ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

年越しそば

 今日は大晦日。大晦日といえば年越しそば。そば食わずして年は越せない。ということで、よし、今日は手打ちそばで年越しだぁ~!


そばまず、蕎麦粉にお湯を入れて・・・水でもいいんだけど、きょろパパ家流はお湯がベスト!こね鉢を日本に置いてきたのは痛いけど、少し大きめのボールで代用。


水回しそばは水回しが命。蕎麦粉一粒一粒に均等に水が回るように丁寧にまぜる。
水回し1少しお湯を足してはまぜ、お湯を足しては混ぜ・・を繰り返し、このくらいのだまになったらOK!
こね小さなだまを集めてひたすら練りこみます。
たま十分練りこんだら、玉に。本当は菊揉みとかいろんな作業があるんだけど、きょろパパ家は玉にします。素人手打ちならこれで全然OK
ねかせ固く絞った清潔なナプキンにくるんで3時間くらい寝かせる。これは、うどんと違って熟成させるんじゃなくて、水を均等にいきわたらせるため。濡れナプキンにくるまないと乾いてそばが割れてくるので注意!
のし十分寝かせたら打ち粉をまぶして、手で押して平らにしていく。
のし1ある程度平らになったら面棒で伸す。
たたみ十分伸びたら麺をたたむ。水分が均等に行き渡ってないとそばがひび割れてくるので注意!(そうなったら再生不能。かっぱえびせんのように短いおそばを食べるはめになってしまいます。)
切りさらに打ち粉をまぶして麺包丁で切る。細く細く!
麺できあがりはいできあがり。我ながらいい出来だ!
ゆで打った麺は大量のお湯ですぐに茹でる。
できあがりきょろママ特製、春菊のてんぷらと、なぜか海老天の代わりにエビフライをつけてできあがり。よ~し、子供達、これで年が越せるぜ!いただきま~す!

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

お菓子

 
日本でも有名なドイツ499のお菓子といえば、バウムクーヘンバウムクーヘン。木のケーキ274っていう意味なんだけど、ドイツでは基本的に冬276のお菓子なので、日本のように一年中出回っている訳ではありません。そう・・・ドイツでは冬にケーキ系のお菓子がたくさん出回るのです。バウムクーヘン、ニュルンベルクで食べたシュネーバルシュネーバル、いろいろな木の実やベリーを使ったトルテトルテ、街にはこんなドーナッツも出現しますドーナッツ・・・でも、どうでもいいけどドイツのお菓子って全体にとっても甘いのですよ。日本のケーキ274よりはるかに甘い。甘いもの苦手のきょろパパは完全に戦意消失12、見るだけで白旗428、敵前逃亡355・・・一口食ったら卒倒しそうなほど甘いのもたくさんあって、よく肥えたドイツ人が多いことに妙に納得する今日このごろ・・・しかしドイツ人ってこんな甘いの平気でよく食えるなぁ。きっとドイツの砂糖消費量ってビールと同じくらいなんだろうなぁ・・・もうちっと体型に気ぃ~使わねぇかなぁ・・・ま、どうでもいいや。甘いもの好きの方、この時期に是非チャレンジしてください!
| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ハンブルクのクリスマス

 クリスマス前、同僚のドイツ人から、506「ドイツのクリスマスは静かだぜ~219。みんな家258で静かに過ごしたり、知り合いとパーティー315したりする人もいるけど、基本的に外には出かけないから街はとても閑散としてるゼ~!」と聞いてはいたけど・・・本当に誰もい・な・い405


 今は12月25日の昼12時。日本じゃ480銀座や六本木あたりは人で埋もれてる時期だけど、ハンブルクの中心街には人がいない。昨日(24日)の夜は、夜中の11時過ぎに近所の教会259がゴンゴンゴンゴン、誰か結婚式でもやってるのかっていうくらいそれはそれは派手に鐘を鳴らしてて340、本当にドイツのクリスマスは静かなんだか疑心暗鬼になってたけど403・・・今日は本当に誰もいない。


 いつもは人でごった返しているカールシュタットのショーウィンドーもこのとおり。クリスマスおいおい、ちょっと寒すぎでしょ356。クリスマス市も所によっては31日までやるところもあるんだけど、それでも25日、26日は休みだからこのとおり。クリスマス2人通りの絶えないハンブルク中央駅前の巨大サンタ像も、今日はこのとおり。クリスマス1いるのはハトだけじゃねぇか406


 おいおい・・ドイツって身動きできないほどぐちゃぐちゃに混んだかと思うと、今日みたいに人っ子一人いなくなっちまう・・・ちょうどいい加減ってできないもんかねぇ。日本人の感覚では付いて行けましぇ~ん393!かぁちゃん、こんな死の町にいてもつまんないから、もう帰ろうゼ!

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

シュターデ

 エルベ川の反対側、ハンブルクの街中から電車234で1時間のところに、シュターデという古い街があります。その昔はハンザ同盟で栄えた街20だったらしいのですが、しだいにハンブルクに取って代わられ、今はただ古いだけの田舎町36。しかし情緒はたっぷり・・・。このシュターデ、12月からSバーン(電車)が延長されて、きょろパパの住むハルステンベックから直通で行けることになったのです。Sバーンの定期を持ってるきょろパパは、土日は家族全員無料で行ける・・しかもクリスマス市は23日まで。きょろパパ家がこんなチャンスを逃すはずありません398


 ということで、やってきましたシュターデ。シュターデしかし、ハルステンベックから私鉄にのって90分、いい加減ケツが痛ぇ~ゼ393。同僚のドイツ人は506「がんつ・しぇ~ん(すっげ~きれいだぜ)!」って騒いでたけど、う~ん・・・ま、普通の観光スポットかなぁ6。クリスマス市も小さいしシュターデ・バイナハツマルクト・・こりゃ通が好む街だな。ヨーロッパの町になんのうんちくもない日本人(きょろパパ)が来ても特に目新しいことはナイぞ390。実際東洋人なんてまったくいなかったしなぁ。趣があって綺麗な街というのは認めるけど・・・ま、せっかく来たんだからいっちょ散策しようじゃないか355


 おっ、かぁちゃん、この喫茶店でグリューンコール出してるよ。しかも4.9ユーロだって。ハンブルクで食おうものなら8ユーロくらいするからな。安いぞ398。試しにちぃ~と食ってみるかい?そうそう、グリューンコールっていうのは北ドイツの伝統的な食事で、キャベツ(芽キャベツ?)とジャガイモとソーセージをぐちゃぐちゃに煮込んだお料理。見た目グロテスクなんだけど、うまいって言うから一度食ってみようじゃないか。グリューンコールおっ、これがグリューンコールか。確かにうまいな。しかも見た目よりボリュームがあってけっこう腹にたまるぞ。きょろママと子供達はケーキか。トルテどうやらこのケーキ274は手作りらしい。きょろママが食べた胡桃のトルテ(写真奥)はうまかったらしいけど、子供達が食べたチョコのトルテ(写真手前)は、超~~~甘くて393食いきれなかったらしい。チョコ好きの娘も残したくらいだからな・・・この砂糖の塊のようなトルテをペロっと食っちゃうドイツ人・・・恐るべし。


 しかし、なかなか感じのいい店だね398。おじさんとおばさん、二人で切り盛りしてるみたいだけど、ドイツ人らしからず愛想もいいぞ。サービスでワッフルも出してくれたしな。おまけに、きょろパパがカメラ212持ってたら、頼みもしないのに親父が「へ~い・・撮ってやるぜ!」なんて言って写真まで撮ってくれたし・・・506「はいチ~ズ」・・・っておいおい、オヤジ!カメラが反対だよ!・・なんてナイスなボケまでかましてくれて・・・うちの娘なんか涙流して笑ってたゼ411。う~んドイツ人やっぱり恐るべし。


 さ、シュターデの街も堪能したし、また90分電車234に揺られて帰ろうじゃないか。でも時間通りに電車が来ないのがドイツ流。ちょうどいい時間見計らって駅に行ったのに30分も待たされた。おいおい、始発から遅れるんじゃねぇ~359ドイツ人、とっても恐るべし!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

雪のハンブルク

 ドイツでは12月25日、26日はクリスマス480の休日。24日もほとんどの会社は休み・・・ということで、今日から5連休411。今日は土曜日恒例の買い物デーなんだけど、かぁちゃん、正月用の刺身とか魚介類229は、今のうちに買っておかないと買えなくなっちゃうらしいから、今日は港108に買い物に行こうぜ。


 ということで、買い物に出たのはいいけど、おぉ・・サブい399。雪276・・・だよ。昨日からやけに寒いと思ってたら、雪降ってやがんの。気温も-4度。きょろパパ家がハンブルクに移住してから一番の冷え込みだぜ。しかし、こっちの雪はサラサラの粉雪で、街路樹も白一色に染まって結構きれいじゃん。雪積雪量は1~2センチ・・っていうところで、今はもう晴れてるけど、スキー場に来たみたいな感じだ。


 おっ、かぁちゃん、あそこに雪と戯れてるリスがいるよ。こっちのリスはけっこう大きくて、街中でも良く見かけるんだけど、なかなかうまく写真212に収まらないんだよね。今日はうまくいくかな・・パシ!リスおっ、上等上等。あっ、いけね・・こんな所で遊んでると買い物する時間なくなっちゃうよ。かぁちゃん、早く買い物行こうゼ!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ニュルンベルク・バイナハツマルクト(お土産編)

 さてと、ニュルンベルクのお土産は・・・まずグリューバインのカップだな。カップこれはグリューバイン273を飲んで、さらにカップがお土産になるという一石二鳥221の優れものだぜ。カップ1つにつき2.5ユーロのデポジットは少々高めだけど6、お土産にはグー426。で、きょろパパのお気に入りは真ん中の長靴型326。長靴型ってなかなか見つからなかったんだけど、帰り際に見つけたとたん「おいちゃん、このカップでグリューバイン1つくんな!」って指定してやっと手に入れた。おかげでグリューバイン飲みすぎちゃったゼ402・・・


 で、お次はこれ。miyageこれって、クリスマスピラミッドって言うらしいんだけど、要はロウソクの気化熱を利用してその上のプロペラが回る仕組みになっているドイツの伝統的な工芸品。手作りの高級品になると、30センチくらいの大きさで150~200ユーロくらいするんだけど、きょろパパ家は大量生産の安い奴。それも一番小さいので10ユーロなり。クリスマス・ピラミッドちなみにハンブルクの中央駅前でも、巨大なクリスマスピラミッドを模したお店があります。


 その他こまごましたお土産を買って、帰りも4時間半の長旅456。きょろパパ家はもちろん2等車ご利用なんだけど、ICEって2等車でも結構らくちんなんですよ。疲れきって爆睡75していると、見かねた車掌さんが家族4人分チョコレートくれました。DBちょこおっ、なんだよなんだよ・・・ドイチェバーンも気がきくじゃねぇか411。これって1等車に乗るともらえるお菓子じゃん。な~んだ、余ったからくれただけか。でも2等車なのに1等車用のお菓子もらえたってことは・・・やっぱりラッキ~じゃん398。もうけたゼ!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ニュルンベルク・バイナハツマルクト(食い物編)

 さてと・・・ニュルンベルクのクリスマス市480じゃ何が食えるのかな・・・って言っても、基本的にドイツじゃソーセージ系ばっかりだしなぁ・・・そうそう、せっかくニュルンベルクに来たんだから、ニュルンベルガーヴルストでも食おうじゃないか。ニュルンベルガーブルストちょっと小さめの焼きソーセージ3本をパン366にはさんで・・・2.5ユーロなり。けっこういける426・・けど、まぁ、普通のソーセージだわな。そうそう、グリューバイン273も一緒に飲むか。グリューバインでもこのグリューバイン、カップのデポジットに2.5ユーロも取られたぞ390。もちろんカップを返せば2.5ユーロ返ってくるんだけど、けっこうお土産に持ち帰る人多いからなぁ。きょろパパ家ももちろんお持ち帰り組なんだけど、2.5ユーロは高すぎでしょう359。物価の高いハンブルクでさえ1.5ユーロなのに・・・さすがに観光地だけのことはある。ちゃっかりしてるゼ6


 で、きょろパパのお気に入りは、この1/2メートルソーセージ。1/2メーターまじでかい。これもパンにはさんで3.5ユーロなり。トッピングのたまねぎはサービスなんだけど、自分から「たまねぎ入りで頼むぜ!」って言わないと、あまりサービス精神のないドイツ人は絶対に入れてくれないので要注意。辛口とノーマルがあるのでお好みで。


 最後は、南ドイツのお菓子シュネーバルで締め。ドイツ語でシュネーは雪276。バルは玉45だから、雪玉って名前のまんまのお菓子。マジパンに砂糖をまぶしただけなんだけど、超甘~いからきょろパパは当然パス。甘いもの好きな人は是非挑戦してください。シュネーバル


 よし、子供たち。もう食いたいものはないか?腹も膨れたし、そろそろ電車235の時間も近づいてきた。また4時間半かけて、ハンブルクまで帰ろうじゃないか355!  つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ニュルンベルク・バイナハツマルクト

中央広場さて、クリスマスマーケット480・・・と。おう、ついたついた中央広場。ここのクリスマスマーケットが超有名らしい。しかし綺麗なところだねぇ398。手前の金色の塔が美しの泉、奥が聖母教会259。天気もいいし278、素晴らしいロケーションですなぁ。そして、ここ中央広場で開かれているクリスマス市は、世界最大219・・・らしい・・・って本に書いてある・・・マジ362でもさぁ、きょろパパはドイツ以外の国のクリスマスってどんなんだか知らないけど、クリスマス市って言えばドイツ499が一番有名なんじゃないの?で、そのドイツで一番大きいからそりゃ世界1ってことかい・・・403?ま、どうでもいいや。とにかくニュルンベルクは有名らしい。


で、夕方近くなるとごらんのとおりニュルンベルクの夕方噂に違わず四方八方から人がぐちゃぐちゃと集まりだして、町中がたくさんの人で溢れ返るのです。夕方のバイナハツマルクトおいおい、話にゃ聞いてたけど、本当に凄い人だな405。マルクト自体はハンブルク市庁舎前の2倍くらい。でも中心部だけじゃなくて、その周りも放射線状に路上市が立ってるので、まるで日曜日の原宿のようだ・・・おいおい皆さん・・人の事言えないけど、今日は平日ですよ。仕事しなくていいんですか・・・?さすがクリスマス市はドイツ最大の行事って言われるだけあるゼ。


 そう今の時期、ニュルンベルクはクリスマス480一色なのです。街のいたるところに「Weihnachtsstadt Nurnberg(クリスマスの街ニュルンベルク)」っていう看板が立ってます。バイナハツシュタットよし、子供たち。この人出に負けることなく、ニュルンベルクのクリスマス市を堪能しようじゃないか219気合入れてマルクトに突入だぁ355237 つづく

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ニュルンベルク

 ここんとこ仕事でちょっと忙しかったけど一区切りついたし、かぁちゃん、気晴らしにどっか出かけるか。そういや10月にベルギーに旅行したときのユーレイルパス235がまだ残ってるから、いっちょクリスマス市489で有名なニュルンベルクでも行ってみるかい・・・?ということで、やってきましたニュルンベルク。朝8時すぎに自宅を出て、日帰り強行軍409!ハンブルク中央駅からICE456に揺られること4時間半、やっと着いたよニュルンベルク・・・あ~ケツいてぇ393


 ここのお目当てはもちろん世界最大といわれるクリスマス市。さすがにニュルンベルク中央駅前は平日の昼間だっていうのに人が多いゼ。ニュルンベルクで、お目当てのクリスマス市は後回しにしてまず、とりあえず市内観光。中央駅からとぼとぼ歩いていると、おっ219ツリーこれってガイドブックとかによく出てるクリスマスツリーのモニュメントじゃん。ガイドブックじゃ雪積もった写真276が有名だけど、今日は快晴で雪はなし。なんてことないただの飾りなんだけどなぁ6・・・どうでもいいけどさすがにニュルンベルクは寒みぃな。ハンブルクより全然寒いぞ。こんな快晴の昼間でも0度とか1度くらい。関東育ちのきょろパパ一家にはこたえるぜ400・・・


 お次はお城(カイザーブルク)。カイザーブルクハンブルクにはこういった城491はないからな。ちょっと中でも見学しようか。どれどれ・・・博物館とか全部見ると一人6ユーロ、家族4人で24ユーロか・・・ちょっと高いな。「おっちゃん、おいらはあの塔だけに登りたいんだけど・・・」506「あぁ・・塔だけなら大人2人と子供2人で6ユーロだな。」・・・で、きょろパパ一家は6ユーロ払って、今にも壊れそうな木製の階段をひ~ひ~言いながら登って塔のてっぺんにやってきたのでした。そういや、きょろパパ家ってどこかに出かけると必ず高いところに登るよね。バカとなんとかは高いところが好きって言うからなぁ・・ちょっと複雑394。でも高いところから見る町並みは結構綺麗なんです。カイザーブルクよりニュルンベルクはこんな感じ。おぉ~・・けこっこう綺麗な町じゃないか。今日は天気も最高だし、見晴らしもグッドだゼ。よし、子供たち・・・お城見学もしたし、それじゃいっちょ有名なクリスマス市に繰り出しますか!   つづく

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ハンブルガー・バイナハツマルクト

マルクト今日は土曜日。土曜日必須の買い物もしたし、することねぇから、かぁちゃん、クリスマス市でも行ってみよう・・・ということでやってきましたハンブルガー・バイナハツマルクト。うぉ~405・・・すっげぇ人だな。まるで真夏の豊島園プール301みたいだ・・・いつも仕事帰りに見るくらいだから、平日はそんなに混んでないけど、さすがに土日は強烈だ。やっぱりドイツじゃ他に楽しみがないんだなぁ・・6


 空飛ぶサンタで、ここ市庁舎前では、4時、6時、8時にサンタクロース489が空を飛ぶ出し物があるから、ますは4時の回を見て・・それからグリューバイン93飲まなくちゃな。よし、まずは飲み物やに直行!しかし、本当にすっげぇ混雑だ。ワイン買うのも命がけだぜ。で、グリューバインって簡単に言うと赤ワイン272のお燗273のこと。お酒好きなら分かると思うけど、ワインでも日本酒でも、酒って温めると少しずつアルコール分が飛んでしまうのです409。で、もっと強い酒をお好みの人のために、「ミット・シュス」って言って、ラムとかブランデーとかを入れてくれるサービスがあるのです411。もちろん有料だけど・・。で、この日飲んだワインは、このミット・シュスで5ユーロ。うぉっ・・・た・・高い。きょろパパが普段飲んでるワインが2本も買えるぞ221。ちなみにノーマルは4ユーロ。グリューバインこのカップを返せば1.5ユーロ返ってくるけど、ま、これは土産に持って帰ろう。うちのお子たちはこの肉がお好み238肉大きいので結構食いでがあるし、以外とやわらかくてうまい。1本4ユーロ。きょろママはこの栗。クリ日本の天津甘栗と違って砂糖を使ってないからべとつかないし、それでいて結構甘くておいしい398。小さい袋で3ユーロ、大きい袋で5ユーロ。他にも、民芸品とかいろんな屋台見て、あれこれ食ってたら腹いっぱいになった。ちょっと高いけど、満足満足。かぁちゃん、バイナハツ・マルクトは、ハンブルク周辺じゃリューネブルクやリューベックあたりが綺麗らしいから、今度はそっちの方にも行ってみような。

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

刺身ゲット!

何だか最近食い物ネタばっかりだけど、いやぁ・・・ハンブルクでマグロの刺身229が買えるとは思っていなかった。というか、買えてもすっげぇ~高いんだろうなぁ・・・庶民には高嶺の花なんだろうなぁ・・・と思ってあきらめてたんだけど、ちょっと勇気を出して港の魚屋さんに行ってみたら・・・驚いた405。やっぱりあるところにはあるんですねぇ・・・実に鮮度のいい魚を売っているのですよ。値段が書いてないのがちょっと怖かったけど・・・


 で、そんなお魚やさんを数件回ってやっと見つけました、マグロの刺身411。きょろパパ家はマグロの刺身大好き家族なのです。こっちじゃもちろん冊になんかなってなくて、大きな塊のまま。しかも値段が書いてない。なんか高そうだなぁ。・・おばちゃん、これいくら?・・510「キロ当たり○○ユーロ!」(値段忘れてしまった)・・じゃこの塊半分ちょうだい!でマグロの塊半分を12ユーロでお買い上げ。さっそく我が家で冊にしたら、こんなに取れましたマグロ刺身。こりゃしばらく刺身三昧だゼ。にひひ398・・・ついでに、ベルギーでとってもいい思い出のあるムール貝。2キロで7ユーロ。その他にもサーモン、ひらめ、いわし、いか、たこ、牡蠣、ほたてetc・・たくさん売ってる。みんな生で食える鮮度だゼ。こりゃいいところ発見した。かぁちゃん、正月用にまた買出しに来ような!・・・ムール貝で、その日。きょろパパ家の夜食には当然ムール貝とマグロの刺身が並んだのでした。

| trackback:0 | commnet:3 | ↑TOP |

ちょっと一息!

北ドイツは雨279が多い。年間降雨量はたいした事ないんだけど、ずっと霧みたいな雨が降っていたり、晴れた278!と思ってても日本の狐の嫁入りみたいに、急に雨が降り出したりする390。まぁ、この時期、南ドイツより暖かくて雪276が少ないのは救いだけど・・・


 虹1で、ドイツに来て感心したのが、虹485。雨と晴れがめまぐるしく変わる天気が多いので、虹を見る機会だぐ~んと増えたんです。しかも、あまり高い建物がないから、虹地平線から地平線までしっかり半円を描いた虹が見れるのです。そういえば、日本にいるときは虹って言っても一部だけしか見たことなかったけど、いやぁ、こっちの虹は見事ですなぁ。・・・でも太陽の方がいいか。スカッと晴れないかなぁ・・・

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。