天丼」。これでもかなりの量だぞ・・・。次々に出される料理を見て、きょろパパは懐勘定で青ざめてきた12・・・こりゃゆっくり酒飲んでられないなぁ。きょろママ209「あ~おいしぃ398。パパありがとうね。」息子205「うまいうまい、今度来るときは腹すかして来ようっと。」・・・えっ、普段はもっと食べれるの399・・・娘206「わ~い、また連れてきてね」・・・おっ、おう356・・・そ、そうだな、ま、また来ような408・・・(ボーナス出たらね)・・・とエンゲル係数心配しながらも、とってもおいしい一晩を過ごしました221

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

娘の仕返し!

カルボナーラきょろパパが作るスパゲティの中で、娘206のお気に入りは「カルボナーラ」。ドイツ499じゃ生クリームが安く手に入るので、クリームと卵たっぷりのきょろパパ特製218。うちの娘は分りやすいので、うまく出来てないとすぐに残す195。おいしいときは何も言わずに黙々と食う184。どれどれ、今日もおいしく出来たみたいだぜ426。ちなみに生クリームたっぷりは、きょろパパにはちょっとヘビーなので、自分用はさっぱりとペペロンチーノ。ペペロンチーノにんにく、チリとベーコンをオリーブオイルで炒めて、麺とゆで汁をあわせてひたすら炒める。はい、出来上がり。シンプルだけど意外と難しいんだよね・・・


 子供の手作りで、その日の晩。娘が「仕返し」にジャーマンポテトとポテトサラダを作ってくれました411。お~・・・涙が出てくるぜ409。うまいうまい。こんな仕返しなら毎日でもやってくれないかなぁ343

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ドイツのぬか漬け

ぬか漬け&がりコテコテの日本人496であるきょろパパは、晩酌305にはお新香383がつき物。わざわざ日本から持参したぬか床で、きょろママが毎日漬物漬けてます。大根は日本のと殆ど同じなんだけど、きゅうりは日本の物のように実がしまってなくて、大きくてふにゃふにゃ。味も食感もいまいち195なんだけど、背に腹は変えられないからなぁ390。カブも日本の物はあまり手に入らなくて、こっちっで一般的な「コール・ラビ」というカブもどきのものを漬けてます(これは結構いけてます。)。ぬか漬けでワイン272を飲む。ドイツ人が見たら目を回しそうだなぁ6・・・で漬物が足りないときは、そう・・お寿司377についている、あの生姜の漬物・・「かぁちゃん、2回繰り返すときょろパパになっちゃう生姜の漬物食べたいなぁ421・・・」・・・209「えっ?何それ??デブ・・・ヘロ・・・タプ・・・あっ分かった。ブクだ。そんなのあったっけ236」・・・あのねぇ、そんな漬物ないでしょ。ガリだよガリ。2回続けるとガリガリ。まるできょろパパじゃん411。・・・209「ぜ~んぜん違う403。やっぱりブクね。二回続けるとブクブクってか。はいはい。ど~ぞ」・・・おばかな会話は置いといて、アジアンショップで手軽に手に入るガリもつまみに最高。やっぱり日本文化万歳82だゼ!
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

ドイツ卵事情

 きょろパパ家がドイツ499に来てからすぐに注意を受けたことは、「生卵532は食べない方がいいよ。こっちのは鮮度悪いから腹こわすよ。」だった。きょろパパ家はコテコテの日本人496一家なので、生卵ぶっ掛けご飯&納豆が大好き。その楽しみのうちの一つを取り上げられてしまうとは406・・・しかし病院のお世話74になるのもいやだったので、最初のうちは警告に従って卵は調理してから食ってたんだけど、あるとき、ある日本人から「俺は食ってるよ。まぁ。ドイツの卵は信用できないからさぁ、きちんと洗ってから食ってるけどね219」という発言が。オッ、まじかよ。しかしこの人も変ってるねぇ。生卵の殻を水で洗っちゃいけないってことは常識(少なくともきょろパパの中では基本中の基本)なのに、信用できないからって洗って食ったら余計体に悪いじゃん。でも、この人に異常ないってことは、なんだぁ391、そんなに気にしないでも食えるんじゃん、ナ・マ・タ・マ・ゴ238。といことで、それからきょろパパ家では、卵を割ってから鮮度がよければ生で、悪ければいり卵にして食ってます。ちなみにお腹は一度も下してません221


 ということである日の朝飯。生卵&ブタキャベ生卵に年末に日本に帰った人にお土産でもらった明太子(ありがとうございました222)。S玉県O里村のへそさんからもらった東松山特産の辛子味噌でいためた豚きゃべ。う~・・うまいぜ398。お~い、へそさん。君の愛する辛子味噌は遠くドイツでも活躍してるぞ。またちょうだいね!

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

ハンブルクの満月

月ハンブルクって結構雨279が多いんだけど、天気のいい夜は星354がとっても綺麗なのです。で、運がいいとこんな「満月!」も。仕事帰り、駅から自宅までの暗い道をとぼとぼ歩いていると、いつもは真っ暗なんだけど今日はやけに明るい。ふと空を見ると・・・オォ~・・これはこれは見事な満月280。こりゃ新調したデジカメで早速撮るしかないな・・・パシッっと。満月いやぁ。本当に見事な月。こりゃサイヤ人も立派な大猿526になれるゼ(分からない人は「ドラゴンボール」を読んでね!)。ちなみに月280の模様は日本と同じで、日本人のきょろパパには「ウサギ530の餅つき」に見えるけど、ドイツ人にはこんな風流ないんだろうなぁ。ドイツ人と話すると「月にうさぎがいる訳ないじゃん6」なんて現実的なこと言われそうだから、一人で楽しむことにしよう398
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

きょろママの主張

魚フライ209ねぇねぇ・・あんたさぁ、ネタ切れにつき料理ネタでごまかすっていうのは別にいいんだけど、なんか自分のことばっかし書いてない403・・・?これじゃまるであたしが何もしてないみたいじゃん359。ちぃっとはさぁ、あたしの料理も書いてくれていいじゃん・・356」・・・何だよ何だよ、そんなことは飯食う前に言えよ。今日の魚フライ229ほとんど食っちまったじゃねぇか。ま、仕方ねぇから残りでも撮っておくか・・・パシッ212・・・ということで、今日はきょろママ特製「魚のフライ」!ハンブルクじゃこの手の魚(たぶん鰯236・・・だと思う・・・鰯・・かもしれない・・・自信なし。でも食える。)。衣つけて油でジュッ!揚げたてホクホクで結構ビール275のつまみにいいのよ。ドイツ人506は頭とって食うみたいだけど、日本人496は頭ごとバリバリッといくのがおつね。まっ、別に特製219って威張るほどのもんでもないんだけどさぁ・・・・でもいけてるぜ。ママ、いただきます!
| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

マオルタッシェン

Maultaschenさてと、せっかくドイツ499に住んでるんだから、たまにはドイツらしい食べ物を・・・ということで、今日はマオルタッシェン・イン・デア・ブルーエに挑戦。マオルタッシェンは南ドイツの定番料理271で、大きめのラビオリと餃子のあいのこのような料理。チーズと一緒に焼いて食べるか、スープと一緒に煮て食べるかなんだけど、今日はスープ入りで。年に一度、ハンブルクの街中でシュツットガルト・ワイン祭りがあるんだけど、去年、同僚のドイツ人に「マオルタッシェン・イン・デア・ブルーエ・・・ゼア・レッカーね(ブイヨンに入ったマオルタッシェンがすっげぇうまいぜ)」って勧められて以来、結構お気に入り。今日は、市販の固形スープをベースにしたんだけど、これだけだと日本人にはちょっと味気ないので、日本の伝統「ほたてスープ」を隠し味に、塩、胡椒、しょうゆで味を調えて、たまねぎとベーコンと一緒に煮込んで、出来上がり。お手軽で結構いけてます。おっ、できたできた。子供達、ごはんできたぞ~!いただきま~す!


PS ドイツ人は語尾によく「・・・・ね」を付ける人が多いです。日本人みたいです。正確には「・・ぬぇ」って感じだけど、「ゼア・レッカー(すごくうまい)・ね」と日本語のように話してもまったくOKです。ついでに日本語の「あっ、そう」はドイツ語でもそのまま「アッ・ソー」です。結構多用できます。

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

そうめん

そうめんさてさて、今日の昼飯はどうするかい。朝飯が遅かったから、軽くそうめんでも食うか。ハンブルクでは、アジアンショップで外国産のそうめんが手軽に買えます。1.3キロ2.5ユーロくらいなので、お手ごろ398


 でも、きょろパパは日本人だから仕方ないけど、日本のそうめんとくらべちゃうと393・・・なのです。麺の腰が圧倒的に違う219。のど越しも同じ麺類とは思えないくらい段違い394・・・。日本の物を買おうと思うと倍以上の値段がするので安い外国産で我慢してるけど、やっぱり日本文化496は偉大だなぁ。日本と同じような製法で作ってるはずなんだけど、出来上がりは月280とすっぽん365。日本にいるときは、そうめんなんて当たり前に美味くて、その違いなんて実感したことなかったけど、いやいやドイツで生活してると日本製がいかに優れていておいしいか、本当に実感できます。ちくしょう・・・色付のそうめん食いてぇなぁ・・・!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

お得なスパゲティ!

 209「ねぇ、あんた最近ブログサボってない?今年に入って全然更新してないじゃない359」・・・う399・・・痛いなぁ・・確かに更新してないけどさぁ、ネタがないんだよね。ドイツの冬276は本当に何にもなくて、これってのがないのよ。でも、ミュンヘンのNOMURINはすっげぇ勢いで更新してるしな。なんでアソコはあんなにネタがあるんだろう・・・?きょろパパ家はほとんど冬眠状態75なのに。仕方ねぇ、ネタ切れの冬の間、日本の友達から結構聞かれることの多い「きょろパパ家の普段の食生活!」シリーズでも書いてごまかしちゃうか。


 とりあえず今日の朝飯から。土日祝日の朝飯はほとんどきょろパパが給食当番271。ゆっくり起きて手軽な麺類が多いなぁ。今日は魚介のスパゲッティトマトソース。あさりのスパ年末に仕入れた冷凍あさりに冷凍ミックス魚介類を入れて、ベーコン、チリ、にんにくをオリーブオイルで炒めて、トマトソースとケチャップで味付け。麺は近所のアルディ(きょろパパ家が住んでた日本の地元で言うとYバリューって感じ・・?)で500g55セント。もっと高い麺もあるんだけど、これがきょろパパ家の主戦力だな。結構うまいし。でかい声じゃいえないけどさぁ、ドイツ人499ってアルデンテって感覚ないから、その辺のレストランに行ってもパック麺のようにグニャグニャな麺出す所が多いんだよね。自慢じゃないけど、きょろパパが作った方がグ~って思ってるのは自分だけ・・・かな?ということで、今日の朝飯できあがり。ハイハイ!子供達、ご飯ができましたよ~!さっさと食べなさい!

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ドイツでおせちお料理

 さてさて、花火315の騒ぎがから一夜明けると、し~んとした落ち着いた新年に481。花火の残骸が道に散乱してるけど、やっぱり静かな正月っていいもんだ398。さぁ、この日のために用意した食材でおせちもどきを食おうぜ。おせちメインは何と言ってもマグロとサーモンの刺身229。苦労して港で仕入れたんだぜ。漬けたての白菜の漬物、辛さ控えめ金平ゴボウ、酢だこの代わりにタコ352とわかめの酢の物、ドイツの赤豆を甘辛くにた黒豆もどき、正月にはかまぼこも欠かせないぜ。数の子が手に入らなかったのは痛いけど、まぁドイツじゃ仕方ねぇか。お雑煮は大晦日から出汁をとって、具は鶏肉、大根、人参、里芋。小松菜が手に入らなかったので代わりにチンゲン菜と、もちろんお餅を入れて、さぁできあがりだぜ。きょろママ、子供達、あけましておめでとう308!正月だから、きょろパパは昼間から酒305飲んじゃうよ!この日のために日本の兄貴に頼んで送ってもらったとっておきの芋焼酎で乾杯だぁ~411


 で、調子にのってついつい飲みすぎたきょろパパ402。いったん小休止のあと、夜の部はあまりお腹へってないから、正月夜マグロ納豆にしめ鯖、キムチにきょろママ特製のぬか漬けを肴にやっぱり焼酎で乾杯305!まるで居酒屋メニューだ。206娘「ぱぱ!・・飲みすぎ359」・・・いいのいいの、正月だから特別特別!お年玉あげるから許しておくれ!


 そんなこんなで元旦は過ぎ、翌2日は子供達が楽しみにしてたおでん376を作ることに。年末に買出したボール、さつま揚げ、イカ玉、ちくわ、こんにゃく、ごぼう天に、大根、卵、じゃがいも、とっておきのタコゲソ352をいれて朝からぐつぐつ387ぐつぐつ・・煮込むこと数時間。子供達~完成したぜ。おでんさぁ食べよう!205206「おいしぃ~411」・・・いやぁ、本当にうまい。ドイツでもやればできるじゃん。食材はちょっと高くつくけど、かぁちゃん、たまにはいいなぁ。でさぁ、とってもおいしいから、焼酎飲んでいい?・・・209「ダメだっていっても飲むんでしょ。いちいち聞くんじゃないわよ!」・・・ごもっとも。

| trackback:0 | commnet:3 | ↑TOP |

2008年明けましておめでとうございます!

 ドイツ499の大晦日は花火がメイン。日本では花火と言えば夏だけど、ドイツでは年末にしか出回りません。しかも、大手を振って花火315ができるのは12月31日から1月1日にかけてだけ。環境にうるさく、静穏保持時間を決めている小うるさいドイツ社会も、この日だけは夜どおし花火OK。家族総出で花火を楽しみます。そういや夕方5時くらいからあちこちでパンパン花火32やってたな。


 自宅花火ということで、きょろパパ家も、年越しそばの後は当然花火。庭先でパチパチ・・・ドイツ人がやってるようなド派手な打ち上げ花火はないけど、ま、気分だけ。どうでもいいけど寒ぶい400・・・


 ところで、今日はハンブルク港でカウントダウン花火港があるらしいので、ちょっと行ってみようじゃないかい。・・・で、夜中の11時、防寒対策ばっちりで家族でおでかけ。ナンだよ何だよ、電車がやたら混んでじゃねぇかい359。普段の通勤電車よりはるかに混んでるぞ。さすが遊びになると一生懸命になるドイツ人だ。ドイツ人、やっぱり恐るべし。で、港に着いたはいいけど、こりゃすっげ~人だな。港花火身動きできねえぞ。明治神宮の初詣みたいだ。子供達、離れるでないぞ!


 おまけに、あちこちで市販の花火上げてて、本当にお祭り騒ぎだ。まるで中国のお正月みたい。中国行ったことないけど・・・393港花火112時前からあちこちでかなり花火あがってたんだけど、12時すぎたとたん、さらに多くの花火がド~ンドン308。港の船108は一斉に汽笛を鳴らす。天気は良かったんだけど、無風状態だったので、あっという間にあたり一面煙だらけ。よし、そろそろ帰ろう・・・と思っても、帰るのも一苦労。あ~、ドイツに来てあんな人ごみは初めてだ。別にご利益なさそうだし。こりゃ自分達で花火やった方が楽しいかもしんない!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。