ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

母は強し!

 ドイツに移住して早4ヶ月。案の定きょろパパのドイツ語は上達する兆しなし403・・・でも子供ってのは興味がある言葉はすぐ覚えるな・・・娘432なんか、こっちに来てすぐに、アイス屋367で「あいんま~る・しょこら~で・びって!(ちょこれーとひとつ!)」なんてやってたし、息子もけっこう一人で買い物できるしなぁ。しかし、一番すごいのはやっぱりきょろママかな。肉屋とかで「あいんま~る・・・・・これっ155237」だもんな。聞いてた息子が、ちっちゃい声で「これ・・って日本語じゃん・・・393」って驚いてたゾ。店員もよく分かったよな、さすが客商売だゼ。何か聞くにしても「・・・・・で、いい?」だかんな。せめて「OK?」くらい言えないかなぁ・・・・きょろママ「うるさいなぁ359分かればいいのよ、分・か・れ・ば237355」・・・ごもっともです。子供たち、早いところ言葉を覚えてこんなちち208はは209を助けてくれよ・・・頼んだゾ!

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:4 | ↑TOP |

リューネブルガー・ハイデ

ドイツの尾瀬・・・とでも言うのでしょうか。ドイツにも、8月、9月は車両通行止めになるエリカという花298が咲き乱れる自然保護地区があります。先日・・同僚のドイツ人506「お前はもうリューネブルガー・ハイデに行ったのか・・236」、きょろパパ「だって9月いっぱいだろ。慌てるこたぁねぇゼ!」、506「ちぇっ、これだからいやになっちまうゼ429・・・あのな、花には見ごろってぇもんがあるんだ252。9月いっぱい咲いてる訳じゃねぇんだヨ219今週末が盛りだな。あとは枯れてく一方だ427」・・・ということでやってきましたリューネブルガー・ハイデ。とりあえず直近の街ウンデローまで車448で45分。で、そこから歩いてもいいんだけど、街の中にはいたるところに馬車が・・・リューネブルガー・ハイデ馬車娘「乗りた~い238」・・・で、ちょっと贅沢して乗ってみました。馬車にゆられて保護地区の真ん中にある村へ・・・名前は忘れた・・・ハイデ馬車いやぁ、馬車なんて久しく乗った覚えないけど、のんびりと風光明媚ですなぁ426


 馬車に揺られること40分、目的の村に到着。昔ながらの古い家を改造してハイデ土産店レストラン271とか小さなホテル、みやげ物やにしています。屋根も茅葺きで、何となく日本に似てるなぁ・・・村人は全部で20人って言ってたけど、観光客はその数百倍だな・・・で、その辺でシート広げてお弁当375。うまかった。


 で、帰りはウンデローの街まで歩くことに。馬車は片道一人5ユーロ、往復で8.5ユーロなんだけど、せっかく来たんだから少し歩こうゼ。途中、羊の放牧羊に出くわしました。そういやみやげ物屋でけっこう羊毛品売ってたなぁ。こいつらもうすぐ裸にされちゃうんだな・・・・風邪引くなヨ400


 でも、ここに咲いているエリカの花ってエリカ日本であんまり見たことないけど、日本にもあるのかなぁ。一つ一つはとっても小さい花なんだけど、こんだけ広いところに一面咲いてると、やっぱり壮大ですなぁ・・・424
エリカ そういや、ここでサイクリングとか乗馬230してるドイツ人がいっぱいいたけど、広すぎて徒歩と馬車じゃほんのさわりだけしか見れないなぁ。一日7.5ユーロでレンタサイクルもあったから、今度来るときは借りてみるか。ということで一日自然を満喫しました411

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

また歯・・・?

歯医者74に行った翌日、しっかり見積もりが送られてきました。思ったとおりドイツ語で書いてあるゼ406。さっぱりわかんねえや・・・なになに・・・2000ユーロ・・・高くない?おぉ・・・?こっちの見積には1000ユーロって書いてあるよ・・・361何、これ?仕方ねぇ、辞書87片手に解読してみるかぃ。ふむふむ、よく分からんけど、まどっちか好みの治療を選べってことだな219・・・たぶん。当然2000の方がいい歯使ってるんだろうけど、金ねぇしなぁ・・・かぁちゃん、どうすっか・・・362で、その晩、歯磨きしてたら・・ポロっ・・・えっ?何?・・・とめたはずの差し歯がまた抜けた12・・・このヤブ医者~359てめぇ、おいらが金払い悪そうなおやじ208だからってふざけた治療してるんじゃねぇゾ237たった1日しかもたねぇじゃんか237って悪いことに今日は金曜日じゃん。土日は歯医者やってないから2日間もこのまま・・・?けっこう恥ずかしいよ402・・・娘206「ぱぱ~、笑ってぇ~238」・・きょろパパ「ニっ179!」・・・娘「ぎゃははははは411」・・・うるせぇ、きょろパパもやっと子供の歯が抜けて今度大人の歯が生えて来るんだよ~ダ!ちくしょう356・・・


 月曜日、再び歯医者に行ったら、「お前の歯は治療が必要だからきつくはとめられねぇな219。見積送ってやったんだからとっとと決めやがれ237」だって。えんとしゅるでぃぐん409・・・お金ないんでもうちっと安くしてくんない・・・?

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

歯が抜けた~!!

きょろパパが仕事のときはいつもお弁当375。なんつたってハンブルクの街中で昼飯食おうもんなら10ユーロはくだらないからな。お持ち帰りのスパゲティとかカレー372でも5ユーロくらいする。日本じゃ500円も出せばけっこうなもの食えるのに・・・で、いつものように弁当をたいらげてデザートのりんご378を丸かじり・・・ガブリ・・・むしゃむしゃ・・ガツっ!・・あれ?・・・あれ・・・げげぇ~、差し歯が抜けた!歯マジかヨ12?こうならないように日本にいるときに歯医者に通ったのに・・・仕方ない・・歯医者予約するか。で翌日。歯医者先生「ふむふむ、お前の歯はちぃとばかし悪くなってるから少し治療が必要だゼ!見積作ってやるから待ってな!」って、どうでもいいけど、とりあえず抜けた差し歯入れてよ!で1時間もかかってやっと入れてくれた・・・治療の時間はたったの5分じゃん389・・・しかも見積は会社に送ってやるからよく読んでもう一度来やがれ!だって。なんか怖いなぁ・・日本語で書いてくれるのかなぁ・・そんな訳はないか。でも、とりあえず歯が入ったからいいか・・だんけ・しぇ~ん222
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

夏休み終了!

楽しかった1週間エッセン居候も終了395。日本じゃ丸々1週間の休暇301ってけっこう大型休暇なんだけど、こっちじゃぜ~んぜん小型。家庭教師殿アベックと遊びにいく打ち合わせてをしているとき、「な~んだ391たった1週間しか休みがないんじゃ、そんなそんな遠くへはいけないな219」ってな感じで言われた覚えがある・・・。そういゃ、同僚のドイツ人506たちは短くても2週間、長い奴は丸々1130休んでるなぁ・・・ま、文化の違いかな・・・いいなぁ・・・。今度はもうちょっと長く取れるようにがんばってみるか364そうそう、子供たち205206の長~い夏休みもまもなく終了だ!ネットゲー三昧の毎日ももう終わりだな411学費高いんだからしっかり勉強せぇ364
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ドルトムント

 さて、ハーゲンで首尾よくお巡りさん374から逃げ出せたきょろパパ一家355家庭教師殿の勧めでドルトムントの動物園524にやってきました。動物園こっちの動物園ってけっこう柵が低かったりして、日本より動物に近い237っていうイメージかな・・・でさ、カンガルーゾーンの前には、通路に12メートルのラインが引いてあって、その脇には高さ3メートルの木が置いてあるんだけど、うんちくを読むと「カンガルーは幅12メートル、高さは3メートルもジャンプ282することができるんだゼ219」って書いてあるんだけどさぁ361・・・・まるで全部のカンガルーがそんなにジャンプするみたいな書き方だけど、どう見てもカンガルーゾーンの柵は高さ2メートルちょっとしかないゾ359それが本当ならカンガルーが逃げ出しちゃうんじゃないの・・・236


 で、うちの娘の一押しは「山羊エリア」527。柵の中に入って山羊たちに触れ合えるのです。でも、この山羊ってちっちゃいんだよね。大人でも中~大型の犬286と同じくらいの大きさかなぁ。生まれたての子供なんか猫283みたい。あんまりこんな山羊日本で見た印象ないんだけど、角なんか立派に生えてきてゴンゴン307ぶつけ合ってケンカしてる。羊1これってちっちゃい子供433には危ないんじゃないかなぁ・・・でも、山羊たちも頭よくって、人間はエサをくれるって知ってるらしい。入口の前に1ユーロでエサ366売ってるんだけど、やっぱりエサやりは子供に人気346。うちの娘も「あげた~い!」って2箱も買ってたゼ!しかし、このエサやりも・・・・362ちっちゃい子供がエサの入った箱を持ってるのを見るや否や、ドドドドド~~355355って一斉に山羊たちがたかってきます。最初のうちは子供たちも「あ~、かわいい238」ってな感じでエサあげだすんだけど、すぐに周りを取り囲まれて、山羊たちがものすごい勢いで箱をめがけて突進してくるのを見て固まり12、そして本当に山羊の群れの中で身動きできず239、最後には泣きべそ292かいて親に救出される羊の図をたくさん見ました。みなさん、かわいくても動物ですからね・・・人間の常識は通用しないのよ219



| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

やっちまった~!2

 さて、エッセン居候も6日目。今日はハーゲンの街までピクニックにやってきました290。朝からせっせとお弁当作り。今日は完全日本食弁当・・・って言ってもおにぎり375とかっぱ巻き。そうそう、彼氏殿のリクエストで「そうめん」まで弁当に183・・・で出発!と・こ・ろ・が・・・1時間かけてドライブしたのに目的の博物館はお休み241。気をつけよう!ドイツじゃ見学スポットは月曜日に休みというところが多い・・・残念!


 で、どうするか~・・・って車448で放浪してたら、ちょっと広場みたいになってるところで、いきなり「ピピピピーーー80」ってすっげー笛の音322・・・・何・・・?何・・・?なにやらいやな予感・・・いかつい顔したお巡りさん374が近づいてきて、真っ赤な顔して「べらべらべらべらべらべ~ら359」って怒ってんの・・・・一緒に乗っていた家庭教師殿アベックは石のように固まってる12・・・どうして?ドイツのお巡りさんってそんなに怖いの・・・?374「免許証!」・・・きょろパパ「はい」・・・374「なんだこりゃ!」・・「翻訳証明でございます。それで6ヶ月間ドイツ国内で運転できるはずでございます・・・」・・374「ふんっ、ふぁーつぉいくしゃいん!(っていう面倒くさいものがドイツにはあるのです)」・・・「はい・・・あっ、いけね・・・置いてきちゃった・・・ごめんよ~」・・374「何、ないだと~貴様ぁ~359ちょっと待て237もごもごもご(ナンバー照会)・・・おい貴様、ドイツのルール知らんのか?」以下解読不能361・・・きょろパパ必死に「お~、えんとしゅるでぃぐん・・・」・・374「べらべらべらべらべら359!分かったか237237」・・きょろパパ「えんとしゅるでぃぐん・・あれすくら~(ごめんちゃい、分かりました。)」・・374「よし、行っていい」・・・「えっ、行っていいの・・・らっき~、だんけ~222さいなら~355」・・・家庭教師殿「よく助かったわね11・・・あんたお巡りの言ってること分かったの?」・・きょろパパ「ぜ~んぜんわかんない237でもらっき~221」・・・


 大体こういうことらしいです、この標識徐行があるところは「徐行」。ドイツの徐行は厳しく「歩行速度」が鉄則。ちぃっとでも速いとお小言+数十ユーロの罰金となるらしい282。きょろパパだってそんなに飛ばしてたわけじゃないヨ。多分30キロも出てないような速度だったけど・・、それでもダメ358!本当に歩く速度じゃなくちゃだめらしい。お~厳しいねぇ、今度から気をつけようっと。でも、らっき~だったなぁ221お巡りさん、ありがとう238



| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

鉄道博物館

エッセン居候も5日目。今日はボッフムにある鉄道博物館456にやってきました。きょろパパは全然鉄道フリークじゃないんだけど、まぁ、子供たちも興味がないわけでもない。ちょっくらのぞいてみるか416


 で、いきなり手漕ぎのトロッコみたいな乗り物が。手漕ぎ
これって昨日、川渡ったやつと
同じ原理・・・?当然、子供の「やりた~い!」攻撃にあい、一人1ユーロ払ってまた「どっこいしょ~どっこいしょ~」・・・車掌だか何だかのおじさんが「カラ~ンカラ~ン339」って威勢良く鐘鳴らすから、道行くドイツ人にじろじろ見られちまったゼ292。ま、このドイツ人も子供にねだられてきょろパパたちの後で乗ってたけどね・・・


 博物館の中は蒸気機関車がいっぱい展示されてます。機関車しかもそのほとんどが「現役」らしい。もっともいつもいつも走ってる訳じゃなくて、何かのイベントのときにたまに走るくらいらしいけど・・・でも綺麗352に整備されててちょっとかっこよかったなぁ・・・


 で、場内にはこんなレトロなディーゼル車もあります。ディーゼル車こちらも1ユーロで客を乗っけてお隣の駅までの~んびり走ります355。といっても隣の駅には何~んにもなく、しかも一回降りると帰りにまた1ユーロ払わなきゃならないので、誰も降りません。ただ単に折り返して戻ってくるだけ160161、なんだけど・・まぁ、内装も古めかしいし、レトロ気分満載ではあったな。そのほか、古い客車等々いろいろ展示してあって面白いです。本当は何かのイベントやってるときが見ものなんだそうだけど、あいにくこの日は何にもなし。でもまぁ楽しかったな。


| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ブッパータル

シュロスブルク490のあとは、お隣のブッパータルの町まで足をのばしました。ブッパータルはモノレール455があることで有名な町なんだけど、街中を避けてハイキングが楽しめる山263へ・・・で着いたのがここ。なんでもこの川にかかる鉄橋は、鉄橋「ヨーロッパ一高いところにある鉄道専用の鉄橋」ということらしいです。まぁ人が上ったり車で行き来できないので「ふぅ~ん232!」ってな感じでしたが・・・で、今から考えると多分プライベート駐車場94・・・つまりとめちゃいけないところに車448をとめて、ちょっと散歩に毛が生えた程度のハイキングへGO!


 途中、川を渡るのに橋はなく、あるのはこの得体の知れない乗り物川渡しだけ。これって何・・・?しかも手漕ぎ・・・!子供の「乗りた~い!」攻撃に押され、1人50セント払って反対側へ。こういう乗り物って、大体子供が「やりた~い!」て言って漕ぐものなんだけど、ごたぶんに漏れず、片方にきょろパパ家の子供2人60反対側にドイツ人家族の子供2人+おじいちゃんで「どっこいしょ~どっこいしょ~!」・・・おい息子たち、負けてるぞ・・・日の丸496背負ってるんだ、がんばれ!日本男児ここにありって見せてやれ218・・ってなこと言ってる間に対岸に到着。


 対岸は本当に気持ちのいいハイキングコースでした。散歩途中の小川は水が澄んでで綺麗だったし、ごみもない。さすが自然環境にはうるさいドイツだ、見事だゼ!1時間のハイキングでドイツの自然を満喫したきょろパパ一家でした221。あ~、車レッカーされてなくてよかった7


| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

シュロスブルク

さてさてエッセン居候も4日目。今日はゾーリンゲンの町にあるシュロスブルクにやってきました。そうそう、ゾーリンゲンと言えば日本でも包丁などの刃物316で有名だけど、今日はお城490のお話。でさ、ドイツ語で「シュロス」ってお城のことなんだけど、「ブルク」も日本語にすると「お城」なのね。シュロスがノイシュバイシュタインとかDLのシンデレラ城みたいな「城」、ブルクは「城塞」なんだって。後で同僚のドイツ人506に「シュロスブルクに行ったゼ!」って言ったら、「お前が行ったのはシュロスかブルクか236」って聞かれちまったぜ。「シュロスブルクだヨ237」・・・「だからどっちなんだって聞いてんだヨ359!」・・・「だからシュロスブルクなんだよ359359!」・・・「ちぇっ、ドイツ語できない奴はこれだから困るぜ428・・・」・・・「うるせぇな、ドイツ語できなくてもシュロスブルクなんだよ427」・・・どうやらドイツ人も知らない人が多いひっそりとしたお城らしい。で、当のお城は、天気が良かったことも手伝ってすごく綺麗なところでした。シュロスブルク シュロスブルク12枚目の写真は全体が撮れなかったので展示室にあった模型ネ!


 で、やっぱり「ブルク」ってつくだけあって、基本的には戦い42のための城なのね。中で見るものも「戦い」に関するものがたくさん。見事な壁画も戦いの歴史、展示品は刀や鎧、銃26、大砲、果ては捕虜の拷問道具40まで。いやぁ、やっぱり人類の歴史ってのは残酷です・・・。


 で、城の中心にそびえる塔も、王様の居室や日本の天守閣のようなものではなく、簡単に言えば見張り台374。てっぺんからはあたりがくまなく見渡せるようになっているのです。ま、だからこそ今は絶景ポイント481なのですが・・・。シュロスブルク2 で、この「見晴らし台」、塔のてっぺん、高いところに設置されているのはいいけど、壁にくっ付けたような造りで下の階がない。シュロスブルク3しかも足元が心もとない板1枚でできていてその上隙間もたくさん。その隙間から真下が見えるのです。おぉ~12、ちょっとおっかない。肥えたご婦人が乗っかってきたときにゃ思わず逃げ出したくなったゼ!高所恐怖症の人はご注意!しかし、この間の炭鉱博物館といいドイツの人は高所恐怖症の人いないのかなぁ・・・


 お昼は昨日食い残したハンバーグをパンにはさんで45お弁当。そういや肉残しちゃいけなかったんだっけな・・・えんとしゅるでぃぐん222・・・そんなこんなでとっても楽しいお城見学でした。

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ケルン

エッセン居候生活3日目。金曜朝市の後は大聖堂で有名なケルンにやってきました。大きい声じゃ言えないけど、ドイツってっけっこうどこに行っても教会259とか大聖堂ばっかりで、ちぃ~とばかし食傷気味なんだけど、ケルンは別格20・・・らしい。で、ケルンの駅前にはいきなり大聖堂がそびえています。おぉ~、でかい。さすがにでかい。こりゃ結構遠くまで行かないと、きょろパパの安いデジカメ212じゃファインダーにおさまらんぞ・・・ま、いいか、面倒くさいから下から撮ってやれ。エイっ237ケルン大聖堂1この日は天気があまりよくなかったんだけど279、塔のてっぺんの方は霞がかかってるゾ・・・いやぁ、本当にでけぇな。どれどれ、この塔に登れるって言うじゃないか。さっそく登ってみるか・・・・ぎょえ~11、狭い・・・登りも降りも同じ階段かよ・・・人がすれ違うのがやっとだぜ・・・・おぉ、途中で息切らしてるおばちゃん510がいるゼ。わりぃけど手伝ってやれねぇよ!悪く思わないでくんな・・・はぁはぁ・・でも疲れたな・・・まだかよ・・・・でやっと上に着いた。なになに、見晴らしはいいな。 ケルン大聖堂2残念ながらちょっと小雨が降ってるけど、ふ~ん、いい眺めじゃん。っていうことで、結構堪能しました。秘宝館も十分見るに値します。


 で昼飯。ケルンに来たら「ケルシュ」というケルンのビール275を飲まなくちゃ・・・早速注文・・・ちっっちぇ~・・・ケルシュ2、3口飲んだら終わりじゃないの・・・?こんなんじゃ足りないよ・・おじちゃん、お代わり~・・・208「だまって座っときな。すぐに出てくるさ。」・・ほぉ~、なかなか態度のでかい店員じゃねぇか。でもビール275はすぐにきたな。ゴクゴク・・お、頼んだランチも出てきたぜ。じゃ、飯食うか271。その前にビールやっつけちまおう。ごゴクゴク・・・208「はい、お待ち!」ってまたビール・・・?待ってないよ、頼んでないよ?何?208「ここじゃもういらないって言うまでビールが出てくるのさ!もういらないの合図はコースターをグラスの上に置くんだ219お前置いてないだろ。だから持ってきてやったんだ、ありがたく思え364」・・ぎょえ~11、まじ・・・?きょろパパの故郷○○駅前の焼き鳥屋532じゃあるまいし・・・・あ、だから最初にお代わり注文したとき愛想悪かったのね、なんだ、そうならそうと言ってよ。ドイツ語で言われてもわからないけど。ということでビールもたっぷり堪能させていただきました275。うまかった~221

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

朝市

 ドイツでは、毎週金曜日の朝にあっちこっちで朝市が立ちます。規模はまちまちなようですが・・。もちろんきょろパパ一家の住んでるハルステンベック市も、金曜の朝は市庁舎前に朝市が立ちます。残念ながらきょろパパは仕事なので行ったことはないですが・・・


 で、これはエッセンのとある町の朝市。朝市家庭教師殿513の家に居候しているきょろパパ一家は、金曜日の朝、みんなで食材の買出しに来たのです。家庭教師殿アベックのリクエストで今度餃子を作ろうということに。で・・・「おばちゃん、白菜ある?」・・おばちゃん「ないよ237だけど果物がうまいよ219ぶどうなんがどうだい361」・・・きょろパパ「餃子にゃぶどうはいらんだろう・・ブツブツ・・・じゃキャベツだけおくれ!」、おばちゃん「あいよ237で、他になにかいらんかね。ぶどうがうまいよ238」・・きょろパパ「だからぶどうはいいっつうに!どうせニラなんかないんだろうからそれだけで結構ですよ!」・・おばちゃん「あっそう、でもぶどうがうまいからちょっと食べてみなよ!」・・・きょろパパ「どれどれ・・・もぐもぐ・・・あっ、本当にうめぇや233・・でもいらない!」・・・おばちゃん「本当にいらないの182。子供たちはどうかね。」・・・息子「俺、ネクタリンが食いてえ!」・・おばちゃん「ほらみな、ネクタリンもうまいよ237まいどありぃ~238」・・・商売上手のおばちゃんにひっかかって、果物まで買わされたきょろパパでした。

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ドュッセルドルフ

エッセン居候2日目。今日はドュッセルドルフにやってきました。ここは日本人496が多く住む町で有名。街中には日本語があふれてます。日本料理屋377だけじゃなく、普通のイタ飯屋の看板に、「ランチタイム・・・スパゲティカルボナーラ・・・」とかって日本語で書いてあるからな・・・すげぇ。ドイツ語ちんぷんかんぷん361のきょろパパにはとってもありがたいなぁ。街中で行きかう人も日本人が多いし、なんか、新宿とか市ヶ谷あたりのちょっと外人506さんが多い町に似てて、本当にここがドイツ499か錯覚を起こしてしまう・・・当然日本食材も豊富で安い。醤油1リットル3ユーロ代って初めて見た。ハンブルクじゃ7ユーロ以上するからな・・・日本の本102も安い。いつも娘にねだられる少女コミックなんざ、ハンブルクじゃ10ユーロ以上ですよ。それが6とか7くらいで買える。当たり前のように娘は「ぱぱ~、本買って!」・・・いつも「高いからダメ~8!」って言ってるけど、仕方ねぇ、今日は買ってやるか。で、当然この日の昼飯は「ラーメン373」!日本の本格ラーメンが食えるのです。いや~、久々の味・・日本と比べちゃ酷だけど、それでもうまかった。ごっつぁん!


 で、食後にはトラムに揺られて水族館518にやってきました。おぉ~、入口からして立派じゃん。水族館どれどれ、中は・・・ま、普通の水族館か。でも結構広いし楽しめたゼ。個人的にはサンシャイン水族館の方がいいけどな。でも、ほとんど海なし国に近いドイツにしちゃ立派なもんだ。感心した290。そうそう、家の息子のお気に入りはこのサル。鈴木さん入口でこの写真見つけて、なんとなく「みんゴル4224」のキャラ、鈴木さんに似てたから、「鈴木さん」って名づけて一生懸命探したんだけど、見つからなかった・・・残念!今度来るときは絶対見つけてやるからな!そんなひょうきんな顔してられるのも今のうちだゼ!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

○○県庁!

炭鉱博物館の後は、家庭教師殿513の母校、ボッフム大学にやってきました。大学なんか行ってど~すんの・・・・?と思ったら、ちゃんと植物園457とか見るものがあるんですね。で、この植物園がまた結構本格的。伊豆のシャボテン公園302を小さくした感じか・・・逆に大学にこんな立派なの作ってどうするんだろう・・って気もしないではないが・・・で、これが校舎(の一部)。県庁大学はとっても広くてこんな建物や体育館、ホール等々がいっぱいあります。ざっと見てもきょろパパの母校より軽く10倍以上は広いなぁ356・・・ドイツの大学生506は恵まれてる。


 でさ、分かる人にしか分からないと思うけど、この建物って何かに似てると思わない・・・?そう、きょろパパの故郷・・・○○県の県庁に似てるのです291。第二庁舎の方ね。そういえばこの大学は日本人が設計したんだって家庭教師殿513が言ってたけど、ひょっとして同じ設計士・・?どうでもいいけど何だか人民食堂のそば373食いたくなっちゃったなぁ・・

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ボッフム炭鉱博物館


さてさて、今日はエッセンからほど近いボッフムの街にやってきました。何でもボッフムって昔は炭鉱の町31だったらしいんだけど今じゃごたぶんにもれず商売にならないようです。メロン381作ったりしないのかなぁ・・?鉱山で、国立炭鉱博物館見学です。


 しかしドイツってすごいよね。鉱山博物館の入口の壁に、昔の炭鉱夫(もちろん男ばっかり)が、作業後にシャワー48を浴びている絵がでかでかと描いてあるんだけど・・・リアルなんですよ。何もそこまで・・・っていうところまでしっかり描いてある319。で、その壁絵の前に、壁絵に向かってこれからシャワーを浴びに行こうっていう感じの裸の男の人の人形が置いてあるんだけど、これも妙にリアルなんですよ230。後姿だからモロじゃないけど、お尻の間からお○なりさんがのぞいているのです・・・しかも毛まで・・・さすがに写真アップできないなぁ13。おいおい、ここはまじめな博物館じゃないのかい・・・?そういや近くの小学生グループが見学に来てたけど、何もそんなにリアルに作らなくてもいいんじゃない・・・?って思うのは日本人の感覚? 


 で、地下の炭鉱跡を見学した後は塔に登る。結構見晴らしよかったです。でも、ここもドイツ流か・・・エレベーターは途中まで。一番上まで行きたけりゃ後は階段で行きなっ219!ってな調子で階段をとことこ昇るはめに。でもこの階段がまた下が丸見えのスケスケ階段で、高所恐怖症の人にはちょっとつらい282かも。スカートの女性も要注意ね・・・って、ドイツ人は気にしないのか。そういやスカート履いたおばちゃん達がギャーギャーわめきながら降りてきたな・・・鉱山階段


 で、最後は展示場。ここは凄かった・・・。とっても広く見所満載。特に、昔の鉱山所有者(=大金持ち20)がコレクションした金銀細工、すっげー凝った細工のマイセンの陶磁器・・・等々ボッフム博物館いやぁ、見事なものですなぁ。1枚でいいからなんでも鑑定団に出してみたい。いったいいくらするのか・・・・


 ということで、たっぷり博物館を堪能しました221。でも入口の壁絵&人形が妙に印象に残っているのはなぜ・・・?




| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

肉!

エッセンの友人の家258。思えば1年半前。ドイツに499赴任が決まったきょろパパ一家は、もちろんドイツ語ができるわけもなく、それどころかABCも読めない状態。こりゃまずい13!・・・ってんで交換留学生513に家族全員ドイツ語家庭教師をお願いしたのがきっかけ。彼女も去年の夏にドイツに帰り、会うのは1年ぶりだなぁ。子供たちも楽しみにしてるしな。で、今は彼氏と同棲生活中の、そんな甘~い274お宅に家族4人がのこのこお邪魔したのでした。でもってその晩、「へあつりっひ・びるこめん!(よく来たな!)」って肉料理とともに歓迎してくれました。ホルステン門料理の名前は・・・忘れた・・・。彼らいわく「日本人はお米残すとダメね。ドイツ人、肉残すのダメ!」ってなことらしく、もっと食え、もっと食え・・・他にもジャガイモと小麦粉をこねて茹でた饅頭みたいな料理(これも名前忘れた)も出してくれたんだけど・・・・うまいけどもう腹いっぱいじゃ~222。そういやドイツに来たのはいいけど、これまであまりドイツ人の日常生活なんて経験する機会なかったなからな。こりゃいい機会だ。で、明日から肉いっぱい食うから今日は勘弁してくんない236
| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ミュンスター立ち寄り!

いやぁ~、アウトバーン448355は快適だ。210キロでリミッターなのはちぃとばかし痛かったけどな195。そういや、今日からエッセンに住んでる知り合いのドイツ人の家258に泊まることになってるんだけど、夕方5時くらいに着くって言っちゃったよ。ここからエッセンまで1時間かからないけど、まだ3時前242だぜ・・・どうする・・・・?きょろママ「だからそんなに飛ばさなくていいって言ったのに359」・・・ごめんよ~、でもアウトバーンがおいらを呼んでいたんだ・・・仕方ない、どっかで時間つぶして行こう。


ということでやってきましたミュンスターの町。ミュンスターかぁちゃん、この街何があるの・・?」、きょろママ「教会259」・・・・きょろパパ「他には?」・・・きょろママ「大聖堂237」・・・・あっそう、やっぱりそうなのね・・・へぇ、じゃ、いっちょその大聖堂とやらでも見てみるかい。ほうほう・・ここの大聖堂は天文大時計240が有名なんあだ。ふ~ん・・・で、かぁちゃん、天文大時計ってどれだい?あっこれっ・・・確かに大きいけど、普通の時計と何がどう違うの・・・?そんなの自分で考えろって・・・ハイそうします。まぁ、綺麗なことは綺麗だ。でも天文学について一片の知識もないきょろパパには、単なるちょっと綺麗な大時計にしか見えなかったなぁ(写真撮ったんだけど、写りが悪くてアップできませんでした。あしからず222)。今度いつか天文学勉強して出直してくるか!・・・・きょろママ「そんなの勉強する気なんかないくせに7」・・・ごもっとも13

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

リミッター・・・!

きょろパパも今日から夏休み227。ちょっと西の方でも出かけてみるか・・・ケルンの大聖堂259も見てみたいしな。ドュッセルドルフで日本食373の買出しもいいなぁ。そうそう、この間ブレーメンに行った時はアウトバーンで180キロまでしか出さなかったからな。きょろパパの愛車は小ベンツだけど、まだまだパワーありそうだったから、もっといけそうだな。今日はいっちょ200キロ超えに挑戦するか。で、アウトバーン1号線を駆って448355エッセンへ向けて出発!お~!調子いいじゃん。180・・・190・・・200・・・やった、かぁちゃん、200キロ出たよ221。まだまだいけるゼ。さすがベンツだ。腐っても鯛520だな、偉いぞ!よっしゃ、道路はまだまだすいてるし直線だ。もっと行け~ぃ!448355210・・・210・・・210・・・あれ、かぁちゃん、スピード上がらないよ。どーしたの・・・?210キロえつ・・・え゙~・・・リ・ミッ・・・リミッター・・・かよ12。何?何で210キロでリミッターなの238・・・ちくしょう・・・新幹線456に挑戦してやろうと思ったのに・・・まぁ残念だけど仕方ないか・・・日本で200キロ出したら逮捕されるしな。


 皆さん、これはあくまで合法です。くれぐれも安全運転で!

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ブレーメン♪

この間ブレーメンに行ってきたゼ。童話とかあまり知らないきょろパパでも町の名前くらいは知ってる227。ここって532音楽隊266で有名なところだろ。そのくらいは常識だゼ!へへ~んだ。ブレーメン市庁舎で、これがブレーメンの市庁舎なんだけど、なんでもヨーロッパの著名な町で、唯一戦火42を逃れた市庁舎なんだそうな。そんなこんなで、市庁舎前にあるローラント像と共に世界遺産に登録されているんだ!・・・・・・って本87に書いてあった。これがそのローラント像。ローラント像町の守り神20で、この像がある限りこの町は滅びないって言われてるんだって。これも本の受け売りね。でもさぁ、この本には、ローラント像って昔は木でできてたんだけど、焼けた41かどうかしちゃったんで石で再建した・・・って書いてあるんだけどさ、言い伝えが本当ならその時点で町は滅びてるんじゃないの236・・・・って思うのはきょろパパだけ・・・?


そうそう、もうひとつ。ブレーメンに来たら絶対にはずせないのが、この「音楽隊像」ね。音楽隊像有名だからみんな知ってると思うけどさ・・・ちっちゃいんだよね。これが。何でも、デンマークの人魚姫像とベルギーの小便小僧とならんで世界3大がっかり230の一つだとか・・・本当かなぁ・・・・でも前足に触ると幸運が訪れるっていうんで、けっこうみんな触っていましたよ。像の前足はぴかぴか353になってた。きょろパパ一家もごたぶんに漏れず触ってきたけど、果たして幸運はやってくるんでしょうか。日本の厄年496VSヨーロッパの伝説499・・・どっちが勝つかなぁ・・・


その他見所はたくさんあります。この日は午後から行ったからあんまり時間無かったけど、自宅から1時間半くらいでなので、今度はゆっくり見てこようっと221

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ビーチ2!

さてさて、やっとのことで管理人から鍵267を借りたきょろパパ・・・管理人「お前の番号は185番だ。まっすぐ行って右な!」・・・お~いおい、こんなにたくさんの中から自分で探せってか・・?本当にドイツはサービス悪いな・・・185・・・185・・・あった364これだこれだ。あれっ、でも鍵が合わないぞ・・・娘「ねぇ、ぱぱ・・・これって違うところのやつなんじゃないの。他にも185ってあるんじゃないの・・・私探してくる」・・きょろパパ「そんなこたぁねぇだろ。言われたとおりまっすぐ来て右なんだからよ。そんなに都合よく185番がいっぱいあってたまるかよ359」・・・娘「ぱぱぁ~、あっちにあったよ・・・」・・きょろパパ「そ・・そう・・・いやぁ~、ぱぱもそっちじゃないかって思ってたんだよ・・・ははは13」で鍵はめでたく開いたのでした。


いやぁ、しかしこれ(籠)って気持ちいいねぇ179。海岸のお誕生日席385みたいでグッドよ!海も綺麗だし、海岸にはごみ一つ落ちてない。水は透き通ってるし、きょろパパの足がつくぎりぎりまで海に入っても、自分の足がしっかり見えるしな・・・プールみたいだな・・・日本にいるときゃ湘南か大洗がマイビーチだったけど、いやぁ~、こっちの海は数段綺麗だ。でも水は冷たいな。10分も海に入ってると体が冷えてくるゼ。じゃ、籠に戻って昼寝でもするか~!そういやだんだん人が増えてきたな。みんなホテルとかに泊まって籠を1週間借りとかしてるリッチ族だな。どうせこちとら日帰り組だよ~だ8


で、こっちの人って噂には聞いてたけど、ブラジャー着けずに日光浴278する女性が結構いるのね。ビーチもちろんここはヌーディストビーチでもなんでもない普通の家族向けビーチなんだけど、いやぁ~、大胆なものですなぁ290・・・ここから1ユーロ払ってポンポン船232に乗って川の反対側に行けば、そこは立派ヌーディストビーチなんだけど、それって本当にすっぽんぽんになることなのね。胸出すくらいはふつう・・・?この写真もきょろママと子供たちが籠でくつろいでるところを撮ったんだけど(カットしてあるけどね)、その後ろには堂々と胸を出して寝ているお姉ちゃんが・・・あのぉ・・・うちの息子は14歳で・・・そのぉ・・・ちょっと教育上いかがなものかと思うんですが356・・・でも、あっちこっちにいっぱいいて、老いも若きもけっこう大胆に出してます。ま、個人的にはいいんだけど、家族向けビーチではねぇ・・・上は70歳くらいの女性か・・・多分乳がんか何かで片方を切除したんだろうけど、ぜ~んぜん気にすることなく1つだけのおっぱいをどっか~んって出してました。若い女性のグループやアベックも平気・・・彼氏は気にならないのかなぁ・・・361彼らに言わせると「気にするほうがいやらしいっ217」ってことになるのかなぁ・・・。でも決して全員じゃないですよ。ざっと見て全体の140%ってところかなぁ、出してる女性は。女性が1000人くらいいると、そのうち50人くらいは出してるって感じ。ということは、やっぱりちゃんとブラジャーする人の方が多いってことじゃん。あぁ~よかった。はっきり言って現実に見てみると、ボロンボロン出してるのは、あまりいい気はしないです。ちょっと・・・・って感じ。でもこっちじゃ「男も胸を出してるんだから、女が胸を出すのも権利よ!」なんだって。なんかちょと変じゃない・・・?そういやこっちのビーチには更衣室がありません。みんな海岸で着替えてます・・・着替えるときもやっぱり隠さないのね・・・195

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

ビーチ!

ハンブルク(というかドイツ)の夏は短い・・・と言われているみたいですが、住人258になってまだ4ヶ月しかたってないきょろパパには分かりません。でも、天気のいい日278と雨の日279の気温差がとっても激しいことには閉口します。海288に行くのもギャンブルだゼ!で、やってきましたトラベミュンデ。バルト海に面した別名「ハンブルク市民のプライベートビーチ」・・・おいらは隣のハルステンベック市民だけど許してネ238


朝8時半に出発して1時間ちょっと、10時前にビーチトラベミュンデに着いたんだけど、あれっ・・・?意外とすいてる・・・って言うか人いないじゃん。へぇ~・・・こんなに天気いいのにもったいない。みんな雨279降ると思ってるのかなぁ。きょろパパ家のギャンブル成功だじぇ!


そうそう、ここに来たら有名な「シュトラントコアプ(海岸の籠)」借りなきゃな・・・これって座り心地がとってもいいらしいからな。お~、いっぱい並んでるなぁ。トラベミュンデざっと見て1000個以上並んでるかな・・・海辺にはまだ誰もいないし、こりゃ「どこでも好きなところ選びな!」状態じゃん。らっきぃ~221どれどれ、さっそく管理人の小屋みたいなところで借りるか・・・下手なドイツ語通じるかな?「えんとしゅるでぃぐん・・・いっひ・めひて・あいねん・らいえん・・・(おじちゃん、1個貸してくんな!)」、管理人「とぅ~と・みあ・らいと219・・・にひつ・めあ~・ねぇ(残念だな。もうないゼ!)」・・・・えっ236、だってだっていっぱいあるじゃん。ど~して・・おっ、おぉ~っ、よく見ると1週間貸しとかシーズン貸しとかもあるって書いてあるじゃん。で、すでに籠の中には荷物が入ってたりするじゃん。なに・・・みんなつば付いてんの・・・?そっか、だからみんなゆっくり来るのね。こりゃしてやられたな12!かぁちゃん、こりゃまじぃよ。他の管理小屋みたいところにいって聞いてみよう・・・「えんとしゅるでぃぐん・・・」「とぅ~と・みあ・らいと」の繰り返し・・・で、やっと5件目か6件目にして借りることができました。ふぅ~356危なかったぜ。で、こっちの海って、海岸に入るのにチケットが必要。本当はビーチに来る前に自動販売機で買っておかなくちゃいけなかったのネ・・・管理人「お前、チケット持ってるか?」きょろパパ「そんなもんもってねぇよ!」管理人「ほほ~、チケットなくちゃ籠は貸せないぜ。」きょろパパ「じゃ買うよ」って、一人2.6ユーロ×2人で5.2ユーロ(子供はいらないみたい・・)、籠1つ12ユーロでした。・・・・つづく

| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。