ハンブルク・どっと・コム

ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。ドイツって日本と似てると思ってたけど、やっぱりそこは「外国」でした。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

VIPラウンジご招待~!!

娘の親友ヴァレンティーナの父親は元ユーゴ代表のサッカー選手225

10年前は我が「浦和レッズ」の助っ人で、

現在はハンブルガーSV(HSV)のコーチ(詳細はこちら↓)

http://hamburg2007.blog103.fc2.com/blog-entry-216.html

娘の送り迎えでペトロビッチもうちに来たことあるんだけど

肝心のチケットは・・・・届かないなぁ・・390

あ~あ・・・やっぱり娘の友達くらいじゃ招待してくれないのかなぁ・・?

などとちょっと落胆していたら・・・先週、娘から朗報

娘「今度の土曜日、招待してくれるってよ!行く?」

父「マジっ!!すべての予定をキャンセルしてでも絶対行く!」

娘「でさ、チケットをホテルに取りに来てほしいんだって。」

とのこと。さっそく指定されたホテルにいそいそとチケットを取りに行くと・・・

 

ま・・・まずい。ここはハンブルク市内でも一流のホテル352

ホールじゃ何やらハイソなパーティーしてるし・・みんな正装だよ・・

こんなところで買物袋ぶらさげてフラフラしてるのおいらだけじゃん・・

ちょっと恥ずかしい・・・402

 

待つこと10分。ホテルの隅っこで小さくなっていると、HSVのバスが到着

選手に混じってペトロビッチ登場。

しかし、どうやって近寄りゃいいんだ・・・?

HSVの選手って、日本で言えばガンバとかレッズとかの選手みたいなもん・・?

こんな格好した日本人が近づいて行っても警備のおっさんに止められちゃうよ・・

マジやべぇ・・と心配していたら何のことはない、向こうが気づいてくれて・・

ペトロ506「ハ~イ!これがチケットね。車も止められるようにしておいたから。

     現場でうちのかみさんと会って、一緒に飯食ってくれ!じゃな!」

きょろパパ「おっ・・どうも。試合頑張ってくんな!」

HSV

あ~・・よかった。警備のおっさんに止められることなくチケットゲットできたぜ。

さっそくうちに帰ってチケット確認・・・

28のC・・28のCと・・・

えっ・・・これって一番安い席じゃん。しかも一番端っこ・・・

いや、それでも買えば1枚36ユーロするんだけどさ・・・

なんだよ・・VIP席じゃねぇのかよ・・・しかもケルン戦だし。

日本人一人もいねぇし、選手の名前も分からねぇぜ・・

でもま、ただだし・・・よしとするかぁ。

 

で、試合当日。せっかく駐車場用意してもらったんだけど、

車で行ったらビール飲めないからね・・・娘にゃ悪いけどここは電車だろ!

きょろパパ家からスタジアムまでは結構近いし・・・

 

早速HSVのホームスタジアム

ノルドバンクアリーナ最寄のシュテリンゲン駅まで行くと・・

HSV

早くも厳戒体制!!

そういやドイツのサッカー(ブンデスリーガ)ファンは結構過激だからなぁ・・

巻き込まれないように気をつけなくちゃだな・・

HSV

機動隊や制服のお巡りさん、警備の駅員がいっぱい・・・

HSV

駅前にはたくさんの警察車両・・・

HSV  

駅を降りると、すでにたくさんのファンが酒飲んで気勢を上げてる・・

こりゃお巡りさんがいなくちゃ大変な訳だ・・・

HSV 

駅からはシャトルバスも出てるんだけど、天気がいいので歩いてスタジアムへ

15分あまりでスタジアム到着

HSV

ペトロビッチ夫人と合流してちょっとした手続きをすませたあと・・

夫人と別れて、もらったチケットの席へ・・・

う~ん、ほとんどスタジアムの一番上の席。

サッカーは全体が見えたほうが面白いっていうけど・・こりゃ小さすぎだな。

ま、どうせ選手の顔なんて分からないからいいけど・・・

ちなみにペトロビッチ家はメインスタンドの超いい席・・いいなぁ・・

HSV 

しかし、安い席でも観客がいっぱいで臨場感は凄いぞ・・・

試合前にはテレビ局のアナウンサーがサポーターを盛り上げてるし・・

HSV 

試合開始ともなると、スタジアム全体がうねっているような興奮感

いや、安い席だけど・・・意外と楽しい

HSV

お約束の「裸」応援団もいたりして、やっぱりこの席けっこう楽しい・・

HSV 

選手の顔は分からんけど、ゲームの動きはよく分かるなぁ・・

いや、ばかにしてたけど、マジで面白い・・・

HSV 

さて、20分あまり正規の席で試合観戦したあとは・・

あそこ行っちゃう?あそこ・・・「VIP LOUNGE」

もちろん普通の人は入れないけどねぇ・・・

さっきペトロビッチ夫人に手続きしてもらって

HSV

このミサンガもどきをゲット。

これが「VIP」の目印で、これでビップルームに入れちゃうんだよ~ん!

ちなみにこのミサンガもどき、青とか水色とか色々な種類があります。

例えば、ビップ用の個室の人は青。関係者は緑、みたいなんだけど、

それぞれの色で入れるエリアが決まっていて、緑は個室以外フリーパス

青でも入れない超VIPエリア(レストラン)に入れちゃいます。ムフッ398

HSV 

これがVIPエリア緑ゾーン。

ちっともVIPじゃないのにこんなところに入ってしまったきょろパパ・・

動作がぎこちないことは言うまでもありません・・・394

こいうところでは娘の方が堂々としているんだよなぁ・・・お父さん、小市民・・

HSV 

もちろん、ガラス越しにはサッカー観戦もできます。

・・・さっきの席より全然選手に近い。

写真じゃあんまりわかんないけど、それこそ選手の顔まで分かる近さ・・

HSV 

ラウンジはレストラン形式になっていて

ぜ~んぶタダ。ローストビーフにウィンナー、中華もあったなぁ・・

サラダにケーキにアイス・・他にもたくさんあったけど、全部食い放題

まじかよ・・・こりゃ普通のレストランより豪勢だぜ・・・

HSV 

もちろんドリンクもすべて飲み放題。

きょろパパはいやしくビールをたくさん飲んだけど、

ジュースもワインも、やっぱりぜ~んぶタダで飲み放題

しかもセルフじゃなくて、ちゃんとウェイターがサーブしてくれるんです・・

こりゃ凄い世界だなぁ・・・世のリッチっていうのはこんな贅沢してるんだ・・

やっぱり世の中不公平だ・・・

しかしさぁ・・ここに来てる人って、当然きょろパパ全然分からないけど

多分選手の奥さんとか恋人とか家族とか、そんな人ばっかなんだろうなぁ。

女優みたいなすっげぇ美人がいたり、何か雰囲気がハイソだよな・・

はっきり言ってきょろパパ、浮いてる・・・?406

飛び交ってる言葉も色々だし。

う~ん・・・きょろパパの世界とは違いすぎる。

典型的な庶民代表としては逆に落ち着かないぞぉ。

HSV

こちらは正真正銘のVIP席。

きょろパパはチケットがないから席に座れなかったけど、

緑ミサンガがあれば立ち見することが可能・・・

いわゆるメインスタンドっていうやつ・・こりゃ確かによく見える・・

 

結局試合は0対1で負けちゃったけど・・

いや、普段はできない体験をさせてもらった。満足満足!

庶民代表としてVIPルームのビールいっぱい飲んでやったし

娘も散々アイスおかわりしたし、肉も食った、ジュースも飲んだ。

さすがに「お持ち帰りで!」とは言えなかったけど・・・・

 

でもさぁ・・ペトロビッチって、普段は普通の親父としか感じないんだけど

よく考えたら一国の代表選手なんだよなぁ・・・

しかも旧ユーゴってサッカー結構強い国だったから

こういう世界では結構すごい人なんだよね・・・

普段実感しないけど、VIPルームに入ったとたんに実感しちゃうなんて

やっぱりきょろパパは小市民だなぁ・・・

 

そうそう、このお礼に今度ペトロ家を我が家にご招待しようか。

ペトロビッチは、浦和にいるとき小島屋に行ったことがあるらしく

「うなぎがうめぇ!あれはいい!」って騒いでたから、

今度食わしてやろうじゃないか。こっちのは冷凍だけど日本産もあるし・・

そうすりゃ、またVIP席ご招待!343

なんてぜ~んぜん目論んでませんから・・・でも招待してくれればまた行く!

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

ペトロ

人の縁とは不思議なものです・・・

先日、娘に親友ができました。

名前は「ヴァレンティーナ」

去年の夏くらいにオランダから越してきたらしく、

娘と同級、ESLでも一緒ですぐに意気投合。

ん・・?ESL・・?オランダ人で英語ができない・・?っておかしくない?

と娘に聞くと・・・

娘「だってバレンティーナはオランダ人じゃないもん・・」

父「なるほど・・・」

以来、お互いの家にお泊りするくらいの大親友に440

と、まぁここまでは良くある話なんだけど・・・ある日のこと。

娘「あのさ、ヴァレンティーナのお父さんって日本にいたんだって。」

父「へぇ~、そうなんだ。何で?」

娘「浦和レッズでコーチしてたんだって。」

父「405な・・なに?我が浦和レッズでコーチだって?サッカー選手だったの?」

娘「知らないけど、3年間浦和にいたんだってよ。今はハンブルガーSVでコーチしてるんだって。」

そ・・そう言えばヴァレンティーナはいつもHSVグッズを身に着けてるなぁ・・・。

父「名前は?ヴァレンティーナの苗字はなんて言うの?」

娘「ペトロビッチ・・・」

何!?ペトロビッチだと?そりゃコーチじゃなくて選手じゃないかい。

しかも、ユーゴスラビア代表だった名選手。

現グランパス監督のストイコビッチの同僚じゃないか!!

ビッチ、ビッチだらけのユーゴ代表の中でも、ストイコビッチとペトロビッチはよく覚えてるぞ!

確かにレッズにいた、いた!

レッズがまだ超弱かったころ、Jリーグのお荷物と言われてたころ、

いや、悪夢のようなJ2落ちの2000年、確かにいた。

結構熱い選手で、「レッズの選手なら100%頑張れ!」

みたいな名せりふを残して退団していったような・・・

あの小野伸二と大の仲良しで、

小野がフェイエノールトにいたときコーチしてたんじゃなかたっけ?

今年からHSVのコーチ・・・

だからヴァレンティーナもオランダから来たって言ってたのか・・・。

覚えてない人のために、こんな選手。

ペトロ

何々?ヴァレンティーナのお父さんってそんな凄い人だったの・・?

そこで俗人の父は、

「もっとヴァレンティーナと仲良くして、今度お父さんに会ったら

『うちのお父さんもサッカー大好きなんですよ。浦和レッズの大ファン。

今度HSVの試合見たいって言ってました!』と言ってきなさい。

うまくすればVIP席ご招待なんてことも・・・・ふふふ・・・391

などと邪な考えを起こしたのでした。

けなげな娘は、その後ヴァレンティーナの家に遊びに行くたび

俗人の父の売り込みに必死。

あまりに必死の売り込みに、ついにあのペトロビッチから招待が!

や・・・やった・・・411

と思ったら・・きょろパパがペトロビッチのファンだと勘違いされたのか、

届いたのは観戦券ではなく、これ。

ペトロ

直筆サイン入りのブロマイドだぁ~406

裏面はこんな感じで、

ペトロ

要はHSVのチームブロマイドだな・・。これじゃスタジアムには入れん・・・

い・・いやっ・・・決してこんなのいらない!って訳じゃないけどさ、

きょろパパが欲しかったのは・・・

入場券なのです。それも小野伸二のいるボッフム戦とか、

長谷部、大久保の所属するヴォルフスブルグ戦・・・がいいなぁ・・なんて・・

きょろママ「あんた、そんなうまく行くわけないじゃない!みっともないからやめなさい!」

そりゃそうだけどさ・・・でもあきらめないもん!

そんなこんなで、1回目は失敗に終わったペトロビッチ懐柔作戦。

懲りないきょろパパは、まだまだ続けるつもりなのです・・・。

目標:チケットゲットするゾぉ~!! 

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

ヨーロッパ選手権2008

スペイン502の優勝で幕を閉じた219サッカーヨーロッパ選手権2008(ドイツ語でEuropa Meister 2008・・・略してEM2008)。開幕前から結構な盛り上がり184を見せてましたよ。そうそう、あれは4月に入ったころ・・だったと思うけど、きょろパパがいつも買い物に行くスーパーに、やたらと「国旗498499500503502」が売られるようになって、「これなんだぁ・・?なんでこんなに国旗ばっかし売ってんの・・・?しかも日本496のがないじゃん!けしからん412」って思ってたら、EM応援用だったのね。そりゃ日本のはないはずだわ・・。

 EM国旗の家開幕後は、ハンブルク中のあちこちの住宅街で自分の応援する国の国旗を掲げて、けっこうお祭り騒ぎ。車用の国旗448355もあって、きょろパパもごたぶんにもれず、ドイツの国旗499をご購入・・・。一応、ドイツは第二の故郷みたいもんだからなぁ・・・応援しなくちゃだぜ。EM車きょろパパの車には控えめに旗を1本219しか立ててないけど、街中では左右の窓に1本ずつ2本221が主流。3本以上立ててる車も少なくなくて、中には9本というツワモノもいた。いやぁ~・・盛り上がってますなぁ・・・398

 で、我が(?)ドイツチーム499は、予選リーグでクロアチアに負けはしたものの、リーグ2位221で予選を通過。その後も順調に勝ち進み、ついに決勝へ217。きょろパパも喜んじゃぁいるけど、でも何かしっくりしないって言うか、勝ち方がドロ臭いんだよなぁ・・・390。なんとかかんとか勝った、みたいな、逆に言えば運がよかっただけのような・・。それに比べると、決勝の相手スペイン502は、華麗と言うかうまいというか、なんていうか圧倒的なサッカー225で他を寄せ付けず、敵を蹴散らかしてきた355356・・って感じ。決勝前、同僚のドイツ人506「ドイツじゃスペインに勝てないな。勝ってもらいたいけど、クロアチアやトルコ戦みたいな試合じゃだめだ。優勝はスペインだな!」だって。う~ん・・・やっぱりそう思うかぁ・・・。冷静に見ればそうだよなぁ・・。きょろパパもそう思う・・けど、ドイツ頑張れ!

 で、決戦当日の29日。参考までにこの日はきょろパパの○○回目の誕生日315。夜8時半からテレビの前に陣取って、ビール275片手に応援応援!・・・でも応援の甲斐なく結果は1-0でスペイン502の勝利。残念ながらドイツは準優勝に終わったのでした・・。ま、予想どおりって言っちゃえばそれまでなんだけどさぁ・・。メルケルの泣きそうな顔409が印象的だったなぁ・・。でもさぁ、スコアこそ1-0で惜敗!って感じだけど、内容的にはぼろ負けだなぁ。きょろパパの評価じゃ、ドイツ499はまったくいいところなし。逆にスペイン502には惜しいチャンスがいくつもあって、FWのトーレスなんか、「なんじゃこいつは・・・!化け者か・・?」って感じだったもんなぁ。ドイツディフェンダー置いてけぼりで防戦一方・・。これじゃ勝てんわなぁ。3-0で負けてもおかしくない試合だった。テレビで見てても、スペインの速さ、うまさ、強さが目立っただけで、ドイツは何もできなかった、って言う感じ。やっぱりスペインは強ぇ~や。ということで、スペインの強さだけが目立ったEMでした。

 もうすぐ北京オリンピック504だからなぁ。EMと違って日本も参加するから応援のし甲斐があるぜ!今度はきょろパパの車に日の丸496付けて応援するからな。頑張れにっぽん!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

小野伸二の活躍!

ドイツ・ブンデスリーガ219が再開、いよいよ後半戦に突入しました。2日、各地で行われた試合。中でも、後半途中から出場したボッフムの小野伸二496は大活躍した模様398。リーグ2位のブレーメンには、これまで一度もアウェーで勝ったことなかったのに、小野の活躍でアウェー初勝利221。日本のサイトで、「後半から出場して、挨拶代わりの2アシスト。2-1の逆転勝利に大貢献!地元紙も、オノはマイスターになれると高評価。」なんてなってたから、それ急げ!とばかりに地元紙を買いに・・・


 対ブレーメンおっ、あったあった。何々、見出しは、「ベルダー(ブレーメン)泣く!」ってか。しかし、ずいぶん審判に対して批判的な記事だなぁ。おっ、記事の中に小野の名前があるぞ、何々・・・「1-1の同点となったシーン(68分)では、小野は明らかに1.5メーターもオフサイドだった。」だって。しかも左下にこのシーンを図解で乗せてるじゃん。小野の名前はそれだけ・・・?いいプレーしたとか小野にやられたとか、全然書いてないよ6。他には、「他にもハンドを取らなかったり、(ブレーメンの)ディフェンダーに簡単にレッドカードを出すなど、明らかに不公平な判定が多かった。ブレーメンはコミッショナーに訴える・・・」・・・だから見出が「ブレーメン泣く!」なのか。要はボッフムが小野の活躍で勝ったんじゃなくて、誤審によってブレーメンが負かされた、っていうことかい。ハンブルクはブレーメンから近いからなぁ。記事もブレーメンよりになるのかなぁ。でもまぁいいや。小野の2アシストは事実だし、今度は誤審だなんて言わせないで、ギャフンと言わせてやってくれ!頼んだぜ!・・・でもどう見てもオフサイドだよね、これ。

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

レッズの才能!ドイツへ移籍

サッカー219の話。サッカー好きじゃない人はパスしてください222。フランクフルトで活躍してた高原選手が我が浦和レッズ343に移籍したけど、ご存知のとおり高原はフランクフルトの前はハンブルクに在籍してました。監督との確執で活躍の場も与えられず、逃げるようにフランクフルトへ移籍355・・っていう印象が強かったけど、ハンブルク市民の受け取り方はちょっと違う。高原がハンブルクであまり活躍しなかったのは確かで、ハンブルク市民にもそれまであんまり印象の強い選手じゃなかったみたいだけど、ドイツワールドカップのプレマッチ・日本496対ドイツ499戦は、高原の2得点221の大活躍で引き分けに。日本なんて左足だけで勝てるとたかをくくっていたハンブルク市民は、「我がドイツ代表相手に2得点は敵ながら凄い12。ハンブルクはなんであんないい選手を出しちゃったんだ359」という評価に。さらにフランクフルトに移籍してから、それまで2部落ちの危機だったクラブをゴール量産で救った「救世主282」ということで、「高原放出は失敗だった237」というハンブルク市民が多いのです。まぁファンレベルの話だから尾ひれ背びれ229が付いてるんだろうけど、とりあえず我々日本人に対しては、ハンブルクファンは「高原はいい選手。もうちょっといて欲しかった・・」っていう人が多い。半分社交辞令かも知れないけど、やっぱり日本人選手が褒められるってのはうれしい398。しかも、その高原は、いまや我がレッズの選手。むふふ・・


 で、今年、その浦和レッズからドイツ・ブンデスリーガに2選手が移籍してきました。ヴォルフスブルクの長谷部選手hasebeとボッフムの小野選手ono。2人とも大好きな選手だけに、ぜひ活躍してもらいたいなぁ。どっちもハンブルクからは車448355で2時間ちょっとで行けるところなので、チャンスがあったらぜひ応援に行きたい。AOLアリーナ(ハンブルクの本拠地)で敵を応援しようもんなら殺されかねないからなぁ。ここは本拠地まで行くっきゃないだろう。


 そうそう、前に浦和レッズの監督だったブッフバルトは、去年、ドイツ2部のアーヘンっていうチームの監督になったんだけど、成績不振であっという間に解雇されちゃった。応援に行く暇もなかったぜ。そんなことにならないよう、2選手とも頑張ってくれ~421

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

祝!浦和レッズ アジアチャンピオン!

 いやぁ~・・やったよ411。やったやった308。ついにやった218。まだまだ終点じゃないけど、一時はJ228のお荷物と言われ、市原(当時)のサポーターには「いやぁ・・うちも弱いけどさぁ、レッズさんもかなり弱いよねぇ391」なんてバカにされ、読売(当時)のサポーターには「9人でも勝てる427」なんて毒づかれ、敵のシュートは「蹴れば入る」なんてけちょんけちょんに言われ404、挙句の果てにはJ2落ち406。それもこれもみんな過去のことだぁ。


  そう、大のレッズファンのきょろパパは、今日の一戦は絶対見逃せない大事な試合。ドイツ時間の午前11時20分キックオフ228。この試合を見るためにロケーション・フリーをセットして、おまけに有給休暇とって、赤いはちまき巻いて一人でパソコン画面の前で応援だぁ~219大観衆に感動し、試合に興奮し、あっという間の2時間。やった、やったよ。小泉総理じゃないけど、本当に感動した237。今日の「力」はものすごい盛り上がりだろうなぁ。いいなぁ。かぁちゃん、こうなりゃ今日だけきょろパパ家を「力」ハンブルク支店にして、日本酒でお祝いしない・・・?


 だいたい、レッズがアジアチャンピオン20になるなんて、10年前には誰が想像できたかなぁ。でも本当にチャンピオンだよ。見たか埼玉スタジアムの大観衆。あんな芸当ができるのは日本496じゃレッズしか考えられない。ドイツ499でもそうそうないぞ。こうなりゃACミランを撃破して、世界チャンピオンを狙ってやれ。そんでもって来年はドイツに遠征して、ハンブルガーSVとゲームをしてくれ。バイエルンじゃ遠いからハンブルクね。そしたら絶対見に行くぞ!

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

きょろパパ

Author:きょろパパ
ひょんなことからハンブルクで生活することになったきょろパパ一家。愛猫きょろを日本に残し、きょろママ○○歳、長男14歳、長女11歳とともに海外生活初体験。ドイツ語もできずにど~する!!?

いらっしゃいませ!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。